Amazon EFSとは? 基本的な概要と使い方を解説

Amazon EFSとは? 基本的な概要と使い方を解説

記事内に広告を含みます

Amazon EFS(Elastic File System)は、AWSが提供するクラウドベースのファイルストレージサービスです。

EFSは、NFS(Network File System)プロトコルを使用して、複数のEC2インスタンスから同時にアクセス可能なファイルシステムを提供します。

Amazon EFSは、データを複数のEC2インスタンス間で共有し、高い耐久性、スケーラビリティ、可用性を提供します。

この記事では、EFSの基本概要、特徴やメリット、セキュリティ、料金体系について解説します。

Amazon EFSについて知りたい…

Amazon EFSの利用方法は?

現役エンジニアが監修

当サイトの記事は、現役エンジニアによる監修のもと運営されております。

文系の哲学部からエンジニアになられた方のアドバイスも掲載しているので参考にしてみてください。

情報参照サイト

Amazon EFSの基本概要

Amazon EFSの基本概要


Amazon EFS(Elastic File System)は、AWSが提供するスケーラブルで高パフォーマンスなファイルシステムサービスです。

オンプレミスや他のクラウドサービスから、Amazon EFSを共有ファイルシステムとして利用することができます。

EFSを利用すると、複数のEC2インスタンスから同時にアクセスが可能となり、アプリケーションやユーザーがデータを簡単に共有できます。

  • スケーラビリティ: EFSは、使用するストレージの量に応じて自動的にスケールし、数ペタバイトの容量をサポートします。使用量に基づいた料金体系であるため、必要なストレージ容量のみに対して費用が発生します。
  • 高い耐久性と可用性: EFSは高い耐久性を提供し、データは複数のアベイラビリティゾーンに渡って自動的に複製されます。重要なアプリケーションデータの保護と高い可用性が確保されます。
  • 柔軟なアクセス: LinuxベースのアプリケーションからNFSを介してアクセス可能で、複数のEC2インスタンスや、オンプレミスのサーバーからのアクセスもサポートします。
  • シンプルな管理: EFSは完全マネージド型サービスであるため、ハードウェアのプロビジョニング、ソフトウェアのパッチ適用、設定の管理などを心配する必要がありません。

