Amazon EBSとは? 基本的な概要と使い方を解説

Amazon EBSとは? 基本的な概要と使い方を解説

記事内に広告を含みます

Amazon EBS(Elastic Block Store)は、AWSのクラウドコンピューティングプラットフォームで提供されるブロックストレージサービスです。

EBSは、仮想マシンのストレージとして使用され、データベースやウェブアプリケーションなどのさまざまな用途に利用できます。

たとえば、EBSはEC2インスタンスと連携して使用することで、データの永続的な保存と可用性を確保できます。

この記事では、Amazon EBSの基本概要からメリット・デメリット、使い方について解説します。

EBSを適切に活用したい方は、参考にしてみてください。

Amazon EBSについて知りたい…

Amazon EBSの基本的な使い方は?

現役エンジニアが監修

当サイトの記事は、現役エンジニアによる監修のもと運営されております。

文系の哲学部からエンジニアになられた方のアドバイスも掲載しているので参考にしてみてください。

情報参照サイト

Amazon EBSの基本概要

Amazon EBSの基本概要

Amazon EBSはAWSが提供する、ブロックレベルのストレージサービスです。

EBSは、クラウドベースの仮想マシン(EC2インスタンス)に接続され、データの永続的な保存とブロックレベルのストレージを提供します。

  • ブロックストレージ:EBSは、データをブロック単位で管理するストレージサービスであり、ファイルシステム、データベース、アプリケーション、および仮想マシンのストレージを提供します。
  • 永続的なデータ: EBSボリュームはデータの永続的な保存を提供し、EC2インスタンスの停止、再起動、終了に関係なくデータを保持します。
  • データのスナップショット: EBSボリュームのスナップショットを取得できます。データのバックアップ、リカバリ、および新しいボリュームの作成が容易になります。
  • 高い可用性:EBSボリュームはAWSの可用性ゾーン内で冗長化されるため、高い可用性と耐久性が提供できます。
  • 異なるボリュームタイプ:EBSは異なるボリュームタイプを提供することで、ユースケースに合わせて選択可能です。
  • サイズのスケーリング:EBSボリュームのサイズは必要に応じて拡張できるため、データの成長に柔軟に対応できます。
  • スナップショットからの新しいボリューム作成:スナップショットを使用して新しいEBSボリュームを作成することで、データの複製や移行に役立ちます。
  • 暗号化:Amazon EBSはデータを暗号化するためのオプションを提供し、セキュリティを向上させます。AWS Key Management Service(KMS)との統合もサポートされています。

EBSをうまく活用することで、データベースやアプリケーション構築時に必要なストレージボリュームをスムーズに作成し、アタッチすることが可能です。

また、EBSボリュームは、データの耐久性やセキュリティを向上させるため、複数のアベイラビリティゾーンに自動的にデータを複製保存します。 障害が発生した場合でもデータが失われるリスクを軽減できます。

さらに、EBSスナップショット機能を利用することで、データを瞬時にバックアップし、リージョン間でのデータ移行も容易に行えます。

まとめると、EBSは開発環境や運用環境でのストレージ管理においてコストパフォーマンスが高く、非常に柔軟なストレージサービスです。

Amazon EBSの機能やメリット・デメリット

Amazon EBSの機能

Amazon EBSは、AWSクラウド内でのデータストレージとバックアップのための重要なサービスであり、多くの異なるユースケースで使用されています。

Amazon Elastic Block Store(EBS)は、さまざまなボリュームタイプを提供しており、それぞれのボリュームタイプには異なる特性があります。

  • 汎用SSD
  • プロビジョニングIOPS SSD
  • ハードディスクドライブ (HDD)
  • Cold HDD

各ボリュームタイプには異なる特性と価格があり、特定のユースケースに適しています。

EBSは、アプリケーションの要件に合わせて最適なボリュームタイプを選択できます。また、必要に応じてボリュームサイズを調整できるため、柔軟性が高いのも特徴です。

また、EBSはSSD(Solid State Drive)とHDD(Hard Disk Drive)の両方のタイプが提供されており、それぞれの用途に合わせて最適なストレージを選択できます。

