AWS Storage Gatewayとは? 基本的な概要と使い方を解説

AWS Storage Gatewayとは? 基本的な概要と使い方を解説

記事内に広告を含みます

AWS Storage Gatewayは、AWSが提供するハイブリッドなクラウドストレージソリューションの一つです。

AWS Storage Gatewayは、オンプレミスのデータセンターやオフィス環境とAWSクラウドをシームレスに統合し、データを効率的に移行、バックアップ、およびアーカイブできるように設計されています。

さまざまなストレージプロトコルとクラウドストレージサービスとの間でデータの双方向転送が実現できるのがAWS Storage Gatewayの強みです。

この記事では、AWS Storage Gatewayの基本的な概要や使い方を解説します。

また、ファイルゲートウェイ、ボリュームゲートウェイ、テープゲートウェイといった利用可能な機能やセキュリティ・アクセス制御についても触れます。

AWS Storage Gatewayについて知りたい…

AWS Storage Gatewayの基本的な使い方は?

現役エンジニアが監修

当サイトの記事は、現役エンジニアによる監修のもと運営されております。

文系の哲学部からエンジニアになられた方のアドバイスも掲載しているので参考にしてみてください。

情報参照サイト

AWS Storage Gatewayの基本概要

AWS Storage Gatewayの基本概要

AWS Storage Gatewayは、オンプレミス環境(企業のデータセンターなど)とAWSクラウドストレージサービス(Amazon S3、Amazon Glacier、AWS Backupなど)との間で、シームレスかつ安全な統合ストレージソリューションを提供するサービスです。

このサービスを利用することで、データのバックアップ、アーカイブ、災害復旧、クラウドデータ処理といった管理が容易となります。

  • ハイブリッドクラウドストレージ: Storage Gatewayは、オンプレミスとクラウドストレージの利点を組み合わせたハイブリッドストレージソリューションを提供します。データの安全性とアクセスの容易さを同時に確保できます。
  • データのシームレスな移行: データをAWSクラウドに容易に移行でき、バックアップやアーカイブのプロセスを簡素化します。
  • 異なるストレージタイプへの対応: ファイルゲートウェイ、ボリュームゲートウェイ、テープゲートウェイの3つの主要なゲートウェイタイプがあり、それぞれ異なるストレージニーズに対応しています。
  • データバックアップと災害復旧: 企業のデータバックアップ戦略として、またはオンプレミスのシステムやデータセンターの災害復旧プランの一環として利用できます。
  • セキュリティとコンプライアンス: データは転送中および保存中に暗号化され、セキュリティとコンプライアンスの基準を満たします。

高いセキュリティを維持したまま、ファイルのアクセスや保存が可能です。

具体的には、ファイルゲートウェイボリュームゲートウェイなどの機能があり、それぞれファイルベースのストレージとブロックベースのストレージをサポートしています。

  • ファイルゲートウェイ: NFS(Network File System)またはSMB(Server Message Block)プロトコルを使用して、Amazon S3にファイルベースのデータを格納します。
  • ボリュームゲートウェイ: iSCSIベースのストレージボリュームを提供し、AWSクラウドにデータを同期します。
  • テープゲートウェイ: 物理的なバックアップテープの代わりに、AWS GlacierやAWS Glacier Deep Archiveにデータをアーカイブする仮想テープライブラリ(VTL)を提供します。

