Amazon CloudWatchとは? 基本的な概要と使い方を解説

Amazon CloudWatchとは? 基本的な概要と使い方を解説

記事内に広告を含みます

Amazon CloudWatchは、AWSが提供するモニタリングとオブザーバビリティ(観測可能性)のサービスです。

Amazon CloudWatchは、AWSリソースとアプリケーションをリアルタイムで監視するために使用されます。

CloudWatchを使用すると、システムのパフォーマンス、運用上の状態、およびリソースの使用状況に関するデータを収集し、分析することができます。

本記事では、CloudWatchの基本的な概要や使い方を解説し、パフォーマンス監視やログデータの収集・分析、ダッシュボードの作成・管理方法などを紹介します。

また、セキュリティ対策やコスト対策のポイント、オンプレミス環境との連携方法なども触れ、CloudWatchを活用して運用管理を効率化する方法について解説します。

Amazon CloudWatchについて知りたい…

Amazon CloudWatchの基本的な使い方や設定方法は?

現役エンジニアが監修

当サイトの記事は、現役エンジニアによる監修のもと運営されております。

文系の哲学部からエンジニアになられた方のアドバイスも掲載しているので参考にしてみてください。

情報参照サイト

Amazon CloudWatchの基本的な概要

Amazon CloudWatchの基本的な概要

Amazon CloudWatchは、AWS上で稼働するリソースやアプリケーションの監視を行うサービスです。

  • メトリクスの収集と監視: CloudWatchは、EC2インスタンス、DynamoDBテーブル、RDSインスタンスなど、多くのAWSサービスからメトリクスを自動的に収集します。CPU使用率、ディスクI/O、ネットワーク利用率などの基本的なパフォーマンス指標が追跡できます。
  • ログの収集と分析: CloudWatch Logsを使用して、アプリケーションログ、システムログ、AWSサービスのログを収集および監視することができます。トラブルシューティングやシステムのパフォーマンス改善のための洞察を得ることが可能です。
  • アラーム: 特定のメトリクスが設定した閾値を超えたときに通知を受けるためにアラームを設定できます。アラームは、システムの異常を迅速に検知し、自動的に対応を開始するために使用されます。
  • ダッシュボードのカスタマイズ: ユーザーは、カスタムダッシュボードを作成して、重要なメトリクスやアラームの状態を一覧表示できます。
  • イベントに基づくアクション: CloudWatch Eventsを使用すると、AWSリソースの状態変化や特定の条件を満たした場合に、自動的にアクションをトリガーできます。

CloudWatchを使用することで、各リソースのメトリクスやアプリケーションのデータを収集し、リアルタイムで分析が可能となります。

また、設定したアラームに応じた通知や自動アクションを実行することで、効率的な運用が可能となります。

例えば、EC2インスタンスのCPU使用率やメモリ使用量の監視などがあります。監視対象はカスタムメトリクスを作成することで、独自の監視項目も追加可能です。

また、AWSの各サービスのログデータをまとめてCloudWatch Logsに集約することができ、データの保存や検索が容易になります。

CloudWatch Logsは、導入コストも抑えられることから、多くの開発チームに利用されています。

Amazon CloudWatchのメリット

Amazon CloudWatchのメリット

CloudWatchのメリットとデメリットについて簡単に解説します。

  • リアルタイムモニタリング: CloudWatchはリアルタイムでメトリクスを収集し、ダッシュボードやグラフを通じてリアルタイムでデータを視覚化できます。
  • カスタムメトリクス: CloudWatchはカスタムメトリクスを収集および表示するための柔軟な機能を提供します。独自のアプリケーションメトリクスを収集し、重要なデータを監視できます。
  • アラートと通知: CloudWatchアラームを設定して、特定のメトリクスが閾値を超えた場合に通知を受けることが可能です。
  • リソースの自動スケーリング: CloudWatchアラームを使用して、リソースの自動スケーリングをトリガーできます。需要に合わせてリソースを追加または削減することで、コストの最適化とパフォーマンスの向上が実現できます。
  • ログの収集と分析: CloudWatch Logsを使用して、アプリケーションログやシステムログを収集し、検索および分析できます。ログデータから問題を特定し、トラブルシューティングを行うのに役立ちます。
  • AWSリソースとの統合: CloudWatchはAWSの多くのサービスと統合されており、EC2、RDS、Lambdaなどのリソースからメトリクスを収集できます。