さらに、EBSはAWSのデータ管理やセキュリティポリシーに対応しており、暗号化機能やアクセス管理機能を利用することができます。

上記の特徴により、EBSはさまざまな業務環境で信頼性と効率の高いストレージシステムを構築できます。

Amazon EBSのメリット

Amazon EBSのメリット

Amazon Elastic Block Store(EBS)の使用には多くのメリットがあります。

  • 高いパフォーマンス: EBSは、読み取りと書き込みのパフォーマンスが非常に高いです。汎用ボリュームは、ボリュームのサイズによってパフォーマンスが異なります。プロビジョニングされたIOPS ボリュームと io2 ボリュームは、特定の IOPS パフォーマンスを保証します。
  • 高い可用性: EBSボリュームは、AWSのアベイラビリティゾーン内で冗長化されます。障害が発生した場合に自動的にフェイルオーバーが行われるため、データの可用性が向上します。
  • スケーラビリティ: EBSボリュームのサイズは必要に応じて拡張できます。データの成長に柔軟に対応できます。
  • コスト効率: EBSは、使用量に応じて課金される従量課金制です。必要なストレージ容量とパフォーマンスを適切に選択することで、コストを抑えることができます。
  • セキュリティ: EBSは、データを暗号化するためのオプションを提供します。

Amazon EBSはAWSクラウド上でのデータストレージとバックアップにおいて非常に重要なサービスとなっています。

EBSを使用することで、データの永続的な保存とアプリケーションの可用性を確保できます。

Amazon EBSのデメリット

Amazon EBSのデメリット

Amazon EBSのデメリットは、以下のとおりです。

  • コスト: EBSは、使用量に応じて課金される従量課金制です。必要なストレージ容量とパフォーマンスを適切に選択することで、コストを抑えることができますが、オンプレミスのストレージよりもコストがかかる場合があります。
  • 複雑さ: EBSは、さまざまな機能とオプションを提供するため、設定が複雑になる場合があります。

上記のデメリットは特定のユースケースに影響を与える可能性があります。

使用する際には、要件や制約に応じて検討し、適切な戦略を採用することが重要です。

Amazon EBSのコスト

Amazon EBSのコスト

AWS EBSのコストは、いくつかの要因によって決まります。

  • ボリュームのサイズ: EBSボリュームのサイズは、料金に大きな影響を与えます。ボリュームのサイズが大きいほど、料金も増加します。サイズはGB単位で計測されます。
  • ボリュームのタイプ: EBSボリュームには異なるタイプがあり、それぞれのタイプに対して異なる価格設定があります。一般的なボリュームタイプ(汎用SSD、プロビジョニングIOPS SSD、HDDなど)に応じて料金が異なります。
  • IOPS(Input/Output Operations Per Second): プロビジョニングIOPS SSDボリュームを使用する場合、ボリュームのIOPS設定によって料金が変動します。
  • データのスナップショット: EBSボリュームからのスナップショットの作成や保持には、追加の料金がかかります。スナップショットはデータのバックアップや災害復旧に役立ちます。
  • 暗号化: データの暗号化を有効にする場合、暗号化に使用されるキーの管理に関連するコストがかかります。AWS Key Management Service(KMS)を使用する場合、KMSの利用に関する料金も発生します。
  • データ転送: EBSボリュームからのデータ転送は、GB単位で課金されます。データ転送の単価は、リージョンによって異なります。
  • リージョン: EBSボリュームの利用するAWSリージョンによって料金が異なります。異なるリージョンでEBSボリュームを使用する場合、料金の違いを考慮する必要があります。

EBSのコストは、ユースケースによって異なります。

例えば、データベースやウェブアプリケーションのストレージには、プロビジョニングされた IOPS ボリュームまたは io2 ボリュームを使用すると、高いパフォーマンスが必要なため、コストが高くなります。

