Amazon Route 53とは? 基本的な概要と使い方を解説

Amazon Route 53とは? 基本的な概要と使い方を解説

記事内に広告を含みます

Amazon Route 53は、Amazon Web Services(AWS)が提供するDNS(ドメインネームシステム)サービスです。

Route 53は、インターネット上のWebサイトやアプリケーションへのトラフィックをルーティングするために使用されます。

例えば、ドメイン名の登録、ドメイン名の管理、トラフィックルーティング、ヘルスチェック、ドメイン名システム(DNS)のクエリの処理など、DNS関連の機能を提供します。

Route 53の優れた点は、ドメイン名の登録から設定まで簡単に行えることや、高い可用性とセキュリティを誇る点です。

また、ヘルスチェック機能を利用したフェイルオーバー対応やVPCとの連携など、効果的なネットワーク管理も可能です。

この記事では、Amazon Route 53の基本的な概要や使い方を解説し、各機能に焦点を当てた具体的な内容を紹介します。

Amazon Route 53について知りたい…

Route 53の使い方は?

現役エンジニアが監修

当サイトの記事は、現役エンジニアによる監修のもと運営されております。

文系の哲学部からエンジニアになられた方のアドバイスも掲載しているので参考にしてみてください。

情報参照サイト

Amazon Route 53の基本概要

Amazon Route 53の基本概要

Amazon Route 53は、Amazon Web Servicesが提供するDNSサービスです。

Route53には、ドメインを管理し、DNSルーティングを効率的に行う機能が豊富に備えられています。

  • ドメイン名の登録: Route 53は、.com、.net、.orgなど、さまざまなドメイン名を登録できます。
  • DNSルーティング: Route 53は、インターネット上のWebサイトやアプリケーションへのトラフィックをルーティングできます。
  • ヘルスチェック: Route 53は、バックエンドのWebサイトやアプリケーションのヘルスを監視できます。
  • ジオロケーション: Route 53は、ユーザーの位置に基づいてトラフィックをルーティングできます。
  • 応答性向上: Route 53は、キャッシュを使用して応答性を向上させることができます。

Route 53は、ドメイン名の登録からレコードの設定、ヘルスチェックまで、幅広い機能を持っています。

また、AmazonのVPC環境とも連携でき、安全かつ効率的なネットワーク構築が可能です。

ドメイン名登録と設定が簡単にできる

Amazon Route 53を使用して、新しいドメイン名を登録できます。また、既存のドメイン名をRoute 53に移管することもできます。

DNS設定やAレコード、CNAMEレコードなどの管理も簡単です。

Route 53はドメイン名のDNSレコードを管理し、ドメイン名のIPアドレスや他のリソースレコードに関する情報を提供します。

ヘルスチェック

Route 53は、エンドポイントのヘルスチェックを定期的に実行し、健全性に問題がある場合にトラフィックを切り替えることができます。

ヘルスチェックを使用することで、障害が発生した場合にトラフィックを別のリージョンやサービスに切り替えることができます。

高い可用性とセキュリティを誇る

Amazon Route 53は、高い可用性とセキュリティが特徴です。

Route 53は、SSL/TLS終端やAWS WAFとの統合をサポートしているため、セキュリティを向上させることができます。

また、セキュリティ面においても、Amazonが提供するVPC環境と連携できることから、プライベートなネットワーク環境での運用が可能となります。

Route 53の主要機能とメリット・デメリット

Route 53の主要機能とメリット・デメリット

Amazon Route 53はAWS環境におけるDNSとトラフィックルーティングの一般的な要件を満たすための優れたサービスであり、多くの場面で有用です。

Route 53はAWSのDNSおよびトラフィックルーティングサービスにおいて多くのメリットを提供しますが、同時にデメリットも存在します。

ルーティングポリシーとは何か?