Amazon CloudWatchはAWS環境での監視、管理、トラブルシューティングに非常に役立つサービスとなっています。

Amazon CloudWatchのデメリット

Amazon CloudWatchのデメリット

デメリットは次のようになります。

  • 簡単ではない: CloudWatchは豊富な機能を提供しますが、初めて利用するユーザーにとっては簡単ではありません。特に複雑なアラートやカスタムメトリクスの設定には時間がかかることがあります。
  • コスト: メトリクスの保存やアラートの通知にかかるコストが発生します。大規模な環境ではコストが増加する可能性があるため、注意が必要です。
  • 一部の機能の制限: CloudWatchには一部の機能に制限があることがあり、特定のユースケースに対応できない場合があります。その場合、他のモニタリングツールを検討する必要があります。

Amazon CloudWatchはAWS環境のモニタリングと管理において役立つサービスであり、リアルタイムモニタリング、アラート、自動スケーリング、ログ収集などの機能を提供します。

CloudWatchの主要機能と活用方法

CloudWatch の主要機能と活用方法

CloudWatchの主要機能として、メトリクス監視、ログ管理、アラーム設定、イベント監視があります。

これらの機能を活用することで、システム全体のパフォーマンス向上やリソースの最適化が図れます。

また、異常検出や障害発生時の対策も行うことができます。

一般的な活用方法として、システムの負荷状況を把握し、適切なリソース割り当てやスケーリング策を講じたり、セキュリティ対策や障害対応のためのアラート設定が挙げられます。