ファイル共有などは、標準ボリュームを使用すると、コストを抑えることができます。

Amazon EBSのボリュームタイプ

Amazon EBSのボリュームタイプ

AWS EBSには、それぞれ異なるパフォーマンスとコスト特性を持つ複数のボリュームタイプが存在します。

以下に主要なボリュームタイプを紹介します。

  • 汎用SSD
  • プロビジョニングIOPS SSD
  • ハードディスクドライブ (HDD)
  • Cold HDD
汎用 SSD ボリュームProvisioned IOPS SSD ボリューム
ボリュームタイプgp3io2
耐久性99.8%~99.9% の耐久性 (0.1%~0.2% の年間故障率)99.8%~99.9% の耐久性 (0.1%~0.2% の年間故障率)
ユースケーストランザクションワークロード、仮想デスクトップ、中規模の単一インスタンスデータベース、低レイテンシーのインタラクティブなアプリケーション、ブートボリューム、開発・テスト環境持続的な IOPS パフォーマンスまたは 16,000 IOPS 以上のパフォーマンスを必要とするワークロード、I/O 集約型のデータベースワークロード
ボリュームサイズ1GiB – 16TiB4 GiB~16 TiB
ボリュームあたりの最大 IOPS (16 KiB I/O)16,00064,000 †
ボリュームあたりの最大スループット1,000 MiB/秒1,000 MiB/秒
スループット最適化 HDD ボリュームCold HDD ボリューム
ボリュームタイプst1sc1
耐久性99.8%~99.9% の耐久性 (0.1%~0.2% の年間故障率)99.8%~99.9% の耐久性 (0.1%~0.2% の年間故障率)
ユースケースビッグデータ、データウェアハウス、ログ処理、アクセス頻度の低いデータ用のスループット指向ストレージ、低いストレージコストが重視されるシナリオビッグデータ、データウェアハウス、ログ処理、アクセス頻度の低いデータ用のスループット指向ストレージ、低いストレージコストが重視されるシナリオ
ボリュームサイズ125 GiB~16 TiB125 GiB~16 TiB
ボリュームあたりの最大 IOPS (1 MiB I/O)500250
ボリュームあたりの最大スループット500 MiB/秒250 MiB/秒
Amazon EBS マルチアタッチサポート外サポート外
ブートボリュームサポート外サポート外

用途や性能要件に応じて適切なボリュームタイプを選択することで、効果的にストレージコストや性能を最適化することができます。

汎用SSD(gp3)

汎用SSD(gp3)は、多くのワークロードに適したバランスの取れた性能とコストを提供するEBSボリュームタイプです。

汎用SSDは、最大16,000 IOPSを実現できるため、データベースや仮想デスクトップなどの用途に最適です。

また、ストレージ容量は1GBから16TBまで選択可能で、必要に応じた柔軟な容量管理ができます。

読み取りと書き込みのパフォーマンスは、ボリュームのサイズによって異なります。

汎用SSDは、トランザクションワークロード、仮想デスクトップ、中規模の単一インスタンスデータベース、低レイテンシーのインタラクティブなアプリケーションなどで使われます。

プロビジョンドIOPS(io2)

プロビジョンドIOPS(io2)は、特定のIOPSパフォーマンスを保証するSSDボリュームです。

プロビジョンドIOPS(io2)は、高いパフォーマンスを求めるミッションクリティカルなワークロード向けのEBSボリュームタイプです。

io2は最大64,000 IOPSと1,000 MB/sのスループットを実現し、大規模なデータベースやハイパフォーマンスアプリケーション向けに設計されています。

また、ストレージ容量は4GBから16TBまで選択可能で、需要に応じた適切な容量を確保できます。

プロビジョンドIOPSは、持続的なIOPSパフォーマンスまたは16,000 IOPS以上のパフォーマンスを必要とするワークロード、I/O集約型のデータベースワークロードで利用されます。

ハードディスクドライブ (HDD)