Storage Gatewayをうまく活用することで、データの管理と運用を効率化し、コスト削減と運用の柔軟性を実現することができます。

AWS Storage Gatewayのメリット

AWS Storage Gatewayのメリット

AWS Storage Gatewayのメリットを解説します。

  • シームレスなクラウド統合: AWS Storage Gatewayは、オンプレミスインフラストラクチャとAWSクラウド間でデータをシームレスに統合できます。これにより、既存のデータセンターを活用しながらクラウドの弾力性を活かすことができます。
  • さまざまなストレージプロトコルのサポート: NFS、iSCSI、およびVTLなど、異なるストレージプロトコルをサポートするため、さまざまなアプリケーションと統合できます。
  • ハイブリッドストレージオプション: ファイル、ブロック、テープストレージのいずれかを選択し、ハイブリッドストレージソリューションを構築できます。これにより、異なるユースケースに適したストレージタイプを利用できます。
  • セキュリティとデータ保護: AWS Storage Gatewayはデータの圧縮と暗号化をサポートし、データのセキュリティを確保します。また、Amazon VPC内にデプロイすることで、ネットワークセキュリティも向上させることができます。
  • スケーラビリティ: ストレージゲートウェイを追加することで、ストレージ容量やパフォーマンスを必要に応じてスケールアップできます。

AWS Storage Gatewayのデメリット

AWS Storage Gatewayのデメリット

デメリットは次のようになります。

  • クラウドコスト: AWS Storage Gatewayの使用にはAWSのクラウドサービス料金が発生します。データ転送やストレージの使用に関連するコストを考慮する必要があります。
  • 設定と管理の複雑性: オンプレミスとクラウドの統合は設定と管理が複雑であることがあります。正しい構成と設定が必要です。
  • パフォーマンス制約: オンプレミスからのデータ転送にはネットワーク遅延が影響を及ぼす場合があり、パフォーマンスに制約を受けることがあります。
  • 依存性: AWS Storage GatewayはAWSクラウドへの依存があるため、クラウドサービスの可用性に依存することになります。

AWS Storage Gatewayは、ハイブリッドクラウドストレージを実現するための強力なツールですが、利用ケースと要件に応じて適切に評価し、設計することが重要です。

クラウドとオンプレミスの統合を簡素化し、セキュリティとデータ保護を確保しながら、コスト効率を向上させるために使用できます。

ゲートウェイタイプの種類と特徴

ゲートウェイタイプの種類と特徴

AWS Storage Gatewayの中では、ファイルゲートウェイ、ボリュームゲートウェイ、テープゲートウェイといった異なるニーズに対応するための3つの主要なゲートウェイタイプが提供されています。

様々な用途や環境に応じて適切なストレージタイプを選択することが重要です。

ファイルゲートウェイ

ファイルゲートウェイは、AWS Storage Gatewayの中で、ファイルベースのストレージソリューションを提供します。

  • NFS(Network File System)またはSMB(Server Message Block)プロトコルを利用して、オンプレミスのアプリケーションからAWSクラウドへのファイルストレージアクセスを可能にします。
  • ファイルはAmazon S3に直接保存され、S3の機能(耐久性、スケーラビリティ、セキュリティなど)を利用できます。
  • データは転送中および保存中に暗号化されます。

例えば、オンプレミス環境にあるファイルシステムを、Amazon S3に直接アクセスできる形にマッピングすることで、シームレスなデータ管理が可能となります。

適用例としては、共有ファイルやバックアップデータの保存が挙げられます。

  • データバックアップ、ファイル共有、コンテンツ管理など。
  • クラウドベースのデータ分析や処理にアクセスするために、オンプレミスのデータをAWSに移動する場合。

ボリュームゲートウェイ

ボリュームゲートウェイ

ボリュームゲートウェイは、ブロックレベルのストレージを提供し、オンプレミスの環境でiSCSIベースのストレージボリュームを使用します。

  • ストアドボリュームモード: データをオンプレミスに保存し、AWSにバックアップします。
  • キャッシュドボリュームモード: プライマリデータはAWSに保存され、よく使うデータのみをローカルにキャッシュします。
  • Amazon EBS(Elastic Block Store)スナップショットを利用して、データのバックアップと復元が可能です。

