Amazon EC2 Auto Scalingとは? 基本的な概要と使い方を解説

Amazon EC2 Auto Scalingとは? 基本的な概要と使い方を解説

記事内に広告を含みます

Amazon EC2 Auto Scaling とは、アプリケーションの負荷に応じてAmazon EC2 インスタンスを自動的にスケーリングするサービスです。

Amazon EC2 Auto Scalingは、アプリケーションの負荷が増加した場合に、インスタンスを追加して負荷を処理できるようにしたり、負荷が減少した場合に、インスタンスを削除してコストを削減したりすることができます。

Amazon EC2 Auto Scalingには、負荷増減に対応できるアプリケーション環境の構築、コストの最適化、可用性の向上といったメリットがあります。

この記事では、EC2 Auto Scalingにの概要、オートスケーリンググループの作成・設定、CloudWatchを活用した監視と管理について解説します。

Amazon EC2 Auto Scalingについて知りたい…

Amazon EC2 Auto Scalingの効果的な利用方法は?

現役エンジニアが監修

当サイトの記事は、現役エンジニアによる監修のもと運営されております。

文系の哲学部からエンジニアになられた方のアドバイスも掲載しているので参考にしてみてください。

情報参照サイト

Amazon EC2 Auto Scalingの概要

Amazon EC2 Auto Scalingの概要

Amazon EC2 Auto Scalingは、AWSが提供する自動スケーリング機能で、アプリケーションの負荷に応じて、インスタンスの数を自動的に増減させることができます。

EC2 Auto Scalingをうまく活用すると、アプリケーションの時間帯やイベントによる需要にうまく対応することが可能です。

  • Webアプリケーション:Webアプリケーションの負荷に応じて、インスタンスを自動的にスケーリングすることで、パフォーマンスを向上させることが可能。
  • データベース:データベースの負荷に応じて、インスタンスを自動的にスケーリングできる。
  • ビッグデータ:ビッグデータ処理の負荷に応じて、インスタンスを自動的にスケーリングすることで、処理を効率化できる。

仮に手動でインスタンス数を調整すると、需要に合わせてスケールさせるのが難しく、無駄なリソースを割り当ててしまいます。

Amazon EC2 Auto Scalingを利用することで、アプリケーションの管理が楽になります。

  • スケーラブル: アプリケーションの負荷に応じて、インスタンスを自動的にスケーリングします。
  • 可用性の向上: システム障害が発生した際に、迅速にリカバリーし、サービスの継続性を保ちます。
  • コスト削減: 不要なインスタンスを自動的に削減することで、コストを最適化

EC2 Auto Scalingを使用することで、アプリケーションのスケーラビリティと効率が向上し、コスト管理が容易になります。

また、アプリケーションの可用性とパフォーマンスを高いレベルで維持することが可能になります。

Amazon EC2 Auto Scalingのメリット

EC2 Auto Scalingのメリット

EC2 Auto Scalingのメリットについて解説します。

  • 自動スケーリング: EC2 Auto Scalingは、インスタンス数を自動的に調整するため、アプリケーションの需要に合わせてリソースを増減させることができます。トラフィックが増加した場合に新しいインスタンスを起動し、需要が低下した場合に不要なインスタンスを終了させることで、コストの最適化が可能です。
  • 高い可用性: Auto Scalingは複数のアベイラビリティーゾーンにリソースを分散配置し、アプリケーションの可用性を向上させます。一部のゾーンで障害が発生しても、他のゾーンでサービスを提供し続けることができます。
  • ヘルスチェック: Auto Scalingは、インスタンスのヘルスチェックを定期的に実行し、異常なインスタンスを自動的に交換します。結果として、アプリケーションの可用性が向上します。
  • カスタマイズ可能: Auto Scalingグループ内でスケーリングポリシーを設定できます。例えば、CPU利用率が一定の閾値を超えた場合にインスタンスを追加するように設定できます。
  • シンプルな管理: Auto Scalingはマネージドサービスであり、自動スケーリングを設定することで、運用と管理の負担を軽減します。