メトリクスを活用したパフォーマンス監視

メトリクスは、特定のリソースやアプリケーションの測定可能な属性やパフォーマンスの指標です。

例えば、CPU使用率、ディスクI/O、ネットワークトラフィックなどがあります。

CloudWatchでは、AWSサービスから自動的にメトリクスが収集されます。

また、独自のカスタムメトリクスをCloudWatchに送信して監視することも可能です。

メトリクスを活用することで、システムのパフォーマンスを継続的に監視し、必要に応じてリソースの割り当てやスケールアウトを行うことができます。

CloudWatch Logs でログデータの収集・分析

CloudWatch Logs でログデータの収集・分析

ログは、システムやアプリケーションの操作記録です。

ログには、システムイベント、エラーメッセージ、トランザクションログなどが含まれます。

Amazon CloudWatch Logsは、AWS環境におけるアプリケーションやリソースのログデータを収集・分析することができるサービスです。

ログデータは、システムやアプリケーションの運用管理に必要な情報を提供し、問題発生時の原因特定やパフォーマンス改善に役立ちます。

CloudWatch Logs を利用する際には、まずエージェントをインストールし、設定ファイルで収集対象のログファイルや保存期間などを指定します。

その後、リソース(例:EC2インスタンス)からログデータが収集され、CloudWatch コンソールで分析が可能となります。

さらに、ログデータをリアルタイムで検索・フィルタリングしたり、特定のイベント発生時にアラームを設定して通知を受け取ることも可能です。

CloudWatch Logsをうまく活用することで、トラブルシューティング、セキュリティ監視、アプリケーションのパフォーマンス分析などが可能になります。

アラーム機能と通知設定のカスタマイズ

アラームは、指定されたメトリクスがあらかじめ定義された閾値を超えた場合に通知や自動アクションをトリガーする機能です。

Amazon CloudWatchでは、アラーム機能を活用して、各種メトリクスのしきい値を設定し、そのしきい値を超えた場合に通知を受け取ることができます。

例えば、EC2インスタンスの高CPU使用率や低いディスクスペースなどに対して設定されます。

アラームがトリガーされると、Eメール通知、自動スケーリングアクション、AWS Lambda関数の実行などのアクションを起動できます。

また、カスタムメトリクスを使用することで、独自のメトリクスに対してアラーム設定を行うことができます。

CloudWatchにおけるダッシュボードの作成と管理

CloudWatchにおけるダッシュボードの作成と管理

CloudWatch ダッシュボードでは、AWSリソースのパフォーマンスデータやアラーム情報を一元管理・表示できます。

ダッシュボードの作成は簡単で、Webコンソールからドラッグ&ドロップでウィジェットを追加可能です。

ダッシュボードの管理も容易で、共有や複製ができるようになっています。

作成したダッシュボードは、CloudWatchダッシュボードページに一覧表示されます。

ダッシュボードを削除する場合、ダッシュボードを選択し、「ダッシュボードの削除」をクリックします。

ダッシュボードでリソース状況を一覧表示

CloudWatch ダッシュボードでは、CPU使用率やメモリ使用率などの各種メトリクスをグラフ化してリソース状況を一覧表示することができます。

ダッシュボードでは、システム全体の状態を把握しやすくなり、障害発生時の対応やパフォーマンスチューニングが効率的に行えます。

また、ダッシュボード上にアラーム状態を表示することで、異常状況への対応も迅速に行うことが可能です。

カスタムメトリクスとAPIを活用した拡張

Amazon CloudWatchでは、カスタムメトリクスを利用して独自のパフォーマンス指標を監視・集計することができます。

例えば、アプリケーションのトランザクション数やキャッシュヒット率など、標準メトリクスには含まれないデータを監視したい場合に利用可能です。

さらに、CloudWatch APIを活用することで、ダッシュボードやアラームの設定をプログラムで自動化できます。

例えば、インフラの自動スケーリングやアプリケーションのデプロイメント時に、APIを使って関連するリソースの監視設定を自動的に更新可能です。

カスタムメトリクスとAPIを活用することで、AWS環境での監視と運用の柔軟性が向上し、ビジネスニーズに合わせたカスタマイズされたソリューションを実装できます。

セキュリティとコスト対策に関するポイント

セキュリティとコスト対策に関するポイント

セキュリティ対策では、アプリケーションのセキュリティポリシーの徹底やデータ保護が重要です。

具体的には、AWSリソースの適切なアクセス制限やパフォーマンス監視に力を入れるべきです。

また、コスト対策のポイントは、リソース使用状況の把握と予算管理が挙げられます。最適な運用状況を確保しつつ、コストを抑える方法を探ることが重要です。

IAMロールとポリシーを活用したアクセス制御

IAMロールとポリシーを活用することで、AWSリソースへのアクセス制御が行えます。

IAMロールを適切なリソースに割り当て、個々のユーザーやサービスに必要なアクセス権限を付与します。

IAMポリシーでは、特定のアクションやリソースを許可・拒否する条件を設定し、セキュリティを強化します。

CloudWatch の料金プランと節約方法

CloudWatch の料金プランと節約方法

CloudWatchの料金プランは用途に応じた選択が可能です。

無料枠では基本的なメトリクスの収集が可能ですが、詳細なデータ分析や複雑な監視機能が必要な場合は有料プランの検討が必要です。

節約方法として、ログデータの削除ポリシーを設定したり、標準メトリクスを効率的に活用することが挙げられます。

CloudWatchとオンプレミス環境の連携

CloudWatchとオンプレミス環境の連携

CloudWatchとオンプレミス環境を連携させることで、オンプレミス環境のリソース監視や情報収集が一元管理できます。

オンプレミス環境もAWS上のリソースと同様に、CloudWatchで監視やアラーム設定が可能となります。

オンプレミス環境のリソース監視と情報収集

オンプレミス環境のリソース監視には、CloudWatchエージェントを導入し、設定することで情報収集が行えます。

エージェントはCPU使用率やメモリ使用量などのメトリクスを取得し、CloudWatchに送信することができます。

CloudWatch エージェントの導入と設定

CloudWatchエージェントはAWSおよびオンプレミス環境で動作します。

導入には、適切な設定ファイルを作成し、エージェントをインストールします。

設定ファイルでは、収集対象のメトリクスやログデータを定義し、送信先となるCloudWatchサービスを指定します。

AWSをコスパよく学ぶならCloudTech

CloudTech

CloudTech(クラウドテック)は元GMOの主任エンジニアであるくろかわこうへいさんが提供するAWSの学習に特化したオンライン学習スクールです。

AWSのオンライン学習スクールの規模としては日本最大級で会員数は2024年2月時点で3,760名以上となっています。

CloudTechなら自分のライフスタイルに合わせて、どこよりもコスパよくAWSの学習が行えます。

  • 未経験からSAAに合格したい
  • 未経験からAWSエンジニアにキャリアアップしたい
  • AWSの資格を効率よく取得したい

AWSを学ぶ上で「実践的なスキルの身につけ方」や「学習方法」で悩んでいる方はCloudTechがおすすめです。

CloudTech
 (4.8)

コスパ良くAWSを学ぶなら、ココで決まり!

CloudTechは日本最大級のAWSに特化したオンライン学習スクールです。SAAやDVAをはじめとする全12資格に対応。280本以上もの動画から効率よくAWSが学べます。

今なら限定割引クーポンあり

コピーしました!