オンプレミス環境のディスクをクラウドストレージに連携させることができ、アプリケーションやデータベースなどのブロックレベルストレージを効果的に管理できます。

キャッシュやスナップショット機能もサポートされており、高い可用性と性能が期待できます。

  • オンプレミスのアプリケーションに必要なブロックレベルのストレージをクラウドで実現。
  • データバックアップ、災害復旧、データの移行など。

テープゲートウェイ

テープゲートウェイは、クラウドベースのバーチャルテープライブラリ(VTL)を提供し、物理的なテープインフラストラクチャの代替として機能します。

  • 物理的なテープバックアップの代わりに、AWS GlacierやAWS Glacier Deep Archiveに仮想テープを保存します。
  • 既存のバックアップアプリケーションとシームレスに連携し、クラウドへのバックアップを実現します。

使用例としては、バックアップアーカイブが挙げられます。

  • 長期間のデータ保持、アーカイブ、コンプライアンス要件に対応。
  • 物理的なテープバックアップソリューションの代替として、コスト削減と運用効率の向上。

具体的には、オンプレミスのデータをAWSへとアーカイブし、クラウド上でのデータ保管を実現するシナリオがあります。

データは暗号化された状態で転送され、保存先にはAmazon S3やAmazon Glacierを選ぶことが可能です。

テープゲートウェイはiSCSIプロトコルを使用し、既存のバックアップアプリケーションとの連携が容易となっています。

AWS Storage Gatewayにおけるセキュリティとアクセス制御

AWS Storage Gatewayにおけるセキュリティとアクセス制御

AWS Storage Gatewayは、データのセキュリティとアクセス制御に関して、複数のメカニズムを提供しています。

これらをうまく設定することでデータを保護し、最小限のアクセス管理を実現することが可能です。

データのアクセスを制限するためには、適切な設定が必要です。

まず、ネットワークセキュリティを確保するため、ファイアウォールやACLの設定を行います。

次に、ユーザーやグループごとに許可されたアクションを制限するアクセスポリシーを設定します。

アクセスポリシーの設定には、AWS Identity and Access Management (IAM)を使用します。

IAMでは、ユーザーの権限管理が可能であり、セキュリティを向上させることができます。

データ転送と保存時の暗号化

データ転送時には、SSL/TLSを活用した暗号化が行われ、データの漏洩リスクを最小限に抑えます。

保存時にも、サーバーサイド暗号化を行い、保管されるデータのセキュリティを高めます。

この暗号化には、AWS Key Management Serviceを用いることができます。

このサービスにより、鍵の管理や暗号化の設定が容易になります。

データの暗号化は、適切なセキュリティを確保する上で重要な要素となりますので、忘れずに行ってください。

アクセスポリシーの設定方法

アクセスポリシーの設定は、AWS Identity and Access Management (IAM)を使用して行います。

IAMポリシーは、JSON形式で記述され、ユーザーやグループに適用されます。

ポリシーの設定には、AWS Management Consoleを活用します。

ポリシーには、許可されるアクションやリソース、エフェクト(許可または拒否)等を定義します。

ポリシーの設定は、細かいアクセス制御が可能であり、セキュリティの強化に寄与します。

AWS Storage Gatewayの導入と運用

AWS Storage Gatewayの導入と運用

AWS Storage Gatewayの導入は、簡単で迅速に行えます。

オンプレミス環境とAWSをつなぐためのゲートウェイアプライアンスを選択し、ダウンロードしてデプロイします。

運用には、AWSコンソールやCLIを用いて、リソースの管理、監視、メンテナンスが可能です。

適切な設定や管理を行うことで、効率的なストレージソリューションを実現できます。

無料で始める方法とコスト最適化

AWSでは無料枠を提供しており、最初の設定や試用が容易です。

ただし、無料枠を超過した場合は料金が発生します。

コスト最適化のため、定期的なアクセスやデータ転送量を把握し、課金を適切に管理することが重要です。

