AWS 責任共有モデルとは? 基本的な概要とメリットを解説

AWS 責任共有モデルとは? 基本的な概要とメリットを解説

記事内に広告を含みます

AWS 責任共有モデルとは、AWSクラウド環境におけるセキュリティとコンプライアンスに関する責任を明確に定義し、AWSと顧客との間で責任を共有するモデルです。

AWS 責任共有モデルは、AWSと顧客がどのような責任を持ち、どの部分を管理するかを理解するのに役立ちます。

この記事では、責任共有モデルの概要やメリットを解説します。

AWS 責任共有モデルを理解することで安全なクラウド環境を構築・運用することが可能となります。

AWSの責任共有モデルについて知りたい…

AWSの責任共有モデルはどう理解するべき?

現役エンジニアが監修

当サイトの記事は、現役エンジニアによる監修のもと運営されております。

文系の哲学部からエンジニアになられた方のアドバイスも掲載しているので参考にしてみてください。

情報参照サイト

AWS 責任共有モデルの基本概要

AWS 責任共有モデルの基本概要


AWSの責任共有モデルとは、AWSクラウドサービスにおいて、AWSと顧客の責任を明確に定義したモデルです。

  • AWSの責任 (AWS Responsibility)
  • 顧客の責任 (Customer Responsibility)

AWSは、クラウドインフラストラクチャの提供、セキュリティの基本的な対策、ネットワークの接続、オペレーティングシステムの提供、ソフトウェアのアップデートなどを責任を持ちます。

一方、顧客は、アプリケーションの開発、データの保管、セキュリティ対策の実施、運用などに責任を持ちます。

責任共有モデルを理解し適切な対策を実施することで、アプリケーションやデータのセキュリティが向上し、リスクの軽減が可能となります。

AWSの責任

AWS側は、インフラや物理的な運用環境、ネットワークやデータセンターのセキュリティ確保、サービス全体のセキュリティにおいて責任を持ちます。

具体的には、ハードウェアやデータセンターの物理保護、ネットワークやサーバーの監視・管理、暗号化技術の導入やアップデートが該当します。

  • 物理的なインフラストラクチャのセキュリティ: AWSはデータセンター、ネットワーク、サーバーなどの物理的なインフラストラクチャのセキュリティを担当します。データセンターのアクセス制御、設備の物理的な保護、ハードウェアの保守、バックボーンネットワークのセキュリティなどが含まれます。
  • 仮想化インフラストラクチャのセキュリティ: AWSは、クラウドリソースを提供する際の仮想化インフラストラクチャのセキュリティを担当します。仮想マシンの隔離、ハードウェアリソースの仮想化、ネットワークのセグメンテーションなどが含まれます。
  • グローバルインフラストラクチャのセキュリティ: AWSは、世界中に分散配置されたデータセンターやネットワークインフラストラクチャのセキュリティを管理します。データセンター内での災害対策、ネットワークの冗長性、データの冗長バックアップなどが含まれます。
  • 共有セキュリティサービス: AWSは、顧客に対してセキュリティ関連のベストプラクティスを提供します。AWS Identity and Access Management(IAM)、仮想プライベートクラウド(VPC)、AWS WAF(Web Application Firewall)などが含まれます。

上記の対策により、利用者は安心してクラウド環境を利用することが可能となります。

顧客の責任

顧客の責任

利用者が担当すべきセキュリティ対策には、アクセス制御やユーザー認証、アプリケーション開発やデータ保護、システム監視が含まれます。

  • データおよびアプリケーションのセキュリティ: 顧客は、自身のデータ、アプリケーション、およびアクセス制御に関するセキュリティを設定および管理する責任があります。アクセス許可、暗号化、パッチ管理、アプリケーションのセキュリティ対策などが含まれます。
  • IAM(Identity and Access Management)の管理: 顧客は、AWSリソースへのアクセスを制御するIAMポリシーやロールを設定および管理する責任があります。
  • データの保護とバックアップ: 顧客は、自身のデータのバックアップ、冗長性、およびデータの復旧戦略を設計および実施する責任があります。AWSはデータセンターの耐久性を提供しますが、データのアーカイブやバックアップは顧客が管理する必要があります。
  • セキュリティイベントの監視と対応: 顧客は、セキュリティインシデントの監視、警告、および対応を行うためのセキュリティ監視戦略を策定し、セキュリティイベントに対処する責任があります。