クーポンコード
philosophy2305
フリーコース会員無料
(問題5問)
資格会員4,980円
4,680円
(全ての試験問題のみ)
基本会員9,960円
8,660円
(全て利用可能/優良企業への転職サポートあり)
永久ラインセンス49,800円
45,800円
(買い切りプラン/優良企業への転職サポートあり)
対応資格AWS 全12資格
動画の数280本以上
ハンズオン学習あり
学習のしやすさ迷わず学習できるロードマップカリキュラムあり
会員制コミュニティ実績のあるAWSエンジニアが多数在籍
豊富な合格体験記で最新情報を入手
※表示価格はクーポン適用後の割引価格となります。

その他にも最短3ヶ月で未経験からAWSエンジニアになれる転職保証付きのCloudTech Academyがあります。

CloudTech Academyとは? 未経験から3ヶ月でAWSエンジニアになれる理由や評判、口コミを解説 【割引あり】CloudTech Academyとは? 未経験から3ヶ月でAWSエンジニアになれる理由や評判、口コミを解説

プロによる解説だから未経験者でも続けられる

AWS CLF

CloudTech(クラウドテック)を運営するくろかわこうへいさんは、Youtubeで4年以上もAWSに関する情報を発信しているため、解説がプロ級に分かりやすくなっています。

教材は動画ベースで作成されている上に一本あたりの動画は平均7分程度で構成されているため、通勤時に学習することも可能です。

cloudtech レビュー
cloudtech レビュー

半年間ほどCloudTechを利用して感じたのは、学習のしやすさです。

AWSのサービスごとに学習する内容が選べる上に、スマホ表示にも対応しています。

未経験者でも挫折することのないようイラストや図が豊富に使われているのもオススメできるポイントです。

コミュニティ限定の一次情報で効率よく資格取得できる

コミュニティ限定の一次情報で効率よく資格取得できる

CloudTechには、AWS認定資格合格体験記があります。

合格体験記には、CloudTechに所属するメンバーがAWS認定資格に合格した際の「スコア」「勉強時間」「使用した教材」「アドバイス」などが記載されています。

未経験者や経験者の情報も載っているため、自分に近い環境の人たちがどのように合格できたのか知ることができます。

基本会員以上であれば、ログイン後の「ご案内ページ」で合格体験記は閲覧可能です。

また、SlackにあるAWS認定資格のスレッドからはリアルタイムで合格者の一次情報が手に入ります。

AWSでは、上位資格になるほど出回っている情報が少ないため一次情報は貴重です。

CloudTechの一次情報を利用してライバルよりも効率よく学習し最短で資格に合格しましょう。

本番同様レベルの演習問題が多数収録

AWS 資格

CloudTechでは、本番レベルに近い演習問題が多数あります。

CLF300問ANS350問
SAA230問SCS350問
SOA180問DBS260問
DVA260問DAS140問
SAP300問MLS170問
DOP190問PAS60問
ポイント

CloudTechの演習問題は本番試験と同様の出題形式です。

演習問題のレベルも本試験と同様な上に解説も丁寧に作られています。

定期的に問題の内容も見直されているのでトップレベルの演習問題を求めるなら迷わずCloudTechを選びましょう。

また、本番と同じ制限時間で65問の問題を解く模擬試験も用意されています。

CloudTechのメリット・デメリット

CloudTech(クラウドテック) メリット デメリット

CloudTechのメリット

  • プロによる解説だから初心者でも安心して学べる
  • コミュニティ限定の一次情報で効率よく学習できる
  • 本番同等レベルの演習問題で力がつく
  • ハンズオン学習でAWSの確かな技術力が身につく
  • SAA取得後はAWSを使った優良企業への転職サポートが受けられる

未経験者であってもDVAの勉強はCloudTechで行えます。260問の演習問題を何回も繰り返して知識を身につけましょう。

将来的にAWS クラウドエンジニアへの転職を狙っている方は転職サポートの利用も検討してみてください。

また、くろかわこうへいさんによる無料のkindle書籍でAWSの基本的なサービスを復習しましょう。

CloudTechのデメリット

  • 自分で学習を進める必要がある

CloudTechは一般的な学習スクールと違って担当者がつくわけではありません。

ある程度の自走力が求められます。

仕事で疲れて勉強できない場合は、ソファで横になりながら動画だけでも再生しましょう。

決まった時間に勉強を開始する習慣を身に付けたい場合には、スマホのリマインダーを活用してみてください。

CloudTechの評判は良い・悪い? リアルな口コミと評判

CloudTech クラウドテック 口コミ 評判

Twitterには、CloudTechのおかげでAWS認定資格に合格できたとの報告が多数あります。

CloudTechの演習問題でDVAに無事合格!

