Amazon API Gatewayとは? 基本的な概要と使い方を解説

Amazon API Gatewayとは? 基本的な概要と使い方を解説

記事内に広告を含みます

API Gatewayは、AWS(Amazon Web Services)の一部で、開発者が簡単にAPIを作成・管理できるサービスです。

RESTfulなAPI構築に加え、Lambda関数との連携や、リクエスト/レスポンスの処理、セキュリティ機能も提供します。

しかし、未経験者がAPIを管理し、効果的に公開・保護・監視することは容易ではありません。

Amazon API Gatewayについて知りたい…

Amazon API Gatewayの使い方は?

この記事では、Amazon API Gatewayの基本から高度な機能までを紹介し、APIの設計、セキュリティの実装、AWS Lambdaとの連携、リクエスト・レスポンスデータの柔軟な処理、モニタリング、法的な保護措置など、Amazon API Gatewayが提供する機能について解説します。

また、料金プランとコスト削減のポイントや無料利用枠の活用方法も取り上げます。

この記事を読むことで、API Gatewayの機能や利用方法が理解できるようになります。

現役エンジニアが監修

当サイトの記事は、現役エンジニアによる監修のもと運営されております。

文系の哲学部からエンジニアになられた方のアドバイスも掲載しているので参考にしてみてください。

情報参照サイト

Amazon API Gatewayの基本概要

Amazon API Gatewayの基本概要

Amazon API Gatewayは、Amazon Web Services(AWS)が提供するAPI管理サービスであり、開発者が簡単にAPIを作成、公開、管理できる機能を提供しています。

API Gatewayを使用することで、アプリケーションに安全で堅牢なAPIのアクセスが可能となります。

また、API GatewayはAWS Lambdaと連携し、サーバーレスアーキテクチャの構築に欠かせないサービスとなっています。

これにより、開発や運用コストの削減、スケーラビリティの向上が期待できます。

さらに、API Gatewayではセキュリティや認証の設定、リクエストやレスポンスデータの処理、監視、アクセス制限など、API運用に必要な機能が幅広くサポートされています。

モニタリングや法定保護なども提供するため、安心してAPIを運用できます。

Amazon API Gatewayとは何か?

Amazon API Gatewayは、AWSが提供するAPIの作成と管理を容易にするサービスで、HTTP系リクエストに対応しています。

開発者はRESTfulなAPIを構築し、ウェブアプリケーションやモバイルアプリケーションに統合したり、バックエンドシステムに接続したりすることができます。

さらに、API Gatewayはセキュリティやアクセス制御、認証、リクエストおよびレスポンスデータの処理、パフォーマンスの監視などAPI運用に必要な機能を提供しています。

これにより、開発者はAPIの設計から運用まで効率的に行うことが可能です。

AWSにおけるAPI Gatewayの位置づけ

API Gatewayは、AWSのサービスの中でAPIの構築と管理に特化したサービスです。

AWSでは他にも多くの機能が連携して動作しており、API GatewayはAWS Lambdaとの連携が特に重要とされています。

API Gatewayの機能やメリット・デメリット

Amazon API Gatewayは、AWS(Amazon Web Services)のサービスの1つで、APIを管理、デプロイ、監視するためのツールです。

Amazon API Gatewayの機能として次のようなものがあります。

  • RESTful APIの作成
  • セキュリティとアクセス制御
  • AWS Lambdaとの連携
  • リクエスト・レスポンスデータの柔軟な処理
  • モニタリングと法定保護