AWS責任共有モデルに基づいて、AWSと顧客は協力してセキュリティを強化し、AWSクラウド環境でのリソースとデータを安全に保護します。

顧客は自身のアプリケーションとデータに対する責任を理解する必要があります。

IaaS, SaaS, PaaSにおける責任範囲の違い

IaaS, SaaS, PaaSにおける責任範囲の違い


AWSにおけるIaaS(Infrastructure as a Service)、SaaS(Software as a Service)、PaaS(Platform as a Service)の各サービスモデルにおける責任範囲は異なります。

簡単にIaaS, SaaS, PaaS の違いについて解説します。

IaaS(Infrastructure as a Service)は、仮想インフラストラクチャを提供します。ユーザーは、自身のアプリケーションやデータを管理し、オペレーティングシステムやミドルウェアを運用する必要があります。

SaaS(Software as a Service)は、アプリケーション自体を提供します。ユーザーは、アプリケーションの設定やデータ管理を行います。

PaaS(Platform as a Service)は、アプリケーションの開発や運用を支援するプラットフォームを提供します。ユーザーは、アプリケーションの開発やデプロイに専念できるようになります。

IaaS型サービスでの責任範囲

AWSのIaaS型サービスでは、物理的なインフラやネットワークデバイスのセキュリティ対策がAWSによって担保されます。

  • AWS責任: データセンターの物理的なセキュリティ、ハードウェアの保護、仮想化インフラストラクチャのセキュリティ。
  • 顧客責任: オペレーティングシステム、ミドルウェア、アプリケーション、データのセキュリティ、アクセス管理。

AWSはデータセンター、ネットワーク、サーバーなどの物理的なインフラストラクチャのセキュリティを管理し、物理的なアクセスコントロールを提供します。

一方で、ユーザーは仮想サーバーやアプリケーションのセキュリティ対策を自分で行う必要があります。これには、アクセス制御やデータ暗号化、パッチ適用などが含まれる。

顧客は自身のアプリケーションのセキュリティを管理し、アクセス権限、認証、暗号化などを設定および維持する責任があります。

SaaS型サービスでの責任範囲

SaaS型サービスでの責任範囲

SaaS型サービスでは、アプリケーションのセキュリティ対策がサービス提供者によって行われる。

  • AWS責任: インフラストラクチャ、プラットフォーム、アプリケーションのセキュリティ。
  • 顧客責任: アプリケーションの設定、ユーザーアクセス管理、データのセキュリティ。

AWSは提供するSaaSアプリケーションのセキュリティを管理し、アプリケーションの可用性、パフォーマンス、データバックアップなどを提供します。

しかし、ユーザーのデータ管理やアクセス制御はユーザー自身が実施する必要があります。

そのため、データの暗号化や適切な認証機能の設定、アクセス権限の管理などが重要となります。

PaaS型サービスにおける責任範囲

PaaS型サービスでは、インフラやプラットフォームのセキュリティ対策はサービス提供者によって実施されるが、アプリケーション開発に関するセキュリティ対策はユーザーが担当します。

  • AWS責任: インフラストラクチャ、ランタイム、データベースプラットフォームのセキュリティ。
  • 顧客責任: アプリケーションコードとデータのセキュリティ、アクセス管理。

AWSはPaaSサービス自体のセキュリティを提供し、プラットフォーム、ランタイム、データベースのセキュリティを管理します。

一方で、顧客は自身のアプリケーションコードとデータのセキュリティを管理し、アクセス制御、アプリケーションのセキュリティ設定、データベースの設定などを行う責任があります。