スループット最適化HDD(st1)は、大規模なデータベースやデータ処理の作業負荷に対応したストレージタイプです。

スループット最適化HDD(st1)には、以下のような特徴があります。

  • 高いデータ転送能力: 連続したデータ読み書きに対応し、タイムリーな処理が可能
  • 費用対効果: 料金設定が比較的リーズナブルで、大容量のデータを適切なコストで管理
  • 用途: データウェアハウスやバックアップシステムに適した選択肢

スループット最適化HDD(st1)は、ビッグデータ、データウェアハウス、ログ処理、アクセス頻度の低いデータ用のスループット指向ストレージ、低いストレージコストが重視されるシナリオなどで利用されます。

コールドHDD(sc1)

コールドHDD(sc1)は、さらに低コストのHDDボリュームです。

長期間アクセスされないデータを保存するのに適しています。

コールドHDD(sc1)には、以下のような特徴があります。

  • 低コスト: 長期保管やアーカイブに適した、低価格のストレージオプション
  • 追加ストレージ: 頻繁にアクセスしないデータの保存に適しており、必要に応じて容量を追加できる
  • データ保護: 障害からデータを守るため、耐久性の高いストレージシステム

コールドHDD(sc1)は、アーカイブやバックアップ、データ保管などの用途に最適で、低いコストでデータを安全に保管できます。

Amazon EBSの使い方

Amazon EBSの使い方

Amazon Elastic Block Store(EBS)の基本的な使い方は、次のようになります。

  1. ボリュームの作成
  2. ボリュームのアタッチ
  3. ボリュームのマウント
  4. ボリュームのデタッチ
  5. ボリュームの削除

ボリュームの作成

まず、Amazon EBSコンソールまたはAWS CLIを使用して、EBS ボリュームを作成します。

ボリュームタイプ(汎用SSD、Provisioned IOPS SSD、ハードディスクドライブなど)やサイズを指定します。

ボリュームのアタッチ

作成したEBSボリュームを、Amazon EC2インスタンスにアタッチします。

ボリュームをアタッチすると、インスタンスのブロックデバイスとして認識されます。

これにより、EC2インスタンスとEBSボリュームが関連付けられます。

ボリュームのマウント

ボリュームをインスタンスからマウントして、データを保存します。

ボリュームのデタッチ

ボリュームの使用を終了したら、インスタンスからデタッチします。

ボリュームの削除

ボリュームを削除すると、データは失われます。

Amazon EBSのコツ

Amazon EBSのコツ

Amazon Elastic Block Store(EBS)を効果的に使用するためには以下の点を意識してみてください。

  • ボリュームタイプを適切に選択する: ボリュームタイプは、パフォーマンスとコストに影響します。ユースケースに合わせて、適切なボリュームタイプを選択することが重要です。
  • ストレージ容量を適切に選択する: ストレージ容量は、ボリュームのコストに影響します。必要なストレージ容量を適切に選択することで、コストを抑えることができます。
  • パフォーマンスを適切に管理する: ボリュームタイプとストレージ容量によって、ボリュームのパフォーマンスが異なります。必要なパフォーマンスを適切に管理することで、パフォーマンスを向上させることができます。
  • スナップショットを活用する: スナップショットを活用することで、データのバックアップと復元を簡単に行うことができます。
  • セキュリティを強化する: 暗号化オプションを有効にすることで、データのセキュリティを強化できます。

上記のコツを実践することで、Amazon EBSを効果的に活用することでパフォーマンスを最適化し、コストを最小限に抑えることができます。

スナップショットを利用したバックアップ方法

スナップショットを利用したバックアップ方法

スナップショットを利用することで、Amazon EBSボリュームのデータを簡単かつ効率的にバックアップできます。

スナップショットのおおまかな作成手順は次のようになります。

  1. スナップショットを作成: Amazon EBSコンソールまたはAWS CLIを使用して、スナップショットを作成します。スナップショットを作成すると、ボリュームの状態がバックアップされます。
  2. スナップショットを復元する: スナップショットを復元すると、ボリュームの状態を以前の状態に戻すことができます。