Route 53 ルーティングポリシーとは、DNS クエリに応答してトラフィックをルーティングする方法のルールセットです。

Route 53 には、さまざまなタイプのルーティングポリシーがあり、それぞれに異なる目的があります。

主なルーティングポリシーには以下の8つがあります。

  • シンプルルーティング: シンプルルーティングポリシーは、最も基本的なルーティングポリシーです。このポリシーでは、クエリに応答して、指定された IP アドレスまたは DNS 名を返します。
  • 加重ルーティングポリシー: 加重ルーティングは、複数のリソースレコードに異なる重み(ウェイト)を設定してトラフィックを分散する方法ですリソースへのトラフィック配分を調整できるため、異なるリージョンにトラフィックを分散する場合に便利です。
  • レイテンシールーティング: レイテンシーに基づくルーティングポリシーは、エンドポイントへのレイテンシーに基づいてトラフィックをルーティングします。ユーザーに最適なパフォーマンスを提供することが可能です。
  • フェイルオーバールーティング: フェイルオーバールーティングポリシーは、メインエンドポイントに障害が発生した場合、トラフィックをサブエンドポイントにルーティングします。障害からの回復を自動化するのに有効です。
  • 地理的近接性ルーティング: 地理的近接性ルーティングポリシー (トラフィックフローのみ) は、ユーザーの位置に基づいてトラフィックをルーティングします。
  • 位置情報ルーティングポリシー: 位置情報ルーティングポリシーは、ユーザーの位置に基づいてトラフィックをルーティングします。ローカルユーザーに最適なパフォーマンスを提供する際に使われます。
  • 複数値回答ルーティングポリシー: 複数値回答ルーティングポリシーは、複数の IP アドレスまたは DNS 名を返すことができます。負荷分散やフェイルオーバーなどをしたい場合に有効です。
  • IP ベースのルーティングポリシー: IP ベースのルーティングポリシーは、IP アドレスに基づいてトラフィックをルーティングします。特定の IP アドレスからのトラフィックを特定のエンドポイントにルーティングする際に使われます。

これらのルーティングポリシーは、Route53でドメイン名を管理する際に設定し、効率的なトラフィック管理や高可用性を実現する。

以下に、各ルーティングポリシーの使用例をざっくりと紹介します。

  • シンプルルーティングポリシー: 単一のWeb サーバーにトラフィックをルーティングする場合。
  • フェイルオーバールーティングポリシー: 複数のWeb サーバーをフェイルオーバー構成で使用する場合。
  • 位置情報ルーティングポリシー: ユーザーの場所に基づいてコンテンツを配信する場合。
  • 地理的近接性ルーティングポリシー (トラフィックフローのみ):ユーザーの位置に基づいてトラフィックをルーティングする場合や、ユーザーにエンドポイントの IP アドレスを公開したくない場合に使用できます。
  • レイテンシールーティングポリシー: ユーザーに最適なパフォーマンスを提供する場合。
  • IP ベースのルーティングポリシー: 特定のIPアドレスからのトラフィックを特定のエンドポイントにルーティングする場合。
  • 複数値回答ルーティングポリシー: 複数のWeb サーバーに負荷分散する場合。
  • 加重ルーティングポリシー: 特定のリソースにトラフィックを傾ける場合。

DNSレコードの種類と設定方法

DNSレコードは、ドメイン名とIPアドレスや他のリソースの関連付けを行うためのデータです。

主なレコードの種類を簡単に解説します。

  • Aレコード: ドメイン名を IP アドレスにマッピングします。Web サイトやアプリケーションのホストにトラフィックをルーティングする際に最も使用されるレコードタイプです。
  • AAAAレコード: ドメイン名を IPv6アドレスにマッピングします。
  • CNAMEレコード: ドメイン名を別のドメイン名にマッピングします。ドメイン名を別のサーバーまたはサービスにリダイレクトするために使用できます。
  • MXレコード: MX レコードは、ドメイン名のメールサーバーを指定します。
  • NSレコード: ドメイン名のネームサーバーのリストを指定します。
  • PTRレコード: IP アドレスをドメイン名にマッピングします。逆引きDNSクエリに応答するために使用されます。
  • SRVレコード: ドメイン名のサービスを指定します。Webサービスや VoIPサービスなどを提供するために使用できます。
  • TXTレコード: ドメイン名にテキストを追加できます。ドメイン名の所有権を検証したり、ドメイン名について追加情報を提供したりすることができます。

AWS Management Console を使用してレコードを作成するには、以下の手順に従います。

  1. AWS Management Console にログインします。
  2. Route 53 ページに移動します。
  3. レコードを作成したいドメイン名を選択します。
  4. レコードセットを作成 をクリックします。
  5. レコードの種類、レコード名、レコード値、およびその他のオプションを指定します。
  6. レコードセットを作成 をクリックします。