AWSの責任共有モデルを理解し、適切なセキュリティ戦略を策定することは、クラウド環境でのデータセキュリティとコンプライアンスの確保に不可欠となっています。

AWS 責任共有モデルのメリット

AWS 責任共有モデルのメリット

AWSの責任共有モデルには次のようなメリットがあります。

  • 明確な責任分担: 責任共有モデルは、AWSとクラウドユーザーの間でセキュリティ責任が明確に分かれているため、両者が何に責任を持つべきかを明確に理解できます。セキュリティの透明性が向上し、セキュリティ設計が改善されます。
  • 柔軟性: クラウドユーザーは、AWSの提供するセキュリティサービスやツールを活用して、セキュリティポリシーをカスタマイズし、自身のニーズに合わせたセキュリティ対策を実施できます。

AWS 責任共有モデルのデメリット

AWS 責任共有モデルのデメリット

デメリットとしては以下の点が挙げられます。

  • 責任の誤解: 責任共有モデルにおけるAWSとクラウドユーザーの責任の分担が誤解されることがあります。

AWSのセキュリティサービスと利用者の注意点

AWSのセキュリティサービスと利用者の注意点

AWSでは、複数のセキュリティサービスが提供され、ユーザーはこれらを組み合わせて自身のセキュリティ対策を強化できます。

主に、インフラのセキュリティ対策アプリケーションのセキュリティ対策、データ保護、アクセス管理、監視・分析の5つの領域でサービスが展開されています。

インフラ・アプリケーションのセキュリティ対策

インフラのセキュリティ対策では、VPCやセキュリティグループを用いてネットワークの設計と適切なアクセス制御が行われます。

アプリケーションのセキュリティ対策には、WAFやShieldを利用してWebアプリケーションの保護が可能です。

データ保護では、KMSを使用してデータの暗号化を実現し、アクセス管理ではIAMを用いて権限管理が行われます。

監視・分析では、CloudTrailやGuardDutyを利用してリアルタイムのセキュリティ分析が可能となっています。

ユーザーの責任でやらなければいけないこと

AWSでは主に以下の点でユーザーの責任でやらなければならないことがあります。

  • アプリケーションのセキュリティ設定
  • データの暗号化やアクセス管理
  • OSやソフトウェアのパッチ適用
  • ネットワークの適切な設定と管理

上記の項目は、サービスを安全に利用するために必要不可欠であり、ユーザーが確実に行うべき内容となっています。

AWS関連サービスを適切に利用してリスク軽減

AWS関連サービスを適切に利用してリスク軽減

AWSには多くのセキュリティ関連サービスがあります。

例えば、IAM(Identity and Access Management)を用いてアクセス制御を行ったり、Amazon GuardDutyを活用して不審なアクティビティの検出を行うといったことが可能です。

  • アクセス権限の最小化: IAMを使用して、ユーザーとサービスに必要なアクセス権限のみを付与。
  • セキュリティグループとネットワークACLの設定: VPCのセキュリティグループとネットワークACLを適切に設定して、ネットワークトラフィックの制御を行う。
  • データ暗号化: データの暗号化を実施し、KMSやS3のサーバーサイド暗号化を活用する。
  • パッチ管理: インスタンスやアプリケーションのパッチ管理を定期的に実施して脆弱性を修正する。
  • セキュリティ意識教育: セキュリティの最新動向を把握し、従業員やチームに対してセキュリティ意識を高める教育プログラムを実施する。
  • 監視と警告: AWSセキュリティサービスとツールを使用して、異常なアクティビティやセキュリティインシデントを監視し、適切な警告を受ける。