これらの機能と特徴により、開発者は効率的かつ効果的にAPIを運用できます。

RESTfulなAPIの簡単な作成と管理

API Gatewayを使用することで、開発者は手軽にRESTful APIを作成および管理することができます。これにより、APIの運用が効率的に行えます。

Lambda関数とのシームレスな連携

API Gatewayは、AWS Lambdaとシームレスに連携することができます。これにより、サーバーレスアーキテクチャの構築が容易になります。

リクエスト/レスポンスの柔軟な処理

API Gatewayでは、リクエストおよびレスポンスデータの処理が柔軟に行えます。開発者は、リクエストやレスポンスのデータ形式を自由に設定することができます。

セキュリティ機能を活用したアクセス制御

API Gatewayは、セキュリティ機能を活用してアクセス制御が実現できる。具体的には、認証やリクエストの許可・拒否などが可能である。この機能により、Webサイトやアプリケーションのデータを保護し、不正なアクセスに対応できる。また、IAMポリシーやクライアント証明書を利用することで、アクセス制御の設定が一元化できる。さらに、監視機能を活用することで、リアルタイムにアクセス状況を把握し、問題が発生した場合の対処が容易になる。

API Gatewayのメリット

API Gatewayのメリット
  • シンプルな設定とデプロイ: Amazon API Gatewayは、APIの設定とデプロイが比較的簡単で、クラウドベースのAPIを素早く作成できます。サーバーレスアーキテクチャ(AWS Lambdaなど)との統合も容易です。
  • スケーラビリティ: Amazon API Gatewayは自動的にスケーリングし、トラフィックの増減に柔軟に対応できます。これにより、アプリケーションのパフォーマンスと可用性を確保できます。
  • セキュリティ: API Gatewayは、認証、認可、APIキーの管理など、セキュリティに関連する多くの機能を提供します。これにより、APIへの不正なアクセスを制御できます。
  • モニタリングとログ: Amazon API Gatewayは、APIのトラフィック、エラー、レスポンスタイムなどをリアルタイムで監視し、ログを収集できます。これにより、トラブルシューティングや性能の最適化が容易になります。
  • カスタマイズ可能: API Gatewayは、リクエスト/レスポンスの変換、リクエストのバリデーション、カスタム認証などのカスタマイズが可能です。これにより、APIの振る舞いを細かく制御できます。

API Gatewayのデメリット

API Gatewayのデメリット
  • コスト: API Gatewayはトラフィックに対して課金されるため、大規模なAPIを運用する場合、コストが増加する可能性があります。トラフィックが急増すると予期せぬコストがかかることがあるため、注意が必要です。
  • 制限事項: API Gatewayには、特定の制限事項が存在します。これにはリクエスト/レスポンスのサイズ制限、呼び出し回数制限、スロットリング制限などが含まれます。これらの制限に注意する必要があります。
  • 学習曲線: 初めてAPI Gatewayを使用する場合、設定と運用に関する学習曲線があります。特に高度なカスタマイズを行う場合、時間と労力がかかることがあります。
  • 依存性: Amazon API Gatewayを使用すると、AWSエコシステムに依存することになります。他のクラウドプロバイダーへの移行が難しい可能性があるため、この依存性に注意する必要があります。

Amazon API Gatewayは、APIの管理と公開に優れたツールであり、多くのユースケースで有用です。ただし、コストや制限事項などの側面を考慮に入れ、プロジェクトの要件に合ったAPI管理の方法を選択することが重要です。

API Gatewayの実践的な利用方法

API Gatewayの実践的な利用方法

API Gatewayを実践的に利用する際には、Lambdaと組み合わせた開発が一般的である。例えば、API Gatewayをエンドポイントとして、Lambdaで構築したバックエンドロジックに接続することができる。また、REST APIやHTTP APIを作成し、リソースやメソッドを定義することで、外部から公開されたAPIへのアクセスが可能になる。最後に、API Gatewayのステージ設計を活用することで、複数バージョンのAPIを運用し、開発・テスト・本番環境を簡単に管理できる。