また、データのライフサイクルポリシーを活用して、アーカイブや削除をスケジュール化することでコストを削減することが可能です。

ローカルキャッシュとネットワークパフォーマンス

ローカルキャッシュとネットワークパフォーマンス

ローカルキャッシュはAWS Storage Gatewayサービスの重要な機能であり、オンプレミス環境とAWSクラウド間のデータアクセスを効率化します。

ネットワークパフォーマンス向上の理由は、一部のデータがローカルストレージにキャッシュされ、迅速なアクセスが可能になることです。

具体例としては、ファイルゲートウェイにおいて、頻繁に使用されるデータがいつでも高速にアクセスできるよう、ローカルキャッシュを利用することが挙げられます。

また、ネットワークの負荷も軽減され、全体的なパフォーマンスが向上します。

AWS Storage Gatewayのユースケース

AWS Storage Gatewayのユースケース

AWS Storage Gatewayのユースケースとして以下のような例があります。

  • ファイル共有やコラボレーションのサポート
  • オンプレミスのアプリケーションからS3へのデータアーカイブ
  • オンプレミス環境のEBSボリュームバックアップの効率化

これらのユースケースにおいて、AWS Storage Gatewayはコストの削減や運用の効率化を実現します。

ハイブリッドクラウドストレージの構築

ハイブリッドクラウドストレージの構築はAWS Storage Gatewayを利用することで効率的に実現できます。

オンプレミス環境とAWSクラウドをシームレスに統合し、データストレージやバックアップを柔軟に管理できます。

また、維持管理の負担軽減や手間を省くことでハイブリッドクラウド環境の運用が効率化されます。

データバックアップとディザスタリカバリ

データバックアップとディザスタリカバリにおいて、AWS Storage Gatewayはオンプレミス環境のデータをクラウドに保存することで、耐久性と信頼性の高いバックアップを実現します。

ディザスタリカバリの際にも、クラウド上のデータを迅速に復元し、業務の継続性を確保できます。

AWSをコスパよく学ぶならCloudTech

CloudTech

CloudTech(クラウドテック)は元GMOの主任エンジニアであるくろかわ こうへいさんが提供するAWSの学習に特化したオンライン学習スクールです。

AWSのオンライン学習スクールの規模としては日本最大級で会員数は2024年7月時点で4,800名以上となっています。

CloudTechなら自分のライフスタイルに合わせて、どこよりもコスパよくAWSの学習が行えます。

  • AWS認定資格に最短効率で合格したい
  • 未経験からAWSエンジニアにキャリアアップしたい
  • ハンズオン学習で実践的なスキルを身に付けたい

AWSを学ぶ上で「資格取得の勉強方法」「実践的スキルの身につけ方」に悩んでいる方はCloudTechがおすすめです。

CloudTech
 (4.8)

コスパ良くAWSを学ぶなら、ココで決まり!

CloudTechは日本最大級のAWSに特化したオンライン学習スクールです。SAAやDOPをはじめとする全10資格に対応。280本以上もの動画から効率よくAWSが学べます。

今なら限定割引クーポンあり

コードをコピーする→コピーしました!

割引コード
philosophy2305
フリーコース会員無料
(問題5問)
資格会員4,980円
4,680円
(全AWS認定資格の問題のみ利用可能)
基本会員9,960円
8,660円
(資格会員の内容+基本コンテンツが全て利用可能)
永久ラインセンス49,800円
45,800円
(買い切りプラン/全てのコンテンツが追加料金なしで永久に利用可能)
対応資格AWS 全10資格
動画の数320本以上
ハンズオン学習あり
学習のしやすさ迷わず体系的に学習できるロードマップあり
ブックマーク機能で復習がとても簡単
会員制コミュニティ実績のあるAWSエンジニアが多数在籍
豊富な合格体験記で一次情報を入手
基本会員以上なら転職サポートあり
※表示価格はクーポン適用後の割引価格となります。

また、未経験からAWSエンジニアを目指せるCloudTech Academyがあります。

CloudTech Academyとは? 未経験からAWSエンジニアになれる理由や評判、口コミを解説 【割引クーポンあり】CloudTech Academyとは? 未経験からAWSエンジニアを目指せる理由や評判、口コミを解説

プロによる解説だから未経験者でも続けられる!