AWS CLIやRoute 53 API を使用してレコードを作成することも可能です。

Route53 ヘルスチェック機能

Route 53 ヘルスチェック機能は、エンドポイントの健全性を定期的にチェックし、障害が発生した場合にトラフィックを別のエンドポイントにルーティングできるようにする機能です。

Route 53 ヘルスチェックは、以下の方法でエンドポイントの健全性をチェックします。

  • HTTP ヘルスチェック: エンドポイントに HTTP 要求を送信して、応答コードが200であることを確認します。
  • HTTPS ヘルスチェック: エンドポイントに HTTPS 要求を送信して、応答コードが 200であることを確認します。
  • TCP ヘルスチェック: エンドポイントに TCP 接続を試行して、接続が成功することを確認します。
  • ICMP ヘルスチェック: エンドポイントに ICMP 要求を送信して、応答が返されることを確認します。

Amazon Route 53ヘルスチェックを設定することで、アプリケーションの可用性を向上させ、障害からの迅速な回復を実現できます。

ヘルスチェックはDNSレコードセットと組み合わせて使用され、トラフィックを正常なエンドポイントにルーティングするための重要な要素です。

フェイルオーバー対応でトラフィック管理

Route 53 のフェイルオーバー機能は、エンドポイントに障害が発生した場合、トラフィックを別のエンドポイントにルーティングすることで、可用性を維持する機能です。

Route 53 のフェイルオーバーは、ヘルスチェックを使用して、エンドポイントの健全性を定期的にチェックします。エンドポイントに障害が発生した場合、Route 53 ヘルスチェックは、そのエンドポイントへのトラフィックを停止します。

Route 53 のフェイルオーバーは、ゾーンレベルレコードレベル の両方で設定可能です。ゾーンレベルのフェイルオーバーは、ゾーン内のすべてのレコードに適用されます。レコードレベルのフェイルオーバーは、特定のレコードにのみ適用されます。

Route 53 のフェイルオーバーは、さまざまなシナリオで使用できます。

  • Web サイトやアプリケーションの可用性の維持: エンドポイントに障害が発生した場合でも、Route 53のフェイルオーバー機能により、ユーザーは Web サイトやアプリケーションにアクセスできます。
  • 負荷分散: ヘルスチェックを使用して、健全なエンドポイントにのみトラフィックをルーティングすることで、負荷を分散できます。
  • A/B テスト: ヘルスチェックを使用して、異なるバージョンのWeb サイトやアプリケーションをテストできます。

フェイルオーバー対応をきちんと行うことで、サービス障害が発生した際に迅速に対応し、ユーザーへの影響を最小限に抑えることが可能となります。

Route 53 のフェイルオーバーの設定は、AWS Management Console、AWS CLI、または Route 53 API を使用して行うことができます。

AWS Management Console を使用してフェイルオーバーを設定するには、以下の手順に従います。

  1. AWS Management Console にログインします。
  2. Route 53 ページに移動します。
  3. フェイルオーバーを設定したいドメイン名を選択します。
  4. ヘルスチェック タブをクリックします。
  5. フェイルオーバー タブをクリックします。
  6. フェイルオーバーを作成 をクリックします。
  7. フェイルオーバーの設定を指定します。
  8. フェイルオーバーを作成 をクリックします。

フェイルオーバーを作成したら、DNS キャッシュが更新されて変更が有効になるまでに数分かかる場合があります。

Route 53のメリット

Route 53のメリット
  • 高可用性: Route 53は高可用性を提供し、サービスの停止や障害から保護します。AWSインフラストラクチャを活用しており、冗長性が高いため、DNSクエリの応答がよくなります。
  • トラフィックルーティング: Route 53を使用して、異なるエンドポイント(AWSリージョン、サービス、インフラストラクチャ)へのトラフィックをルーティングできます。負荷分散、フェイルオーバー、A/Bテスト、ブルーグリーンデプロイメントなどが実現できます。
  • ヘルスチェック: Route 53はエンドポイントのヘルスを定期的にチェックし、健全性に問題がある場合にトラフィックを別のエンドポイントに切り替えることができます。障害からの回復を自動化できます。
  • DNSセキュリティ: Route 53はDNSSEC(DNS Security Extensions)をサポートし、DNSデータのセキュリティを向上させます。DNSデータの整合性と信頼性を確保します。
  • 簡単な管理: AWSの統合により、Route 53はAWS Management ConsoleやAWS CLIを使用して簡単に管理できます。また、プログラムによる自動化もサポートされています。
  • スケーラビリティ: Route 53は大規模なトラフィックにも対応し、クラウドの規模に合わせてスケーリングできます。