EFSはNFSプロトコルを使用し、自動的に容量が拡張・縮小されるため、ストレージ管理の手間が省かれます。

また、セキュリティやパフォーマンスについてはAWSが管理するため、開発者はアプリケーションの構築に集中できます。

高い耐久性と可用性でデータ保護

EFSは、高い耐久性と可用性を持っており、データ保護がしっかりと行われます。

複数のアベイラビリティーゾーンにデータが自動的に分散・複製されるため、障害が発生してもデータが失われることがありません。

さらに、AWSのセキュリティ対策とIAMポリシーを利用することで、不正アクセスやデータ漏洩を防ぐことができます。

スケーラブルなストレージ容量とパフォーマンス

スケーラブルなストレージ容量とパフォーマンス

Elastic File System(EFS)は、システム管理者がストレージ容量やパフォーマンスを柔軟に調整できるよう設計されています。

EFSはデータの追加に応じて自動的にストレージ容量を拡張し、特定の使用パターンに合わせてパフォーマンスを最適化します。

具体例として、アプリケーションの開発やデータ分析におけるリソースの効率的な運用が可能となります。

また、データの耐久性も確保されており、複数のリージョンに分散されたデータセンターにデータが自動的に複製されることでデータの信頼性が高まります。

NFSプロトコルによる簡単なデータ共有

EFSにはNFSプロトコルが採用されており、Linuxインスタンスを含む複数のサーバーやアプリケーション間でデータ共有が容易になります。

NFSを利用するための設定手順が簡単であり、プロジェクトにおいて標準化されたデータ管理環境を構築することができます。

また、各インスタンスが同時にファイルにアクセスすることが可能で、効率的なデータの取り扱いが可能となります。

Amazon EFSのメリット

Amazon EFSのメリット

EFSの主なメリットを概説します。

  • 共有ファイルストレージ: EFSは複数のEC2インスタンスから同時にアクセス可能な共有ファイルストレージを提供します。これにより、複数のインスタンスでデータを共有でき、データの一貫性を保つことができます。
  • スケーラビリティ: EFSは自動スケーリングをサポートしており、必要に応じてファイルシステムの容量を増減できます。データの成長に合わせて柔軟にスケールアウトできます。
  • 耐久性と可用性: EFSは複数の可用ゾーンにデータを保存し、99.99%以上の可用性を提供します。データは高い耐久性で保護され、データ損失を防ぎます。
  • ネイティブなファイルシステム: EFSはネイティブなNFS(Network File System)プロトコルをサポートしており、既存のアプリケーションやツールとの統合が容易です。
  • セキュリティ: データのセキュリティを確保するために、Amazon VPC内でのアクセス制御やAmazon IAMによるアクセス管理が使用できます。

Amazon EFSは、柔軟性とスケーラビリティが求められる多様なアプリケーションやユースケースで有効なソリューションとなっています。

特に大規模なファイルセットを扱う場合や、複数のインスタンスからのアクセスが必要な環境に適しています。

Amazon EFSのデメリット

Amazon EFSのデメリット

EFSのデメリットは次のようになります。

  • コスト: EFSは従量課金制であり、データのストレージ容量やアクセスに応じて料金が発生します。大容量のデータを頻繁にアクセスする場合、コストが高くつくことがあります。
  • 遅延: EFSは一般に低遅延のストレージサービスですが、高いパフォーマンスを必要とする特定のワークロードには、専用の高速ストレージサービスが適している場合があります。
  • ファイル数の制限: EFSは大量のファイル数を扱うことができますが、極端な大規模なファイル数や小さなファイルに対してはパフォーマンスに影響を与えることがあります。
  • リージョン制約: EFSは特定のAWSリージョンで利用可能であり、すべてのリージョンで提供されているわけではありません。そのため、特定のリージョンでの利用を制約される可能性があります。

Amazon EFSは、ファイルベースの共有ストレージを必要とする多くのユースケースに適していますが、ワークロードの要件やコストを考慮して利用する際には注意が必要です。