また、AWS WAFやAWS Shieldを導入することで、Webアプリケーションのセキュリティを強化し、DDoS攻撃からも守ることができます。

それ以外にも適切なサービスを利用することで、セキュリティ対策を効果的に行うことが可能です。

実際の企業事例と責任共有モデルの活用

実際の企業事例と責任共有モデルの活用

多くの企業では、AWS責任共有モデルを活用したセキュリティの強化が行われています。

例えば、ある企業では、AWSクラウドに移行することでセキュリティインシデント発生率が著しく低下し、リスクが軽減されたといった事例があります。

責任共有モデルを理解し、適切なセキュリティ対策を実施することで、サービスを安全かつ効果的に利用できることができます。

コンプライアンスやセキュリティ対策の事例紹介

例えば、金融業界ではAWSを活用し、厳密な規制要件を満たしたセキュリティ対策が実施されています。

責任共有モデルのもと、企業は様々なコンプライアンス要件やセキュリティ対策をクリアしているか確認しています。

仮想ネットワーク環境構築の事例と対策ポイント

仮想ネットワーク環境の構築においても、AWS責任共有モデルを活用した事例が多く存在します。

例えば、VPC(Virtual Private Cloud)を利用して専用のネットワーク環境を構築し、セキュリティ対策を徹底している企業があります。

AWSをコスパよく学ぶならCloudTech

CloudTech

CloudTech(クラウドテック)は元GMOの主任エンジニアであるくろかわ こうへいさんが提供するAWSの学習に特化したオンライン学習スクールです。

AWSのオンライン学習スクールの規模としては日本最大級で会員数は2024年5月時点で4,500名以上となっています。

CloudTechなら自分のライフスタイルに合わせて、どこよりもコスパよくAWSの学習が行えます。

  • AWS認定資格に最短効率で合格したい
  • 未経験からAWSエンジニアにキャリアアップしたい
  • ハンズオン学習で実践的なスキルを身に付けたい

AWSを学ぶ上で「資格取得の勉強方法」「実践的スキルの身につけ方」に悩んでいる方はCloudTechがおすすめです。

CloudTech
 (4.8)

コスパ良くAWSを学ぶなら、ココで決まり!

CloudTechは日本最大級のAWSに特化したオンライン学習スクールです。SAAやDOPをはじめとする全10資格に対応。280本以上もの動画から効率よくAWSが学べます。

今なら限定割引クーポンあり

コードをコピーする→コピーしました!

割引コード
philosophy2305
フリーコース会員無料
(問題5問)
資格会員4,980円
4,680円
(全ての試験問題のみ)
基本会員9,960円
8,660円
(全て利用可能/優良企業への転職サポートあり)
永久ラインセンス49,800円
45,800円
(買い切りプラン/優良企業への転職サポートあり)
対応資格AWS 全10資格
動画の数280本以上
ハンズオン学習あり
学習のしやすさ迷わず学習できるロードマップカリキュラムあり
ブックマーク機能で復習がとても簡単
会員制コミュニティ実績のあるAWSエンジニアが多数在籍
豊富な合格体験記で最新情報を入手
※表示価格はクーポン適用後の割引価格となります。

また、未経験からAWSエンジニアを目指せるCloudTech Academyがあります。

CloudTech Academyとは? 未経験からAWSエンジニアになれる理由や評判、口コミを解説 【割引クーポンあり】CloudTech Academyとは? 未経験からAWSエンジニアを目指せる理由や評判、口コミを解説

プロによる解説だから未経験者でも続けられる!

AWS CLF

CloudTech(クラウドテック)を運営するくろかわ こうへいさんは、Youtubeで5年以上もAWSに関する情報を発信しているため、解説がプロ級に分かりやすくなっています。

教材は動画ベースで作成されている上に一本あたりの動画は平均7分程度で構成されているため、通勤時の学習も可能です。

cloudtech レビュー
cloudtech レビュー

1年ほどCloudTechを利用して感じたのは、学習のしやすさです。

AWSのサービスごとに学習する内容が選べる上に、スマホ表示にも対応しています。

未経験者でも挫折することのないようイラストや図が豊富に使われているのもオススメできるポイントです。

コミュニティ限定の一次情報で効率よく資格取得できる!