Amazon EC2 Auto Scalingのデメリット

EC2 Auto Scalingのデメリット

デメリットは次のようになります。

  • 設定の複雑性: 自動スケーリングポリシーを設定する際、適切な閾値や条件を選択する必要があります。誤った設定は、リソースの無駄な増減やインスタンスの過剰/不足が発生する可能性があります。
  • コストの見積もり難易度: 自動スケーリングを設定する際、正確なコスト見積もりを行うのが難しいことがあります。特に需要の急激な変動がある場合、コストの予測が難しいことがあります。
  • データの一時的な損失: Auto Scalingによってインスタンスが終了し、新しいインスタンスが起動される際にデータの一時的な損失が発生する可能性があります。この点を考慮してデータのバックアップと復元戦略を検討する必要があります。
  • 過度のスケーリング: 設定が不適切な場合、Auto Scalingによって過度にスケーリングされることがあり、コストが予想以上に増加する可能性があります。

Amazon EC2 Auto Scalingは、クラウドアプリケーションの設計と運用において重要なサービスですが、正確な設定と適切な監視が必要です。

適切に設定されたAuto Scalingポリシーは、アプリケーションの高可用性を確保し、コストを最適化するのに役立ちます。

Amazon EC2 Auto Scalingの設定と導入方法

EC2 Auto Scalingの詳細な設定と導入方法

Amazon EC2 Auto Scalingの導入方法としては、AWS Management Consoleから行えます。

  • 起動テンプレートの作成
  • ターゲットグループの作成
  • Auto Scalingのカスタマイズ

また、CloudWatchアラームを利用して、リソースの状態を常に確認し、適切なスケーリングを行うことが効果的です。

起動テンプレートの作成

起動テンプレートは、インスタンスを起動するときに使用する設定です。

具体的にはインスタンスタイプ、AMIなどの設定を指定します。

  • 起動テンプレート名
  • インスタンスタイプ: AMIを選びます。

ターゲットグループの作成

Auto Scalingグループの作成を行います。

Amazon EC2 Auto Scaling を使用して Auto Scalingグループを作成し、起動テンプレートまたは起動設定をグループに追加します。

スケーリングポリシーの指定と調整

スケーリングポリシーの指定と調整

グループの作成後、Auto Scalingグループにスケーリングポリシーが設定できます。

スケーリングポリシーは、インスタンスの増減ロジックを指定するもので、最大・最小インスタンス数やスケーリングイン・アウトのタイミングを設定可能。

具体的には、平均CPU使用率を監視し、しきい値を超えた場合にインスタンス数を増やすなどの設定が可能です。

スケーリングポリシーの調整は、アプリケーションの負荷やアクセス状況に応じて最適なものに変更していくことが望ましいとされています。

CloudWatchを活用した監視と管理

CloudWatchはAWSの監視サービスであり、Amazon EC2 Auto Scalingの効果的な運用に重要です。

CloudWatchアラームを利用すると、特定の閾値を超えた際に通知を受け取ることができます。

Amazon EC2 Auto Scalingの注意点と対処法

EC2 Auto Scalingの注意点と対処法

Amazon EC2 Auto Scalingを利用する際の注意点として、適切なスケーリングポリシー設定リソース管理が挙げられます。

  • コスト: Amazon EC2 Auto Scaling は、インスタンスを自動的にスケーリングするため、コストが増加する可能性があります。スケーリングポリシーを適切に設定して、コストの増加を抑制する必要があります。
  • パフォーマンス: インスタンスのスケーリングは、アプリケーションのパフォーマンスに影響を与える可能性があります。スケーリングポリシーを適切に設定して、アプリケーションのパフォーマンスを維持する必要があります。
  • 運用: Amazon EC2 Auto Scaling では、インスタンスのスケーリングが自動的に行われるため、運用の負荷が増加する可能性があります。スケーリングポリシーを適切に設定して、運用の負荷を抑制する必要があります。

また、急激なトラフィック変動への対応や、インスタンス消滅時のデータ消失にも注意が必要です。

上記の問題に対処するための方法として、定期的なモニタリングやデータバックアップが推奨されます。

スケーリングポリシーの設定

スケーリングポリシーは、インスタンス数を増減する条件を指定します。

スケーリングポリシーを適切に設定しないと、コストが増加したり、アプリケーションのパフォーマンスが低下したりする可能性があります。

インスタンスのサイズとタイプ

インスタンスのサイズとタイプは、アプリケーションの要件に合わせて選択する必要があります。

インスタンスのサイズとタイプが不適切であると、アプリケーションのパフォーマンスが低下したり、スケーリングポリシーが適切に機能しなかったりする可能性があるからです・