AWS CLF

CloudTech(クラウドテック)を運営するくろかわ こうへいさんは、Youtubeで5年以上もAWSに関する情報を発信しているため、解説がプロ級に分かりやすくなっています。

教材は動画ベースで作成されている上に一本あたりの動画は平均7分程度で構成されているため、通勤時の学習も可能です。

cloudtech レビュー
cloudtech レビュー

1年ほどCloudTechを利用して感じたのは、学習のしやすさです。

AWSのサービスごとに学習する内容が選べる上に、スマホ表示にも対応しています。

未経験者でも挫折することのないようイラストや図が豊富に使われているのもオススメできるポイントです。

コミュニティ限定の一次情報で効率よく資格取得できる!

コミュニティ限定の一次情報で効率よく資格取得できる

CloudTechには、AWS認定資格合格体験記があります。

合格体験記には、CloudTechに所属するメンバーがAWS認定資格に合格した際の「スコア」「勉強時間」「使用した教材」「アドバイス」などが記載されています。

未経験者や経験者の情報も載っているため、自分に近い環境の人たちがどのように合格できたのか知ることができます。

基本会員以上であれば、ログイン後の「ご案内ページ」で合格体験記は閲覧可能です。

また、SlackにあるAWS認定資格のスレッドからはリアルタイムで合格者の一次情報が手に入ります。

AWSでは、上位資格になるほど出回っている情報が少ないため一次情報は貴重です。

CloudTechの一次情報を利用してライバルよりも効率よく学習し最短で資格を取得しましょう。

本番同様レベルの演習問題が多数収録!

AWS資格(全10試験)全てに対応

CloudTechでは、本番レベルの演習問題が多数あります。

CLF420問SAP300問
SAA230問ANS350問
SOA180問SCS380問
DVA260問MLS170問
DEA80問
DOP190問

演習問題を繰り返すことが合格への最短ルートです。

CloudTech (クラウドテック) ブックマーク機能

間違えた問題はブックマーク機能を活用して本番試験の直前に見直しましょう。

ポイント

CloudTechの演習問題は本番試験と同じ出題形式です。

演習問題のレベルも本試験と同様な上に解説も丁寧に作られています。

定期的に問題の内容も見直されているのでトップレベルの演習問題を求めるなら迷わずCloudTechを選びましょう。

また、本番と同じ制限時間・問題数で練習できる模擬試験も用意されています。

CloudTechのメリット・デメリット

CloudTech(クラウドテック) メリット デメリット

CloudTechのメリット

  • プロによる解説だから初心者でも安心して学べる
  • コミュニティ限定の一次情報で効率よく学習できる
  • 本番レベルの演習問題で対策できる
  • ハンズオン学習でAWSの確かな技術力が身につく
  • SAA取得後はAWSを使った優良企業への転職サポートが受けられる

未経験者であってもCloudTechなら、演習問題を繰り返すだけでAWS認定資格への合格が狙えます。

将来的にAWS クラウドエンジニアへの転職を狙っている方は転職サポートの利用も検討してみてください。

また、くろかわ こうへいさんによる無料のkindle書籍でAWSの基本的なサービスを復習しましょう。

CloudTechのデメリット

  • 自分で学習を進める必要がある

CloudTechは一般的な学習スクールと違って担当者がつくわけではありません。

ある程度の自走力が求められます。

仕事で疲れて勉強できない場合は、ソファで横になりながら動画だけでも再生しましょう。

決まった時間に勉強を開始する習慣を身に付けたい場合には、スマホのリマインダーを活用してみてください。

CloudTechの評判は良い・悪い? リアルな口コミと評判

CloudTech クラウドテック 口コミ 評判

Xには、CloudTechのおかげでAWS認定資格に合格できたとの報告が多数あります。

CloudTechの演習問題でDVAに無事合格!

DVA試験に合格しました!CloudTechの問題集のおかげで無事合格しました!