スナップショットは、ボリュームの状態をバックアップするものです。

そのため、ボリュームに変更を加えると、スナップショットには反映されません。

また、スナップショットは、永久に保存されるわけではありません。スナップショットの保持ポリシーを設定することで、スナップショットの保持期間を指定できます。

スナップショットを利用したバックアップ方法は、データ保護に役立つだけでなく、アプリケーションの開発やテスト環境の構築にも有用です。

Amazon EBSとEC2インスタンスの関係

Amazon EBSとEC2インスタンスは、AWSで提供されている2つのサービスです。

EBSは、ストレージサービスを提供しており、EC2インスタンスは、仮想サーバーを提供しています。

Amazon EBSは、EC2インスタンスにアタッチして使用します。

EBSボリュームをEC2インスタンスにアタッチすると、インスタンスのブロックデバイスとして認識されます。インスタンスからEBSボリュームをマウントして、データを保存できます。

Amazon EBSとEC2インスタンスの関係は、以下のとおりです。

  • Amazon EBSは、EC2インスタンスのストレージを提供します。
  • EBSボリュームは、EC2インスタンスにアタッチして使用します。
  • EBSボリュームをインスタンスからマウントして、データを保存できます。

Amazon EBSとEC2インスタンスを組み合わせることで、さまざまなユースケースに対応できます。

例えば、データベースのストレージ、ウェブアプリケーションのストレージ、ファイル共有、バックアップなどのユースケースに利用できます。

Amazon EBSとS3の比較

Amazon EBSとS3の違いを簡単に解説します。

EBSは、ブロックストレージを提供するサービスであり、S3は、オブジェクトストレージを提供するサービスです。

Amazon EBSAmazon S3
ストレージタイプブロックストレージオブジェクトストレージ
アクセス方法EC2インスタンスにアタッチして使用インターネット経由でアクセス
パフォーマンス高い低い
可用性高い高い
コストストレージ容量とボリュームタイプによって異なるストレージ容量とアクセス頻度によって異なる
ユースケースデータベース、ウェブアプリケーション、ファイル共有、バックアップ静的ウェブコンテンツ、メディアファイル、バックアップ、アーカイブ

EBSはブロックレベルのストレージで、EC2インスタンスに接続して使用され、データベースやアプリケーションのデータを保存するのに適しています。

一方、S3はオブジェクトストレージで、インターネット経由でアクセスできます。S3は、静的なコンテンツやバックアップデータを保管するのに適している。

AWSをコスパよく学ぶならCloudTech

CloudTech

CloudTech(クラウドテック)は元GMOの主任エンジニアであるくろかわ こうへいさんが提供するAWSの学習に特化したオンライン学習スクールです。

AWSのオンライン学習スクールの規模としては日本最大級で会員数は2024年5月時点で4,500名以上となっています。

CloudTechなら自分のライフスタイルに合わせて、どこよりもコスパよくAWSの学習が行えます。

  • AWS認定資格に最短効率で合格したい
  • 未経験からAWSエンジニアにキャリアアップしたい
  • ハンズオン学習で実践的なスキルを身に付けたい

AWSを学ぶ上で「資格取得の勉強方法」「実践的スキルの身につけ方」に悩んでいる方はCloudTechがおすすめです。

CloudTech
 (4.8)

コスパ良くAWSを学ぶなら、ココで決まり!

CloudTechは日本最大級のAWSに特化したオンライン学習スクールです。SAAやDOPをはじめとする全10資格に対応。280本以上もの動画から効率よくAWSが学べます。

今なら限定割引クーポンあり

コードをコピーする→コピーしました!