またインスタンスのサイズやタイプを選択する際には、ネットワークを考慮しましょう。

なぜなら、インスタンスの性能やコストに大きく影響するからです。

  • インスタンスのタイプやサイズに応じたネットワーク帯域幅
  • 負荷分散に適したインスタンスタイプ
  • ネットワークパフォーマンスを考慮したセキュリティ設定

選択したインスタンスで最適なネットワーク環境を構築し、コスト効率の良いサービスを提供しましょう。

コスト

Amazon EC2 Auto Scalingの利用料金

Amazon EC2 Auto Scalingの利用料金は無料となっています。

しかし、CloudWatchやEC2インスタンスなどを利用した際にはそれぞれのコストがかかります。

  • EC2インスタンスの使用量: 使用するEC2インスタンスのタイプと実際に稼働している時間に応じて課金されます。Auto Scalingを使用しても、インスタンスの単価は変わりませんが、必要に応じてインスタンスを自動的に追加・削除することで、コストを最適化できます。
  • データ転送料金: インターネットや他のAWSサービスへのデータ転送には追加料金がかかる場合があります。
  • 追加サービス: EC2 Auto Scalingと組み合わせて使用する他のAWSサービス(例:Elastic Load Balancing, Amazon RDS, Amazon S3など)によるコストも考慮する必要があります。
  • EBSボリューム: EC2インスタンスにアタッチされるEBSボリュームの使用量に応じた料金も発生します。

Auto Scalingを使用する際には、これらのコスト要素を理解し、コスト最適化のために適切なインスタンスタイプやスケーリングポリシーを選択することが重要です。

ヘルスチェック

ヘルスチェックは、インスタンスの正常性を確認するために使用します。

ヘルスチェックを有効にしないと、正常でないインスタンスがロードバランサーに追加され、アプリケーションのパフォーマンスが低下する可能性があります。

他のAWSサービスとの連携

他のAWSサービスとの連携

Amazon EC2 Auto Scaling は、他の AWS サービスと連携して、より高度な機能を実現することができます。

その理由は、リソース管理やコスト削減など様々なメリットがあるからです。

  • ELBやCloudFrontと連携し高い可用性を確保
  • LambdaやS3と組み合わせてイベント駆動処理を実現

上記の連携は、システム全体の効率を向上させ、運用と開発の容易さが向上します。

Auto ScalingとELBの連携利用

Elastic Load Balancing を使用して、トラフィックをインスタンスにルーティングできます。

  • 負荷の増減に対応したインスタンス数の自動調整
  • 障害発生時の自動インスタンス置換
  • 複数のアベイラビリティゾーン間でのインスタンス分散

上記の機能により、安定したサービス運用が可能になり、開発者の負担を軽減します。

Auto ScalingとRDSやCloudの組み合わせ

Auto ScalingとRDSやCloudの組み合わせは、データベースもスケーラビリティと耐久性が向上します。

  • 読み取りレプリカを自動的にスケールアウト
  • データベースの障害時に自動フェイルオーバー

データベースの性能を向上させつつ、リソースの効率管理とコスト削減が可能になります。

Amazon EC2 Auto Scalingの活用事例

EC2 Auto Scalingの活用事例

アプリケーションAuto Scalingの活用事例として、以下が挙げられます。

  • ECサイトでのアクセス数急増時の自動スケーリング
  • ウェブアプリケーションでの負荷分散
  • スケーリングポリシーを適用したリソースの最適化

これらの事例から、Auto Scalingが効率的なインフラ構築に大きく貢献することがわかります。

AWSをコスパよく学ぶならCloudTech

CloudTech

CloudTech(クラウドテック)は元GMOの主任エンジニアであるくろかわこうへいさんが提供するAWSの学習に特化したオンライン学習スクールです。

AWSのオンライン学習スクールの規模としては日本最大級で会員数は2024年2月時点で3,760名以上となっています。

CloudTechなら自分のライフスタイルに合わせて、どこよりもコスパよくAWSの学習が行えます。

  • 未経験からSAAに合格したい
  • 未経験からAWSエンジニアにキャリアアップしたい
  • AWSの資格を効率よく取得したい

AWSを学ぶ上で「実践的なスキルの身につけ方」や「学習方法」で悩んでいる方はCloudTechがおすすめです。

CloudTech
 (4.8)

コスパ良くAWSを学ぶなら、ココで決まり!

CloudTechは日本最大級のAWSに特化したオンライン学習スクールです。SAAやDVAをはじめとする全12資格に対応。280本以上もの動画から効率よくAWSが学べます。

今なら限定割引クーポンあり

コピーしました!