CloudTechのおかげで未経験からSAAに合格!

本日、三度目の正直でAWS SAA取得しました‼️ いや〜、心折れまくったけど、「やってりゃ受かる」を信じて挑み続けました 点数はギリなので、ちゃんと復習します!! 全ては、【Cloud Tech】教材のおかげです!! ありがとうございます 次なる目標に向けて走りだします

未経験からAWSエンジニアへ見事転職!

CloudTech 口コミと評判

CloudTechでAWSの学習を効率よく始める

CloudTech 申し込み手順 割引コード クーポン

CloudTechの登録方法を分かりやすく解説します。

CloudTechの公式サイトへ

まずはCloudTechへアクセスします。

CloudTech

そのまま下部へ進むとプランが選べます。

注意

「無料 0円 で始める」から進むと、フリープランの体験ページへ移動してしまいます。

ページの真ん中あたりで料金プランが表示されています。

CloudTech 料金価格
  •  資格会員: 資格取得だけを目的とする方
  •  基本会員: 資格取得に加えてAWSの学習とコミュニティへの参加を希望する方
  •  永久ライセンス: 初心者の方や複数の資格を取得して3年後に更新も行いたい方

将来的に複数の資格を同時に保持したい方は、資格更新のタイミングもあるため永久ライセンスが最もお得となっています。

また、未経験からSAAを目指す場合にも3ヶ月程度かかるため永久ライセンスがベストな選択肢になります。

cloudtech クラウドテック 永久ライセンス

お好みのプランを選んで「今すぐ購入する」を押します。

当サイトのクーポンコードを利用することで通常よりもお得な割引価格で購入できます。

  • 資格会員 4,680円 (300円OFF)
  • 基本会員 8,660円(1,300円OFF)
  • 永久ライセンス 45,800円 (4,000円OFF)

コードをコピーする→コピーしました!

割引コード
philosophy2305
アカウントと支払い情報を入力する
CloudTech 割引コード クーポンコード

選んだプランを確認してアカウント情報と支払い情報を入力します。

アカウント情報
  • ユーザー名
  • パスワード
  • メールアドレス
支払い情報
  • カード番号
  • 有効期限
  • CVC
  • 割引コード

割引コードに当サイトのクーポンコードを入力することで割引価格となります。

コードをコピーする→コピーしました!

割引コード
philosophy2305
CloudTech 割引コード クーポンコード

クーポン価格が適用されていることを確認したら、利用規約に同意して「購入する」を押します。

お支払い完了メールを受信

有料プランへの支払いが終わると、決済完了のメールが届きます。

CloudTech お支払い

メールに記載されているURLから学習を開始しましょう。

AWS Storage Gatewayのまとめ

AWS Storage Gatewayのまとめ

AWS Storage Gatewayは、オンプレミス環境とAWSクラウドをつなぐネットワークパフォーマンスの最適化ハイブリッドクラウド環境の構築、データバックアップやディザスタリカバリの実現など多くのメリットを提供します。

  • ハイブリッドクラウドストレージ: オンプレミスとクラウドストレージの利点を組み合わせたソリューションです。
  • データのシームレスな移行: オンプレミスのデータをAWSクラウドに簡単に移行できます。
  • セキュリティとコンプライアンス: データは転送中および保存中に暗号化され、IAMを使用した細かいアクセス制御が可能です。
  • さまざまなゲートウェイタイプ:ファイルゲートウェイ、ボリュームゲートウェイ、テープゲートウェイといった異なるニーズに対応

AWS Storage Gatewayは、オンプレミスとクラウドの間でデータを効率的に管理し、コスト削減と運用の柔軟性を提供する一方で、セキュリティとデータ保護の面でも高い基準を維持します。

error: Content is protected !!
\ AWS資格の一発合格率 90%以上!/
割引コード: philosophy2305
AWSを学ぶならCloudTech
\ AWS資格の一発合格率 90%以上!/
割引コード: philosophy2305
AWSを学ぶならCloudTech