API Gatewayを活用した開発効率の向上

API Gatewayの活用により、開発効率が向上する理由は以下の通りである。まず、API Gatewayは複数の機能を提供しており、開発者はアプリケーションの機能に集中できる。次に、APIリクエストの処理やバージョン管理が簡単にできるため、開発やデプロイが迅速に行える。さらに、API GatewayとLambdaを組み合わせることで、サーバーレスアーキテクチャを実現し、インフラの運用・保守が容易になる。また、API Gatewayは様々な開発ツールやサービスとの連携が可能であり、他のAWSサービスとの統合が容易である。

システムリソースの効果的な管理

API Gatewayを利用することで、システムリソースを効果的に管理できる。コネクションやリクエストの監視機能を使用し、通信状況やエラー発生時の対応が容易になる。また、リソースごとのアクセス制御やリクエスト制限機能を利用して、サービスの安定性を向上させることができる。

監視と通信状況のモニタリング

API Gatewayでは監視と通信状況のモニタリングが可能である。例えば、Amazon CloudWatchを利用し、リアルタイムのメトリクスやログを確認することができる。この機能により、APIのパフォーマンスや安定性をしっかり把握し、問題が発生した際に迅速に対処できる。

API Gatewayの料金体系と削減方法

API Gatewayの料金体系と削減方法

API Gatewayの料金体系は利用量に従って決まり、リクエスト数やデータ転送量などが考慮される。料金削減のポイントとしては、無料枠の活用やリクエスト数の最適化が挙げられる。

料金プランとコスト削減のポイント

料金プランは利用量に応じたものであり、コスト削減のポイントとしては、無料枠の活用やリクエスト数の最適化が考えられる。

無料利用枠とその活用方法

API Gatewayには無料利用枠があり、一定量までの利用が無料である。この無料枠を上手く活用することで、コストを抑えつつサービスを運用できる。

AWSをコスパよく学ぶならCloudTech

CloudTech

CloudTech(クラウドテック)は元GMOの主任エンジニアであるくろかわこうへいさんが提供するAWSの学習に特化したオンライン学習スクールです。

AWSのオンライン学習スクールの規模としては日本最大級で会員数は2024年2月時点で3,760名以上となっています。

CloudTechなら自分のライフスタイルに合わせて、どこよりもコスパよくAWSの学習が行えます。

  • 未経験からSAAに合格したい
  • 未経験からAWSエンジニアにキャリアアップしたい
  • AWSの資格を効率よく取得したい

AWSを学ぶ上で「実践的なスキルの身につけ方」や「学習方法」で悩んでいる方はCloudTechがおすすめです。

CloudTech
 (4.8)

コスパ良くAWSを学ぶなら、ココで決まり!

CloudTechは日本最大級のAWSに特化したオンライン学習スクールです。SAAやDVAをはじめとする全12資格に対応。280本以上もの動画から効率よくAWSが学べます。

今なら限定割引クーポンあり

コピーしました!

クーポンコード
philosophy2305
フリーコース会員無料
(問題5問)
資格会員4,980円
4,680円
(全ての試験問題のみ)
基本会員9,960円
8,660円
(全て利用可能/優良企業への転職サポートあり)
永久ラインセンス49,800円
45,800円
(買い切りプラン/優良企業への転職サポートあり)
対応資格AWS 全12資格
動画の数280本以上
ハンズオン学習あり
学習のしやすさ迷わず学習できるロードマップカリキュラムあり
会員制コミュニティ実績のあるAWSエンジニアが多数在籍
豊富な合格体験記で最新情報を入手
※表示価格はクーポン適用後の割引価格となります。

その他にも最短3ヶ月で未経験からAWSエンジニアになれる転職保証付きのCloudTech Academyがあります。

CloudTech Academyとは? 未経験から3ヶ月でAWSエンジニアになれる理由や評判、口コミを解説 【割引あり】CloudTech Academyとは? 未経験から3ヶ月でAWSエンジニアになれる理由や評判、口コミを解説

プロによる解説だから未経験者でも続けられる

AWS CLF

CloudTech(クラウドテック)を運営するくろかわこうへいさんは、Youtubeで4年以上もAWSに関する情報を発信しているため、解説がプロ級に分かりやすくなっています。