コミュニティ限定の一次情報で効率よく資格取得できる

CloudTechには、AWS認定資格合格体験記があります。

合格体験記には、CloudTechに所属するメンバーがAWS認定資格に合格した際の「スコア」「勉強時間」「使用した教材」「アドバイス」などが記載されています。

未経験者や経験者の情報も載っているため、自分に近い環境の人たちがどのように合格できたのか知ることができます。

基本会員以上であれば、ログイン後の「ご案内ページ」で合格体験記は閲覧可能です。

また、SlackにあるAWS認定資格のスレッドからはリアルタイムで合格者の一次情報が手に入ります。

AWSでは、上位資格になるほど出回っている情報が少ないため一次情報は貴重です。

CloudTechの一次情報を利用してライバルよりも効率よく学習し最短で資格を取得しましょう。

本番同様レベルの演習問題が多数収録!

AWS資格(全10試験)全てに対応

CloudTechでは、本番レベルの演習問題が多数あります。

CLF420問SAP300問
SAA230問ANS350問
SOA180問SCS380問
DVA260問MLS170問
DEA80問
DOP190問

演習問題を繰り返すことが合格への最短ルートです。

CloudTech (クラウドテック) ブックマーク機能

間違えた問題はブックマーク機能を活用して本番試験の直前に見直しましょう。

ポイント

CloudTechの演習問題は本番試験と同じ出題形式です。

演習問題のレベルも本試験と同様な上に解説も丁寧に作られています。

定期的に問題の内容も見直されているのでトップレベルの演習問題を求めるなら迷わずCloudTechを選びましょう。

また、本番と同じ制限時間・問題数で練習できる模擬試験も用意されています。

CloudTechのメリット・デメリット

CloudTech(クラウドテック) メリット デメリット

CloudTechのメリット

  • プロによる解説だから初心者でも安心して学べる
  • コミュニティ限定の一次情報で効率よく学習できる
  • 本番レベルの演習問題で対策できる
  • ハンズオン学習でAWSの確かな技術力が身につく
  • SAA取得後はAWSを使った優良企業への転職サポートが受けられる

未経験者であってもCloudTechなら、演習問題を繰り返すだけでAWS認定資格への合格が狙えます。

将来的にAWS クラウドエンジニアへの転職を狙っている方は転職サポートの利用も検討してみてください。

また、くろかわ こうへいさんによる無料のkindle書籍でAWSの基本的なサービスを復習しましょう。

CloudTechのデメリット

  • 自分で学習を進める必要がある

CloudTechは一般的な学習スクールと違って担当者がつくわけではありません。

ある程度の自走力が求められます。

仕事で疲れて勉強できない場合は、ソファで横になりながら動画だけでも再生しましょう。

決まった時間に勉強を開始する習慣を身に付けたい場合には、スマホのリマインダーを活用してみてください。

CloudTechの評判は良い・悪い? リアルな口コミと評判

CloudTech クラウドテック 口コミ 評判

Xには、CloudTechのおかげでAWS認定資格に合格できたとの報告が多数あります。

CloudTechの演習問題でDVAに無事合格!

DVA試験に合格しました!CloudTechの問題集のおかげで無事合格しました!

CloudTechのおかげで未経験からSAAに合格!

本日、三度目の正直でAWS SAA取得しました‼️ いや〜、心折れまくったけど、「やってりゃ受かる」を信じて挑み続けました 点数はギリなので、ちゃんと復習します!! 全ては、【Cloud Tech】教材のおかげです!! ありがとうございます 次なる目標に向けて走りだします

未経験からAWSエンジニアへ見事転職!