クーポンコード
philosophy2305
フリーコース会員無料
(問題5問)
資格会員4,980円
4,680円
(全ての試験問題のみ)
基本会員9,960円
8,660円
(全て利用可能/優良企業への転職サポートあり)
永久ラインセンス49,800円
45,800円
(買い切りプラン/優良企業への転職サポートあり)
対応資格AWS 全12資格
動画の数280本以上
ハンズオン学習あり
学習のしやすさ迷わず学習できるロードマップカリキュラムあり
会員制コミュニティ実績のあるAWSエンジニアが多数在籍
豊富な合格体験記で最新情報を入手
※表示価格はクーポン適用後の割引価格となります。

その他にも最短3ヶ月で未経験からAWSエンジニアになれる転職保証付きのCloudTech Academyがあります。

CloudTech Academyとは? 未経験から3ヶ月でAWSエンジニアになれる理由や評判、口コミを解説 【割引あり】CloudTech Academyとは? 未経験から3ヶ月でAWSエンジニアになれる理由や評判、口コミを解説

プロによる解説だから未経験者でも続けられる

AWS CLF

CloudTech(クラウドテック)を運営するくろかわこうへいさんは、Youtubeで4年以上もAWSに関する情報を発信しているため、解説がプロ級に分かりやすくなっています。

教材は動画ベースで作成されている上に一本あたりの動画は平均7分程度で構成されているため、通勤時に学習することも可能です。

cloudtech レビュー
cloudtech レビュー

半年間ほどCloudTechを利用して感じたのは、学習のしやすさです。

AWSのサービスごとに学習する内容が選べる上に、スマホ表示にも対応しています。

未経験者でも挫折することのないようイラストや図が豊富に使われているのもオススメできるポイントです。

コミュニティ限定の一次情報で効率よく資格取得できる

コミュニティ限定の一次情報で効率よく資格取得できる

CloudTechには、AWS認定資格合格体験記があります。

合格体験記には、CloudTechに所属するメンバーがAWS認定資格に合格した際の「スコア」「勉強時間」「使用した教材」「アドバイス」などが記載されています。

未経験者や経験者の情報も載っているため、自分に近い環境の人たちがどのように合格できたのか知ることができます。

基本会員以上であれば、ログイン後の「ご案内ページ」で合格体験記は閲覧可能です。

また、SlackにあるAWS認定資格のスレッドからはリアルタイムで合格者の一次情報が手に入ります。

AWSでは、上位資格になるほど出回っている情報が少ないため一次情報は貴重です。

CloudTechの一次情報を利用してライバルよりも効率よく学習し最短で資格に合格しましょう。

本番同様レベルの演習問題が多数収録

AWS 資格

CloudTechでは、本番レベルに近い演習問題が多数あります。

CLF300問ANS350問
SAA230問SCS350問
SOA180問DBS260問
DVA260問DAS140問
SAP300問MLS170問
DOP190問PAS60問
ポイント

CloudTechの演習問題は本番試験と同様の出題形式です。

演習問題のレベルも本試験と同様な上に解説も丁寧に作られています。

定期的に問題の内容も見直されているのでトップレベルの演習問題を求めるなら迷わずCloudTechを選びましょう。

また、本番と同じ制限時間で65問の問題を解く模擬試験も用意されています。

CloudTechのメリット・デメリット

CloudTech(クラウドテック) メリット デメリット

CloudTechのメリット

  • プロによる解説だから初心者でも安心して学べる
  • コミュニティ限定の一次情報で効率よく学習できる
  • 本番同等レベルの演習問題で力がつく
  • ハンズオン学習でAWSの確かな技術力が身につく
  • SAA取得後はAWSを使った優良企業への転職サポートが受けられる

未経験者であってもDVAの勉強はCloudTechで行えます。260問の演習問題を何回も繰り返して知識を身につけましょう。

将来的にAWS クラウドエンジニアへの転職を狙っている方は転職サポートの利用も検討してみてください。

また、くろかわこうへいさんによる無料のkindle書籍でAWSの基本的なサービスを復習しましょう。

CloudTechのデメリット

  • 自分で学習を進める必要がある

CloudTechは一般的な学習スクールと違って担当者がつくわけではありません。

ある程度の自走力が求められます。

仕事で疲れて勉強できない場合は、ソファで横になりながら動画だけでも再生しましょう。

決まった時間に勉強を開始する習慣を身に付けたい場合には、スマホのリマインダーを活用してみてください。

CloudTechの評判は良い・悪い? リアルな口コミと評判

CloudTech クラウドテック 口コミ 評判

Twitterには、CloudTechのおかげでAWS認定資格に合格できたとの報告が多数あります。

CloudTechの演習問題でDVAに無事合格!