割引コード
philosophy2305
フリーコース会員無料
(問題5問)
資格会員4,980円
4,680円
(全ての試験問題のみ)
基本会員9,960円
8,660円
(全て利用可能/優良企業への転職サポートあり)
永久ラインセンス49,800円
45,800円
(買い切りプラン/優良企業への転職サポートあり)
対応資格AWS 全10資格
動画の数280本以上
ハンズオン学習あり
学習のしやすさ迷わず学習できるロードマップカリキュラムあり
ブックマーク機能で復習がとても簡単
会員制コミュニティ実績のあるAWSエンジニアが多数在籍
豊富な合格体験記で最新情報を入手
※表示価格はクーポン適用後の割引価格となります。

また、未経験からAWSエンジニアを目指せるCloudTech Academyがあります。

CloudTech Academyとは? 未経験からAWSエンジニアになれる理由や評判、口コミを解説 【割引クーポンあり】CloudTech Academyとは? 未経験からAWSエンジニアを目指せる理由や評判、口コミを解説

プロによる解説だから未経験者でも続けられる!

AWS CLF

CloudTech(クラウドテック)を運営するくろかわ こうへいさんは、Youtubeで5年以上もAWSに関する情報を発信しているため、解説がプロ級に分かりやすくなっています。

教材は動画ベースで作成されている上に一本あたりの動画は平均7分程度で構成されているため、通勤時の学習も可能です。

cloudtech レビュー
cloudtech レビュー

1年ほどCloudTechを利用して感じたのは、学習のしやすさです。

AWSのサービスごとに学習する内容が選べる上に、スマホ表示にも対応しています。

未経験者でも挫折することのないようイラストや図が豊富に使われているのもオススメできるポイントです。

コミュニティ限定の一次情報で効率よく資格取得できる!

コミュニティ限定の一次情報で効率よく資格取得できる

CloudTechには、AWS認定資格合格体験記があります。

合格体験記には、CloudTechに所属するメンバーがAWS認定資格に合格した際の「スコア」「勉強時間」「使用した教材」「アドバイス」などが記載されています。

未経験者や経験者の情報も載っているため、自分に近い環境の人たちがどのように合格できたのか知ることができます。

基本会員以上であれば、ログイン後の「ご案内ページ」で合格体験記は閲覧可能です。

また、SlackにあるAWS認定資格のスレッドからはリアルタイムで合格者の一次情報が手に入ります。

AWSでは、上位資格になるほど出回っている情報が少ないため一次情報は貴重です。

CloudTechの一次情報を利用してライバルよりも効率よく学習し最短で資格を取得しましょう。

本番同様レベルの演習問題が多数収録!

AWS資格(全10試験)全てに対応

CloudTechでは、本番レベルの演習問題が多数あります。

CLF420問SAP300問
SAA230問ANS350問
SOA180問SCS380問
DVA260問MLS170問
DEA80問
DOP190問

演習問題を繰り返すことが合格への最短ルートです。

CloudTech (クラウドテック) ブックマーク機能

間違えた問題はブックマーク機能を活用して本番試験の直前に見直しましょう。

ポイント

CloudTechの演習問題は本番試験と同じ出題形式です。

演習問題のレベルも本試験と同様な上に解説も丁寧に作られています。

定期的に問題の内容も見直されているのでトップレベルの演習問題を求めるなら迷わずCloudTechを選びましょう。

また、本番と同じ制限時間・問題数で練習できる模擬試験も用意されています。

CloudTechのメリット・デメリット

CloudTech(クラウドテック) メリット デメリット

CloudTechのメリット

  • プロによる解説だから初心者でも安心して学べる
  • コミュニティ限定の一次情報で効率よく学習できる
  • 本番レベルの演習問題で対策できる
  • ハンズオン学習でAWSの確かな技術力が身につく
  • SAA取得後はAWSを使った優良企業への転職サポートが受けられる

未経験者であってもCloudTechなら、演習問題を繰り返すだけでAWS認定資格への合格が狙えます。

将来的にAWS クラウドエンジニアへの転職を狙っている方は転職サポートの利用も検討してみてください。

また、くろかわ こうへいさんによる無料のkindle書籍でAWSの基本的なサービスを復習しましょう。

CloudTechのデメリット

  • 自分で学習を進める必要がある

CloudTechは一般的な学習スクールと違って担当者がつくわけではありません。

ある程度の自走力が求められます。

仕事で疲れて勉強できない場合は、ソファで横になりながら動画だけでも再生しましょう。

決まった時間に勉強を開始する習慣を身に付けたい場合には、スマホのリマインダーを活用してみてください。

CloudTechの評判は良い・悪い? リアルな口コミと評判

CloudTech クラウドテック 口コミ 評判

Xには、CloudTechのおかげでAWS認定資格に合格できたとの報告が多数あります。

CloudTechの演習問題でDVAに無事合格!