CloudTech 口コミと評判

CloudTechでAWSの学習を効率よく始める

CloudTech 申し込み手順 割引コード クーポン

CloudTechの登録方法を分かりやすく解説します。

CloudTechの公式サイトへ

まずはCloudTechへアクセスします。

CloudTech

そのまま下部へ進むとプランが選べます。

注意

「無料 0円 で始める」から進むと、フリープランの体験ページへ移動してしまいます。

ページの真ん中あたりで料金プランが表示されています。

CloudTech 料金価格

お好みのプランを選んで「今すぐ購入する」を押します。

CloudTechでは、コストの観点から買い切りプランがお買い得なので一番人気となっています。

未経験からSAAに合格するのにおおよそ3ヶ月程度が目安となるので永久ライセンスが最もオススメです。

当サイトのクーポンコードを利用することで通常よりもお得な割引価格で購入できます。

  • 資格会員 4,680円 (300円OFF)
  • 基本会員 8,660円(1,300円OFF)
  • 永久ライセンス 45,800円 (4,000円OFF)

コードをコピーする→コピーしました!

割引コード
philosophy2305
アカウントと支払い情報を入力する
CloudTech 割引コード クーポンコード

選んだプランを確認してアカウント情報と支払い情報を入力します。

アカウント情報
  • ユーザー名
  • パスワード
  • メールアドレス
支払い情報
  • カード番号
  • 有効期限
  • CVC
  • 割引コード

割引コードに当サイトのクーポンコードを入力することで割引価格となります。

コードをコピーする→コピーしました!

割引コード
philosophy2305
CloudTech 割引コード クーポンコード

クーポン価格が適用されていることを確認したら、利用規約に同意して「購入する」を押します。

お支払い完了メールを受信

有料プランへの支払いが終わると、決済完了のメールが届きます。

CloudTech お支払い

メールに記載されているURLから学習を開始しましょう。

AWS 責任共有モデルのまとめ

AWS 責任共有モデルのまとめ

AWS責任共有モデルは、クラウドコンピューティング環境において、AWSと顧客との間でセキュリティとコンプライアンスに関する責任を定義することを意味します。

AWS責任共有モデルでは、AWSとユーザーがそれぞれの役割を理解し、適切なセキュリティ対策を行うことが求められます。

AWSの責任としては下記の項目になります。

  • 物理的なインフラストラクチャのセキュリティ: AWSはデータセンターの物理的なセキュリティ、ハードウェアの保護、設備の物理的な保守を担当します。
  • 仮想化インフラストラクチャのセキュリティ: AWSは、クラウドリソースの仮想化インフラストラクチャのセキュリティを提供し、リソースの隔離を確保します。
  • グローバルインフラストラクチャのセキュリティ: AWSは世界中に分散配置されたデータセンターやネットワークインフラストラクチャのセキュリティを管理し、高可用性と冗長性を提供します。
  • 共有セキュリティサービス: AWSは、セキュリティ関連のベストプラクティスやツールを提供し、顧客にセキュリティの基盤を提供します。

利用者側の責任は次のようになります。

  • データおよびアプリケーションのセキュリティ: 顧客は自身のデータ、アプリケーション、およびアクセス制御のセキュリティを設定および管理する責任があります。アクセス許可、暗号化、パッチ管理、アプリケーションのセキュリティ対策などが含まれます。
  • IAM(Identity and Access Management)の管理: 顧客は、AWSリソースへのアクセスを制御するIAMポリシーやロールを設定および管理する責任があります。
  • データの保護とバックアップ: 顧客は自身のデータのバックアップ、冗長性、およびデータの復旧戦略を設計および実施する責任があります。
  • セキュリティイベントの監視と対応: 顧客はセキュリティインシデントの監視、警告、および対応を行うためのセキュリティ監視戦略を策定し、セキュリティイベントに対処する責任があります。

責任共有モデルのもと、顧客は自身の環境に適したセキュリティ対策を講じることで、信頼性の高いセキュアなクラウド環境を構築できるようになります。

error: Content is protected !!
\ 今なら限定割引!/
割引コード: philosophy2305
AWSを学ぶならCloudTech
\ 今なら限定割引!/
割引コード: philosophy2305
AWSを学ぶならCloudTech