教材は動画ベースで作成されている上に一本あたりの動画は平均7分程度で構成されているため、通勤時に学習することも可能です。

cloudtech レビュー
cloudtech レビュー

半年間ほどCloudTechを利用して感じたのは、学習のしやすさです。

AWSのサービスごとに学習する内容が選べる上に、スマホ表示にも対応しています。

未経験者でも挫折することのないようイラストや図が豊富に使われているのもオススメできるポイントです。

コミュニティ限定の一次情報で効率よく資格取得できる

コミュニティ限定の一次情報で効率よく資格取得できる

CloudTechには、AWS認定資格合格体験記があります。

合格体験記には、CloudTechに所属するメンバーがAWS認定資格に合格した際の「スコア」「勉強時間」「使用した教材」「アドバイス」などが記載されています。

未経験者や経験者の情報も載っているため、自分に近い環境の人たちがどのように合格できたのか知ることができます。

基本会員以上であれば、ログイン後の「ご案内ページ」で合格体験記は閲覧可能です。

また、SlackにあるAWS認定資格のスレッドからはリアルタイムで合格者の一次情報が手に入ります。

AWSでは、上位資格になるほど出回っている情報が少ないため一次情報は貴重です。

CloudTechの一次情報を利用してライバルよりも効率よく学習し最短で資格に合格しましょう。

本番同様レベルの演習問題が多数収録

AWS 資格

CloudTechでは、本番レベルに近い演習問題が多数あります。

CLF300問ANS350問
SAA230問SCS350問
SOA180問DBS260問
DVA260問DAS140問
SAP300問MLS170問
DOP190問PAS60問
ポイント

CloudTechの演習問題は本番試験と同様の出題形式です。

演習問題のレベルも本試験と同様な上に解説も丁寧に作られています。

定期的に問題の内容も見直されているのでトップレベルの演習問題を求めるなら迷わずCloudTechを選びましょう。

また、本番と同じ制限時間で65問の問題を解く模擬試験も用意されています。

CloudTechのメリット・デメリット

CloudTech(クラウドテック) メリット デメリット

CloudTechのメリット

  • プロによる解説だから初心者でも安心して学べる
  • コミュニティ限定の一次情報で効率よく学習できる
  • 本番同等レベルの演習問題で力がつく
  • ハンズオン学習でAWSの確かな技術力が身につく
  • SAA取得後はAWSを使った優良企業への転職サポートが受けられる

未経験者であってもDVAの勉強はCloudTechで行えます。260問の演習問題を何回も繰り返して知識を身につけましょう。

将来的にAWS クラウドエンジニアへの転職を狙っている方は転職サポートの利用も検討してみてください。

また、くろかわこうへいさんによる無料のkindle書籍でAWSの基本的なサービスを復習しましょう。

CloudTechのデメリット

  • 自分で学習を進める必要がある

CloudTechは一般的な学習スクールと違って担当者がつくわけではありません。

ある程度の自走力が求められます。

仕事で疲れて勉強できない場合は、ソファで横になりながら動画だけでも再生しましょう。

決まった時間に勉強を開始する習慣を身に付けたい場合には、スマホのリマインダーを活用してみてください。

CloudTechの評判は良い・悪い? リアルな口コミと評判

CloudTech クラウドテック 口コミ 評判

Twitterには、CloudTechのおかげでAWS認定資格に合格できたとの報告が多数あります。

CloudTechの演習問題でDVAに無事合格!

DVA試験に合格しました!CloudTechの問題集のおかげで無事合格しました!

CloudTechのおかげで未経験からSAAに合格!

本日、三度目の正直でAWS SAA取得しました‼️ いや〜、心折れまくったけど、「やってりゃ受かる」を信じて挑み続けました 点数はギリなので、ちゃんと復習します!! 全ては、【Cloud Tech】教材のおかげです!! ありがとうございます 次なる目標に向けて走りだします

未経験からAWSエンジニアへ見事転職!