特定のユースケースに最適なストレージソリューションを選択するために、EFSのメリットとデメリットをよく理解することが重要です。

EFSのセキュリティとコンプライアンス特徴

EFSのセキュリティとコンプライアンス特徴

Amazon AWS EFSはセキュリティとコンプライアンスの面でも優れています。

データの保護やアクセス制御に関する厳格なポリシーが適用されており、企業が安心して利用できるストレージ環境が提供されています。

データの暗号化とIAMポリシー制御

EFSではデータの暗号化がデフォルトで有効化されており、情報の漏洩リスクを軽減します。

また、IAMポリシーを利用することでアクセス権限や操作範囲を細かく設定し、適切なアクセス制御を実現します。

その結果、権限のないユーザーや攻撃者からデータが保護されます。

VPC内でのアクセス制限とネットワーク管理

EFSではVirtual Private Cloud(VPC)を導入し、ネットワーク内のアクセスを厳密に制御します。

VPCの機能を利用し、ネットワークの設定やコンテンツの転送に関するルールをカスタマイズできます。

不正なアクセスを防止し、ネットワーク環境の安全性を向上させることが可能です。

EFSの料金体系とコスト管理

EFSの料金体系とコスト管理

EFSは使用した分だけ課金される料金体系を採用しており、コスト管理が容易となっています。

また、料金ページから詳細な費用情報を確認することができます。

ストレージ容量と転送量に基づく料金

Amazon EFSは、ストレージ容量と転送量で料金が決まります。

具体的には、保存されているデータ量と、データの読み書き回数によってコストが変わります。

このような仕組みだと、必要に応じてスケーラブルに料金が変動するため、コスト効率の高いシステムが構築できます。

スループットモード選択でコスト最適化

スループットモード選択でコスト最適化

Amazon EFSには、複数のスループットモードがあり、それぞれ異なる性能特性を提供します。

これらのスループットモードは、EFSファイルシステムが処理できるデータの書き込みと読み取りの速度を制御します。

  • バーストスループットモード: 最も低コストでEFSを利用できるモードです。転送速度はファイルシステムの保存容量に比例してベースラインが設定され、ベースライン内での転送は追加コストなしで行えます。
  • プロビジョンドスループットモード: 毎月固定の金額を支払うことで安定した転送を提供します。料金はストレージの容量によらず、プロビジョニングしたスループットに対して支払います。
  • Elastic Throughput モード: 使用量に応じて課金されるモードで、読み取りと書き込みのスループットに個別に課金がかかります。これにより、転送量が多い場合に高額の請求が発生する可能性があります。

ユーザーはそれぞれのニーズに応じて選ぶことで、コスト最適化が可能です。

EFSのユースケース

EFSの導入ユースケース

EFSの導入が有効なのは、以下のような場面です。

  • 複数のインスタンスからファイルを共有したい
  • Webサイトのコンテンツを簡単に管理したい
  • 自動的に容量が拡張されるストレージが必要

設定が容易で、高可用性が保証されているのも魅力となっています。

EFSインスタンスの作成とマウント手順

EFSインスタンスの作成とマウント手順

EFSインスタンスの作成はAWSマネジメントコンソールから行います。

作成後、Linuxインスタンスにマウントする手順は以下の通りです。

  1. NFSクライアントをインストール
  2. EFSマウントヘルパーをインストール
  3. ディレクトリをマウント

これで、インスタンスからEFSにアクセスできるようになります。

AWS LambdaやEC2との統合利用

EFSは、AWS LambdaやEC2と連携して使用することができます。

Lambda関数のコードやデータをEFSに保存することで、複数のLambda関数でデータを共有できます。

また、EC2インスタンス上でバッチ処理やアプリケーションの開発を行う際に、共通のファイルストレージとしてEFSを利用することも可能です。

AWSをコスパよく学ぶならCloudTech

CloudTech

CloudTech(クラウドテック)は元GMOの主任エンジニアであるくろかわこうへいさんが提供するAWSの学習に特化したオンライン学習スクールです。

AWSのオンライン学習スクールの規模としては日本最大級で会員数は2024年2月時点で3,760名以上となっています。

CloudTechなら自分のライフスタイルに合わせて、どこよりもコスパよくAWSの学習が行えます。

  • 未経験からSAAに合格したい
  • 未経験からAWSエンジニアにキャリアアップしたい
  • AWSの資格を効率よく取得したい

AWSを学ぶ上で「実践的なスキルの身につけ方」や「学習方法」で悩んでいる方はCloudTechがおすすめです。

CloudTech
 (4.8)

コスパ良くAWSを学ぶなら、ココで決まり!

CloudTechは日本最大級のAWSに特化したオンライン学習スクールです。SAAやDVAをはじめとする全12資格に対応。280本以上もの動画から効率よくAWSが学べます。

今なら限定割引クーポンあり

コピーしました!

クーポンコード
philosophy2305
フリーコース会員無料
(問題5問)
資格会員4,980円
4,680円
(全ての試験問題のみ)
基本会員9,960円
8,660円
(全て利用可能/優良企業への転職サポートあり)
永久ラインセンス49,800円
45,800円
(買い切りプラン/優良企業への転職サポートあり)
対応資格AWS 全12資格
動画の数280本以上
ハンズオン学習あり
学習のしやすさ迷わず学習できるロードマップカリキュラムあり
会員制コミュニティ実績のあるAWSエンジニアが多数在籍
豊富な合格体験記で最新情報を入手
※表示価格はクーポン適用後の割引価格となります。

その他にも最短3ヶ月で未経験からAWSエンジニアになれる転職保証付きのCloudTech Academyがあります。

CloudTech Academyとは? 未経験から3ヶ月でAWSエンジニアになれる理由や評判、口コミを解説 【割引あり】CloudTech Academyとは? 未経験から3ヶ月でAWSエンジニアになれる理由や評判、口コミを解説