Route 53のデメリット

Route 53のデメリット
  • 料金: Route 53の使用には料金がかかります。特に大規模なトラフィックを処理する場合、コストが増加する可能性があります。使用量やルーティングポリシーに応じて料金が異なります。
  • 一般的な制約: Route 53は多くの一般的なDNS機能を提供しますが、すべてのDNS要件に対応しているわけではありません。
  • 学習コスト: Route 53は、高度な機能を備えているため、学習コストがかかります。

Route 53は、インターネット上のWebサイトやアプリケーションを構築および運用するための強力なサービスとなります。

高可用性、トラフィックルーティング、ヘルスチェック、DNSセキュリティ、スケーラビリティなどのメリットを備えているため、多くの企業で採用されています。しかし、料金や制約などのデメリットも理解することが重要です。

Amazon Route53の利用方法

Route53の主な利用方法

Route53を用いた主な使用例を簡単に解説します。

VPCとの連携でネットワーク環境を強化

Amazon Route53は、VPC(Virtual Private Cloud)と連携して、よりセキュアで柔軟なネットワーク環境を構築することが可能。

  • 可用性の向上: Route 53 のフェイルオーバー機能を使用することで、VPC 内のエンドポイントに障害が発生した場合でも、ユーザーはサービスにアクセスできます。
  • セキュリティの向上: Route 53 の DNSSEC 機能を使用することで、DNS データの改ざんを防止できます。
  • 運用の効率化: Route 53 の自動 DNS レコード更新機能を使用することで、DNS レコードの更新を自動化できます。

Route53とVPCの連携により、企業のネットワーク要件に合わせた最適な環境を構築できるようになります。

ゾーンデータの保護とプライベートDNS

Amazon Route 53では、ゾーンデータの保護プライベートDNSが可能です。

Route 53 ゾーンデータの保護

Route 53 ゾーンデータは、DNS レコードを含む重要なデータです。

このデータを保護するために、Route 53 では以下の機能が提供されています。

  • ゾーンレコードの暗号化: Route 53 は、ゾーンレコードを暗号化して保存することで、データの改ざんや盗難を防止します。
  • ゾーンレコードへのアクセス制御: Route 53 は、ゾーンレコードへのアクセスを制限することで、不正アクセスを防止します。

プライベート DNS

プライベート DNS は、VPC 内のリソースのみがアクセスできる DNS サービスです。

プライベート DNS を使用すると、VPC 内のリソースをインターネットから隔離し、セキュリティを向上させることができます。

以下に、Route 53 ゾーンデータの保護とプライベートDNSの具体的なシナリオをいくつか紹介します。

  • ゾーンレコードの暗号化: 機密性の高いデータを保存するゾーンを作成する場合、ゾーンレコードの暗号化を使用して、データの改ざんや盗難を防止できます。
  • ゾーンレコードへのアクセス制御: 特定のユーザーやグループのみがゾーンレコードにアクセスできるようにする場合、ゾーンレコードへのアクセス制御を使用して、不正アクセスを防止できます。
  • プライベート DNS: VPC 内のリソースをインターネットから隔離する場合、プライベート DNS を使用して、セキュリティを向上させることができます。

Route 53 ゾーンデータの保護とプライベート DNS を組み合わせることで、Route 53 ゾーンデータのセキュリティと可用性を向上させることができます。

Route53でコストを抑える方法

Route53でコストを抑える方法

Amazon Route 53は、コストを抑えた料金設定が可能です。

  • ゾーン数の削減: 使用していないゾーンを削除することで、コストを削減できます。
  • レコードセット数の削減: 使用していないレコードセットを削除することで、コストを削減できます。
  • TTL の設定: TTLを短くすることで、DNSクエリのコストが削減されます。
  • ゾーンレベルの料金プランの利用: ゾーンレベルの料金プランを使用すると、レコードセット数に関係なく、ゾーン単位で料金が発生します。
  • 料金上限の設定: 料金上限を設定することで、予期せぬコストの増加を防止できます。