DVA試験に合格しました!CloudTechの問題集のおかげで無事合格しました!

CloudTechのおかげで未経験からSAAに合格!

本日、三度目の正直でAWS SAA取得しました‼️ いや〜、心折れまくったけど、「やってりゃ受かる」を信じて挑み続けました 点数はギリなので、ちゃんと復習します!! 全ては、【Cloud Tech】教材のおかげです!! ありがとうございます 次なる目標に向けて走りだします

未経験からAWSエンジニアへ見事転職!

CloudTech 口コミと評判

CloudTechでAWSの学習を効率よく始める

CloudTech 申し込み手順 割引コード クーポン

CloudTechの登録方法を分かりやすく解説します。

CloudTechの公式サイトへ

まずはCloudTechへアクセスします。

CloudTech 登録方法

そのまま下部へ進むとプランが選べます。

注意

「無料 0円 で始める」から進むと、フリープランの体験ページへ移動してしまいます。

ページの真ん中あたりで料金プランが表示されています。

CloudTech 料金価格

お好みのプランを選んで「今すぐ購入する」を押します。

CloudTechでは、コストの観点から買い切りプランがお買い得なので一番人気となっています。

未経験からSAAに合格するのにおおよそ3ヶ月程度が目安となるので永久ライセンスが最もオススメです。

当サイトのクーポンコードを利用することで通常よりもお得な割引価格で購入できます。

  • 資格会員 4,680円 (300円OFF)
  • 基本会員 8,660円(1,300円OFF)
  • 永久ライセンス 45,800円 (4,000円OFF)

コピーしました!

クーポンコード
philosophy2305
アカウントと支払い情報を入力する
CloudTech 割引コード クーポンコード

選んだプランを確認してアカウント情報と支払い情報を入力します。

アカウント情報
  • ユーザー名
  • パスワード
  • メールアドレス
支払い情報
  • カード番号
  • 有効期限
  • CVC
  • 割引コード

割引コードに当サイトのクーポンコードを入力することで割引価格となります。

コピーしました!

クーポンコード
philosophy2305
CloudTech 割引コード クーポンコード

クーポン価格が適用されていることを確認したら、利用規約に同意して「購入する」を押します。

お支払い完了メールを受信

有料プランへの支払いが終わると、決済完了のメールが届きます。

CloudTech お支払い

メールに記載されているURLから学習を開始しましょう。

Amazon CloudWatchのまとめ

Amazon CloudWatchのまとめ

Amazon CloudWatchはAWSの監視・管理サービスであり、クラウドリソースとアプリケーションの監視、アラート設定、ログ収集、パフォーマンスの最適化など多くの機能を提供します。

  • リアルタイムの監視: CloudWatchはリアルタイムでメトリクスを収集し、ダッシュボードやグラフを通じてリアルタイムでデータを可視化できます。
  • スケーラビリティ: AWSリソース(EC2インスタンス、RDSデータベース、Lambda関数など)のパフォーマンスデータを収集し、リソースの増減に合わせて柔軟にデータ収集を設定可能です。
  • アラートと自動スケーリング: 特定のメトリクスに対するアラートを設定し、異常状態を検出して通知を送信することができます。また、アラートをトリガーとして自動スケーリングを実行できます。
  • カスタムメトリクス: AWSリソースのメトリクスだけでなく、カスタムメトリクスを収集して表示し、ビジネス要件に合わせてカスタマイズ可能です。
  • 長期間のデータ保存: メトリクスデータを長期間保存でき、パフォーマンスの履歴データを分析して将来の計画やトラブルシューティングに役立ちます。
  • AWS統合: CloudWatchはAWS内で完全に統合されており、他のAWSサービスとシームレスに連携できます。
  • カスタムダッシュボード: カスタムダッシュボードを作成し、重要なメトリクスをカスタマイズして表示できます。
  • オンプレミス環境との連携: CloudWatchはオンプレミス環境とも連携可能で、カスタムエージェントやAPIを使用してデータを収集し、統合的な監視を実現できます。

また、IAMロールやポリシーの活用により、アクセス制御が向上し、料金プランや節約方法にも柔軟に対応できます。

CloudWatchを適切に設定してコスト管理を行うことで、クラウド環境のパフォーマンスとセキュリティを向上させることが可能です。

error: Content is protected !!
\ 今なら限定割引!/
クーポンコード: philosophy2305
CloudTech 公式サイト
\ 今なら限定割引!/
クーポンコード: philosophy2305
CloudTech 公式サイト