プロによる解説だから未経験者でも続けられる

AWS CLF

CloudTech(クラウドテック)を運営するくろかわこうへいさんは、Youtubeで4年以上もAWSに関する情報を発信しているため、解説がプロ級に分かりやすくなっています。

教材は動画ベースで作成されている上に一本あたりの動画は平均7分程度で構成されているため、通勤時に学習することも可能です。

cloudtech レビュー
cloudtech レビュー

半年間ほどCloudTechを利用して感じたのは、学習のしやすさです。

AWSのサービスごとに学習する内容が選べる上に、スマホ表示にも対応しています。

未経験者でも挫折することのないようイラストや図が豊富に使われているのもオススメできるポイントです。

コミュニティ限定の一次情報で効率よく資格取得できる

コミュニティ限定の一次情報で効率よく資格取得できる

CloudTechには、AWS認定資格合格体験記があります。

合格体験記には、CloudTechに所属するメンバーがAWS認定資格に合格した際の「スコア」「勉強時間」「使用した教材」「アドバイス」などが記載されています。

未経験者や経験者の情報も載っているため、自分に近い環境の人たちがどのように合格できたのか知ることができます。

基本会員以上であれば、ログイン後の「ご案内ページ」で合格体験記は閲覧可能です。

また、SlackにあるAWS認定資格のスレッドからはリアルタイムで合格者の一次情報が手に入ります。

AWSでは、上位資格になるほど出回っている情報が少ないため一次情報は貴重です。

CloudTechの一次情報を利用してライバルよりも効率よく学習し最短で資格に合格しましょう。

本番同様レベルの演習問題が多数収録

AWS 資格

CloudTechでは、本番レベルに近い演習問題が多数あります。

CLF300問ANS350問
SAA230問SCS350問
SOA180問DBS260問
DVA260問DAS140問
SAP300問MLS170問
DOP190問PAS60問
ポイント

CloudTechの演習問題は本番試験と同様の出題形式です。

演習問題のレベルも本試験と同様な上に解説も丁寧に作られています。

定期的に問題の内容も見直されているのでトップレベルの演習問題を求めるなら迷わずCloudTechを選びましょう。

また、本番と同じ制限時間で65問の問題を解く模擬試験も用意されています。

CloudTechのメリット・デメリット

CloudTech(クラウドテック) メリット デメリット

CloudTechのメリット

  • プロによる解説だから初心者でも安心して学べる
  • コミュニティ限定の一次情報で効率よく学習できる
  • 本番同等レベルの演習問題で力がつく
  • ハンズオン学習でAWSの確かな技術力が身につく
  • SAA取得後はAWSを使った優良企業への転職サポートが受けられる

未経験者であってもDVAの勉強はCloudTechで行えます。260問の演習問題を何回も繰り返して知識を身につけましょう。

将来的にAWS クラウドエンジニアへの転職を狙っている方は転職サポートの利用も検討してみてください。

また、くろかわこうへいさんによる無料のkindle書籍でAWSの基本的なサービスを復習しましょう。

CloudTechのデメリット

  • 自分で学習を進める必要がある

CloudTechは一般的な学習スクールと違って担当者がつくわけではありません。

ある程度の自走力が求められます。

仕事で疲れて勉強できない場合は、ソファで横になりながら動画だけでも再生しましょう。

決まった時間に勉強を開始する習慣を身に付けたい場合には、スマホのリマインダーを活用してみてください。

CloudTechの評判は良い・悪い? リアルな口コミと評判

CloudTech クラウドテック 口コミ 評判

Twitterには、CloudTechのおかげでAWS認定資格に合格できたとの報告が多数あります。

CloudTechの演習問題でDVAに無事合格!

DVA試験に合格しました!CloudTechの問題集のおかげで無事合格しました!

CloudTechのおかげで未経験からSAAに合格!