Route 53 の料金設定を適切にすることで、コストを抑えながら、必要なサービスを利用することができます。

Amazon Route 53を使ったアプリケーション構築

Amazon Route 53を使用したアプリケーション構築も容易で、ドメイン登録からレコードの管理、ヘルスチェックの設定までシームレスに行えます。

Route 53 を使用して、ドメイン名を IP アドレスにマッピングし、インターネット上のユーザーやデバイスにアプリケーションを提供することが可能です。

ドメイン名の取得

まず、ドメイン名を取得する必要があります。

ドメイン名は、インターネット上のアプリケーションやリソースを識別するために使用される名前です。

ドメイン名を取得するには、ドメインレジストラに登録する必要があります。

Route 53 ゾーンの作成

ドメイン名を取得したら、Route 53 ゾーンを作成します。

ゾーンは、ドメイン名の DNS レコードを管理するためのリソースです。

Route 53 ゾーンを作成するには、AWS Management Console、AWS CLI、または Route 53 API を使用できます。

レコードセットの作成

レコードセットは、ドメイン名と IP アドレスをマッピングするための DNS レコードです。

Route 53 では、さまざまな種類のレコードセットを作成できます。

アプリケーションの公開

レコードセットを作成したら、アプリケーションを公開できます。

アプリケーションを公開するには、アプリケーションの IP アドレスをレコードセットに追加します。

以下に、Route 53 を使ったアプリケーション構築の具体的なシナリオをいくつか示します。

  • Web サイトの公開: Web サイトを公開するには、Web サーバーのアドレスをAレコードに追加します。
  • メールサーバーの公開: メールサーバーを公開するには、メールサーバーの IPアドレスをMXレコードに追加します。
  • アプリケーションの負荷分散: 複数のアプリケーションサーバーを負荷分散するには、ラウンドロビンDNSを使用します。
  • アプリケーションのフェイルオーバー: アプリケーションサーバーに障害が発生した場合に、別のアプリケーションサーバーにトラフィックをルーティングするには、フェイルオーバーDNSを使用します。

Route 53 を適切に使用することで、アプリケーションを安全かつ効率的に公開することができます。

AWSをコスパよく学ぶならCloudTech

CloudTech

CloudTech(クラウドテック)は元GMOの主任エンジニアであるくろかわ こうへいさんが提供するAWSの学習に特化したオンライン学習スクールです。

AWSのオンライン学習スクールの規模としては日本最大級で会員数は2024年5月時点で4,500名以上となっています。

CloudTechなら自分のライフスタイルに合わせて、どこよりもコスパよくAWSの学習が行えます。

  • AWS認定資格に最短効率で合格したい
  • 未経験からAWSエンジニアにキャリアアップしたい
  • ハンズオン学習で実践的なスキルを身に付けたい

AWSを学ぶ上で「資格取得の勉強方法」「実践的スキルの身につけ方」に悩んでいる方はCloudTechがおすすめです。

CloudTech
 (4.8)

コスパ良くAWSを学ぶなら、ココで決まり!

CloudTechは日本最大級のAWSに特化したオンライン学習スクールです。SAAやDOPをはじめとする全10資格に対応。280本以上もの動画から効率よくAWSが学べます。

今なら限定割引クーポンあり

コードをコピーする→コピーしました!

割引コード
philosophy2305
フリーコース会員無料
(問題5問)
資格会員4,980円
4,680円
(全ての試験問題のみ)
基本会員9,960円
8,660円
(全て利用可能/優良企業への転職サポートあり)
永久ラインセンス49,800円
45,800円
(買い切りプラン/優良企業への転職サポートあり)
対応資格AWS 全10資格
動画の数280本以上
ハンズオン学習あり
学習のしやすさ迷わず学習できるロードマップカリキュラムあり
ブックマーク機能で復習がとても簡単
会員制コミュニティ実績のあるAWSエンジニアが多数在籍
豊富な合格体験記で最新情報を入手
※表示価格はクーポン適用後の割引価格となります。

また、未経験からAWSエンジニアを目指せるCloudTech Academyがあります。

CloudTech Academyとは? 未経験からAWSエンジニアになれる理由や評判、口コミを解説 【割引クーポンあり】CloudTech Academyとは? 未経験からAWSエンジニアを目指せる理由や評判、口コミを解説

プロによる解説だから未経験者でも続けられる!