CloudTech 口コミと評判

CloudTechでAWSの学習を効率よく始める

CloudTech 申し込み手順 割引コード クーポン

CloudTechの登録方法を分かりやすく解説します。

CloudTechの公式サイトへ

まずはCloudTechへアクセスします。

CloudTech 登録方法

そのまま下部へ進むとプランが選べます。

注意

「無料 0円 で始める」から進むと、フリープランの体験ページへ移動してしまいます。

ページの真ん中あたりで料金プランが表示されています。

CloudTech 料金価格

お好みのプランを選んで「今すぐ購入する」を押します。

CloudTechでは、コストの観点から買い切りプランがお買い得なので一番人気となっています。

未経験からSAAに合格するのにおおよそ3ヶ月程度が目安となるので永久ライセンスが最もオススメです。

当サイトのクーポンコードを利用することで通常よりもお得な割引価格で購入できます。

  • 資格会員 4,680円 (300円OFF)
  • 基本会員 8,660円(1,300円OFF)
  • 永久ライセンス 45,800円 (4,000円OFF)

コピーしました!

クーポンコード
philosophy2305
アカウントと支払い情報を入力する
CloudTech 割引コード クーポンコード

選んだプランを確認してアカウント情報と支払い情報を入力します。

アカウント情報
  • ユーザー名
  • パスワード
  • メールアドレス
支払い情報
  • カード番号
  • 有効期限
  • CVC
  • 割引コード

割引コードに当サイトのクーポンコードを入力することで割引価格となります。

コピーしました!

クーポンコード
philosophy2305
CloudTech 割引コード クーポンコード

クーポン価格が適用されていることを確認したら、利用規約に同意して「購入する」を押します。

お支払い完了メールを受信

有料プランへの支払いが終わると、決済完了のメールが届きます。

CloudTech お支払い

メールに記載されているURLから学習を開始しましょう。

Amazon API Gatewayのまとめ

Amazon API Gatewayのまとめ

Amazon API Gatewayのメリットは、開発効率の向上、リソース管理の効果的な運用、通信状況の監視とモニタリング、セキュリティ機能を活用したアクセス制御などが挙げられる。

  • API管理: APIの設定、バージョン管理、リソースの定義、HTTPメソッドのマッピングなど、APIの簡単な管理が可能です。
  • セキュリティ: 認証、認可、APIキーの管理、OAuth 2.0のサポートなどを提供し、APIへのアクセスをセキュアに管理します。
  • AWS Lambdaとの統合: Lambda関数とのシームレスな統合を提供し、リクエストをLambda関数にルーティングし、レスポンスを生成できます。
  • リクエスト・レスポンスの変換: リクエストデータの変換、レスポンスデータの変換をサポートし、柔軟なデータ処理を実現します。
  • スケーリング: トラフィックの増減に自動的に対応し、スケーラビリティを提供します。
  • モニタリングとトラッキング: リアルタイムのトラフィックモニタリング、APIキャッシュ、CloudWatch Logs、AWS X-Ray統合などを利用して、APIのパフォーマンスと可用性を監視します。
  • カスタマイズ可能: リクエストとレスポンスの変換、カスタム認証、カスタムドメイン設定など、APIの振る舞いをカスタマイズできます。
  • APIの保護: スロットリング、Rate Limiting、DDoS保護などのセキュリティ機能を提供し、APIを保護します。

Amazon API Gatewayは、AWS環境でAPIを簡単に構築、デプロイ、管理できる優れたツールであり、多くのユースケースで活用されています。ただし、コストや制限事項などに注意して設計と運用を行うことが重要です。

error: Content is protected !!
\ 今なら限定割引!/
クーポンコード: philosophy2305
CloudTech 公式サイト
\ 今なら限定割引!/
クーポンコード: philosophy2305
CloudTech 公式サイト