本日、三度目の正直でAWS SAA取得しました‼️ いや〜、心折れまくったけど、「やってりゃ受かる」を信じて挑み続けました 点数はギリなので、ちゃんと復習します!! 全ては、【Cloud Tech】教材のおかげです!! ありがとうございます 次なる目標に向けて走りだします

未経験からAWSエンジニアへ見事転職!

CloudTech 口コミと評判

CloudTechでAWSの学習を効率よく始める

CloudTech 申し込み手順 割引コード クーポン

CloudTechの登録方法を分かりやすく解説します。

CloudTechの公式サイトへ

まずはCloudTechへアクセスします。

CloudTech 登録方法

そのまま下部へ進むとプランが選べます。

注意

「無料 0円 で始める」から進むと、フリープランの体験ページへ移動してしまいます。

ページの真ん中あたりで料金プランが表示されています。

CloudTech 料金価格

お好みのプランを選んで「今すぐ購入する」を押します。

CloudTechでは、コストの観点から買い切りプランがお買い得なので一番人気となっています。

未経験からSAAに合格するのにおおよそ3ヶ月程度が目安となるので永久ライセンスが最もオススメです。

当サイトのクーポンコードを利用することで通常よりもお得な割引価格で購入できます。

  • 資格会員 4,680円 (300円OFF)
  • 基本会員 8,660円(1,300円OFF)
  • 永久ライセンス 45,800円 (4,000円OFF)

コピーしました!

クーポンコード
philosophy2305
アカウントと支払い情報を入力する
CloudTech 割引コード クーポンコード

選んだプランを確認してアカウント情報と支払い情報を入力します。

アカウント情報
  • ユーザー名
  • パスワード
  • メールアドレス
支払い情報
  • カード番号
  • 有効期限
  • CVC
  • 割引コード

割引コードに当サイトのクーポンコードを入力することで割引価格となります。

コピーしました!

クーポンコード
philosophy2305
CloudTech 割引コード クーポンコード

クーポン価格が適用されていることを確認したら、利用規約に同意して「購入する」を押します。

お支払い完了メールを受信

有料プランへの支払いが終わると、決済完了のメールが届きます。

CloudTech お支払い

メールに記載されているURLから学習を開始しましょう。

Amazon EFSのまとめ

Amazon EFSのまとめ

Amazon EFSは、柔軟性とパフォーマンスが魅力のストレージサービスです。

ストレージ容量と転送量に基づく料金やスループットモード選択でコスト最適化ができます。

  • スケーラブル:Amazon EFSは、データ量やアクセスの増加に合わせて、自動的にスケールアップ/スケールダウンします。
  • 高パフォーマンス:Amazon EFSは、最大1000MB/秒の読み取りと100MB/秒の書き込みのパフォーマンスを実現します。
  • 共有:Amazon EFSは、複数のEC2インスタンスやオンプレミスコンピュータで共有できます。

EFSは、ウェブサイトホスティング、データ共有、バッチ処理、バックアップ、コンテンツデリバリーなど、さまざまなユースケースで使用できます。

  • Webアプリケーションのファイル共有:Amazon EFSをWebアプリケーションのファイル共有用に利用することで、アプリケーションのパフォーマンスを向上させることができます。
  • データベースのファイル共有:Amazon EFSをデータベースのファイル共有用に利用することで、データベースのパフォーマンスを向上させることができます。
  • ビッグデータの分析:Amazon EFSをビッグデータの分析用に利用することで、ビッグデータの分析を効率化することができます。

また、ファイルベースの共有ストレージニーズを持つアプリケーションやワークロードに対して高いパフォーマンスと信頼性を提供します。

適切なスループットモードを選択し、必要に応じてスケーリングできるため、多くの企業や開発者にとって重要なサービスとなっています。

error: Content is protected !!
\ 今なら限定割引!/
クーポンコード: philosophy2305
CloudTech 公式サイト
\ 今なら限定割引!/
クーポンコード: philosophy2305
CloudTech 公式サイト