AWS CLF

CloudTech(クラウドテック)を運営するくろかわ こうへいさんは、Youtubeで5年以上もAWSに関する情報を発信しているため、解説がプロ級に分かりやすくなっています。

教材は動画ベースで作成されている上に一本あたりの動画は平均7分程度で構成されているため、通勤時の学習も可能です。

cloudtech レビュー
cloudtech レビュー

1年ほどCloudTechを利用して感じたのは、学習のしやすさです。

AWSのサービスごとに学習する内容が選べる上に、スマホ表示にも対応しています。

未経験者でも挫折することのないようイラストや図が豊富に使われているのもオススメできるポイントです。

コミュニティ限定の一次情報で効率よく資格取得できる!

コミュニティ限定の一次情報で効率よく資格取得できる

CloudTechには、AWS認定資格合格体験記があります。

合格体験記には、CloudTechに所属するメンバーがAWS認定資格に合格した際の「スコア」「勉強時間」「使用した教材」「アドバイス」などが記載されています。

未経験者や経験者の情報も載っているため、自分に近い環境の人たちがどのように合格できたのか知ることができます。

基本会員以上であれば、ログイン後の「ご案内ページ」で合格体験記は閲覧可能です。

また、SlackにあるAWS認定資格のスレッドからはリアルタイムで合格者の一次情報が手に入ります。

AWSでは、上位資格になるほど出回っている情報が少ないため一次情報は貴重です。

CloudTechの一次情報を利用してライバルよりも効率よく学習し最短で資格を取得しましょう。

本番同様レベルの演習問題が多数収録!

AWS資格(全10試験)全てに対応

CloudTechでは、本番レベルの演習問題が多数あります。

CLF420問SAP300問
SAA230問ANS350問
SOA180問SCS380問
DVA260問MLS170問
DEA80問
DOP190問

演習問題を繰り返すことが合格への最短ルートです。

CloudTech (クラウドテック) ブックマーク機能

間違えた問題はブックマーク機能を活用して本番試験の直前に見直しましょう。

ポイント

CloudTechの演習問題は本番試験と同じ出題形式です。

演習問題のレベルも本試験と同様な上に解説も丁寧に作られています。

定期的に問題の内容も見直されているのでトップレベルの演習問題を求めるなら迷わずCloudTechを選びましょう。

また、本番と同じ制限時間・問題数で練習できる模擬試験も用意されています。

CloudTechのメリット・デメリット

CloudTech(クラウドテック) メリット デメリット

CloudTechのメリット

  • プロによる解説だから初心者でも安心して学べる
  • コミュニティ限定の一次情報で効率よく学習できる
  • 本番レベルの演習問題で対策できる
  • ハンズオン学習でAWSの確かな技術力が身につく
  • SAA取得後はAWSを使った優良企業への転職サポートが受けられる

未経験者であってもCloudTechなら、演習問題を繰り返すだけでAWS認定資格への合格が狙えます。

将来的にAWS クラウドエンジニアへの転職を狙っている方は転職サポートの利用も検討してみてください。

また、くろかわ こうへいさんによる無料のkindle書籍でAWSの基本的なサービスを復習しましょう。

CloudTechのデメリット

  • 自分で学習を進める必要がある

CloudTechは一般的な学習スクールと違って担当者がつくわけではありません。

ある程度の自走力が求められます。

仕事で疲れて勉強できない場合は、ソファで横になりながら動画だけでも再生しましょう。

決まった時間に勉強を開始する習慣を身に付けたい場合には、スマホのリマインダーを活用してみてください。

CloudTechの評判は良い・悪い? リアルな口コミと評判

CloudTech クラウドテック 口コミ 評判

Xには、CloudTechのおかげでAWS認定資格に合格できたとの報告が多数あります。

CloudTechの演習問題でDVAに無事合格!

DVA試験に合格しました!CloudTechの問題集のおかげで無事合格しました!

CloudTechのおかげで未経験からSAAに合格!