DVA試験に合格しました!CloudTechの問題集のおかげで無事合格しました!

CloudTechのおかげで未経験からSAAに合格!

本日、三度目の正直でAWS SAA取得しました‼️ いや〜、心折れまくったけど、「やってりゃ受かる」を信じて挑み続けました 点数はギリなので、ちゃんと復習します!! 全ては、【Cloud Tech】教材のおかげです!! ありがとうございます 次なる目標に向けて走りだします

未経験からAWSエンジニアへ見事転職!

CloudTech 口コミと評判

CloudTechでAWSの学習を効率よく始める

CloudTech 申し込み手順 割引コード クーポン

CloudTechの登録方法を分かりやすく解説します。

CloudTechの公式サイトへ

まずはCloudTechへアクセスします。

CloudTech

そのまま下部へ進むとプランが選べます。

注意

「無料 0円 で始める」から進むと、フリープランの体験ページへ移動してしまいます。

ページの真ん中あたりで料金プランが表示されています。

CloudTech 料金価格

お好みのプランを選んで「今すぐ購入する」を押します。

CloudTechでは、コストの観点から買い切りプランがお買い得なので一番人気となっています。

未経験からSAAに合格するのにおおよそ3ヶ月程度が目安となるので永久ライセンスが最もオススメです。

当サイトのクーポンコードを利用することで通常よりもお得な割引価格で購入できます。

  • 資格会員 4,680円 (300円OFF)
  • 基本会員 8,660円(1,300円OFF)
  • 永久ライセンス 45,800円 (4,000円OFF)

コードをコピーする→コピーしました!

割引コード
philosophy2305
アカウントと支払い情報を入力する
CloudTech 割引コード クーポンコード

選んだプランを確認してアカウント情報と支払い情報を入力します。

アカウント情報
  • ユーザー名
  • パスワード
  • メールアドレス
支払い情報
  • カード番号
  • 有効期限
  • CVC
  • 割引コード

割引コードに当サイトのクーポンコードを入力することで割引価格となります。

コードをコピーする→コピーしました!

割引コード
philosophy2305
CloudTech 割引コード クーポンコード

クーポン価格が適用されていることを確認したら、利用規約に同意して「購入する」を押します。

お支払い完了メールを受信

有料プランへの支払いが終わると、決済完了のメールが届きます。

CloudTech お支払い

メールに記載されているURLから学習を開始しましょう。

Amazon EBSのまとめ

Amazon EBSのまとめ


Amazon EBSは、Amazon Web Servicesで提供されているブロックストレージサービスです。

EBSは、EC2インスタンスにアタッチして使用することで、インスタンスのストレージとして利用できます。

  • 高いパフォーマンスと高可用性
  • スナップショット機能を提供
  • さまざまなボリュームタイプを提供
  • コストは、ストレージ容量とボリュームタイプによって異なる

Amazon EBSをうまく活用することで、要件にあった様々なストレージソリューションを構築できます。

  • 高いパフォーマンス:
  • 高い可用性:
  • スケーラビリティ
  • コスト効率
  • セキュリティ:

Amazon EBSはクラウドアプリケーションのストレージをサポートし、データの永続性、スケーリング、バックアップなどの重要な機能を提供します。

error: Content is protected !!
\ 今なら限定割引!/
割引コード: philosophy2305
AWSを学ぶならCloudTech
\ 今なら限定割引!/
割引コード: philosophy2305
AWSを学ぶならCloudTech