本日、三度目の正直でAWS SAA取得しました‼️ いや〜、心折れまくったけど、「やってりゃ受かる」を信じて挑み続けました 点数はギリなので、ちゃんと復習します!! 全ては、【Cloud Tech】教材のおかげです!! ありがとうございます 次なる目標に向けて走りだします

未経験からAWSエンジニアへ見事転職!

CloudTech 口コミと評判

CloudTechでAWSの学習を効率よく始める

CloudTech 申し込み手順 割引コード クーポン

CloudTechの登録方法を分かりやすく解説します。

CloudTechの公式サイトへ

まずはCloudTechへアクセスします。

CloudTech

そのまま下部へ進むとプランが選べます。

注意

「無料 0円 で始める」から進むと、フリープランの体験ページへ移動してしまいます。

ページの真ん中あたりで料金プランが表示されています。

CloudTech 料金価格

お好みのプランを選んで「今すぐ購入する」を押します。

CloudTechでは、コストの観点から買い切りプランがお買い得なので一番人気となっています。

未経験からSAAに合格するのにおおよそ3ヶ月程度が目安となるので永久ライセンスが最もオススメです。

当サイトのクーポンコードを利用することで通常よりもお得な割引価格で購入できます。

  • 資格会員 4,680円 (300円OFF)
  • 基本会員 8,660円(1,300円OFF)
  • 永久ライセンス 45,800円 (4,000円OFF)

コードをコピーする→コピーしました!

割引コード
philosophy2305
アカウントと支払い情報を入力する
CloudTech 割引コード クーポンコード

選んだプランを確認してアカウント情報と支払い情報を入力します。

アカウント情報
  • ユーザー名
  • パスワード
  • メールアドレス
支払い情報
  • カード番号
  • 有効期限
  • CVC
  • 割引コード

割引コードに当サイトのクーポンコードを入力することで割引価格となります。

コードをコピーする→コピーしました!

割引コード
philosophy2305
CloudTech 割引コード クーポンコード

クーポン価格が適用されていることを確認したら、利用規約に同意して「購入する」を押します。

お支払い完了メールを受信

有料プランへの支払いが終わると、決済完了のメールが届きます。

CloudTech お支払い

メールに記載されているURLから学習を開始しましょう。

Amazon Route 53のまとめ

Amazon Route 53のまとめ

Amazon Route 53 は、AWSで提供されるDNSサービスです。

Route 53 を使用して、ドメイン名を IP アドレスにマッピングし、インターネット上のユーザーやデバイスにアプリケーションを提供することができます。

  • ドメイン名の登録: Route 53 を使用して、ドメイン名を取得し、登録できます。
  • DNS レコードの管理: Route 53 を使用して、ドメイン名の DNS レコードを作成、編集、削除できます。
  • 負荷分散: Route 53 を使用して、複数のリソースへのトラフィックを分散できます。
  • フェイルオーバー: Route 53 を使用して、エンドポイントに障害が発生した場合にトラフィックを別のエンドポイントにルーティングできます。
  • ヘルスチェック: Route 53はエンドポイントのヘルスを定期的にチェックし、障害が発生した場合にトラフィックを別のエンドポイントに切り替えることができます。
  • セキュリティ: Route 53 を使用して、ドメイン名と DNS レコードを保護できます。

Route 53 を適切に使用することで、アプリケーションを安全かつ効率的に公開することができます。

Route 53 の具体的なメリットは、以下のとおりです。

  • グローバルな可用性: Route 53 は、世界中の 10 か所のデータセンターで提供されています。これにより、世界中のユーザーやデバイスにアプリケーションを提供できます。
  • 高可用性: Route 53 は、冗長な構成で提供されています。これにより、エンドポイントに障害が発生した場合でも、ユーザーはアプリケーションにアクセスできます。
  • スケーラビリティ: Route 53 は、トラフィックの増加に合わせてスケールできます。これにより、アプリケーションの成長に合わせて対応できます。
  • コスト効率性: Route 53 は、使用した分だけ課金されます。これにより、コストを抑えながら必要なサービスを利用できます。

Route 53 は、Web サイトやアプリケーションの公開、マルチリージョンアプリケーションの構築、DNS レコードの管理など、さまざまなユースケースに使用できます。

error: Content is protected !!
\ 今なら限定割引!/
割引コード: philosophy2305
AWSを学ぶならCloudTech
\ 今なら限定割引!/
割引コード: philosophy2305
AWSを学ぶならCloudTech