DVA試験に合格しました!CloudTechの問題集のおかげで無事合格しました!

CloudTechのおかげで未経験からSAAに合格!

本日、三度目の正直でAWS SAA取得しました‼️ いや〜、心折れまくったけど、「やってりゃ受かる」を信じて挑み続けました 点数はギリなので、ちゃんと復習します!! 全ては、【Cloud Tech】教材のおかげです!! ありがとうございます 次なる目標に向けて走りだします

未経験からAWSエンジニアへ見事転職!

CloudTech 口コミと評判

CloudTechでAWSの学習を効率よく始める

CloudTech 申し込み手順 割引コード クーポン

CloudTechの登録方法を分かりやすく解説します。

CloudTechの公式サイトへ

まずはCloudTechへアクセスします。

CloudTech 登録方法

そのまま下部へ進むとプランが選べます。

注意

「無料 0円 で始める」から進むと、フリープランの体験ページへ移動してしまいます。

ページの真ん中あたりで料金プランが表示されています。

CloudTech 料金価格

お好みのプランを選んで「今すぐ購入する」を押します。

CloudTechでは、コストの観点から買い切りプランがお買い得なので一番人気となっています。

未経験からSAAに合格するのにおおよそ3ヶ月程度が目安となるので永久ライセンスが最もオススメです。

当サイトのクーポンコードを利用することで通常よりもお得な割引価格で購入できます。

  • 資格会員 4,680円 (300円OFF)
  • 基本会員 8,660円(1,300円OFF)
  • 永久ライセンス 45,800円 (4,000円OFF)

コピーしました!

クーポンコード
philosophy2305
アカウントと支払い情報を入力する
CloudTech 割引コード クーポンコード

選んだプランを確認してアカウント情報と支払い情報を入力します。

アカウント情報
  • ユーザー名
  • パスワード
  • メールアドレス
支払い情報
  • カード番号
  • 有効期限
  • CVC
  • 割引コード

割引コードに当サイトのクーポンコードを入力することで割引価格となります。

コピーしました!

クーポンコード
philosophy2305
CloudTech 割引コード クーポンコード

クーポン価格が適用されていることを確認したら、利用規約に同意して「購入する」を押します。

お支払い完了メールを受信

有料プランへの支払いが終わると、決済完了のメールが届きます。

CloudTech お支払い

メールに記載されているURLから学習を開始しましょう。

Amazon EC2 Auto Scalingのまとめ

Amazon EC2 AutoScalingのまとめ

Amazon Auto Scalingは、AWSのクラウドリソースを自動的に増減させるためのマネージドサービスであり、クラウドアプリケーションの高可用性とコスト効率を向上させるための重要なサービスです。

  • 自動スケーリング: AWS Auto Scalingは、事前に設定した条件に基づいて、インスタンス数を自動的に調整します。トラフィックの増減に応じてリソースをスケールさせ、需要に合わせたリソース提供が可能です。
  • 高可用性: Auto Scalingは複数のアベイラビリティーゾーンにリソースを分散配置し、アプリケーションの高可用性を確保します。障害が発生しても他のゾーンでサービスを提供し続けることができます。
  • ヘルスチェック: インスタンスのヘルスチェックを定期的に実行し、異常なインスタンスを自動的に交換します。アプリケーションの可用性を向上させます。
  • カスタマイズ可能: Auto Scalingグループ内でスケーリングポリシーを設定できます。CPU利用率やネットワークトラフィックなど、さまざまな条件でスケールアウトやスケールインをトリガーできます。
  • シンプルな管理: Auto ScalingはAWSのマネージドサービスであり、運用と管理の負担を軽減します。自動スケーリングポリシーを設定するだけで、リソースの最適な利用が実現します。

Amazon Auto Scalingには、上記の特徴を活かしたメリットが多数あります。

  • コスト効率: Auto Scalingにより、必要なリソースを適切なタイミングで提供できるため、コストを最小限に抑えることができます。オンデマンドリソースの無駄な割り当てを防ぎます。
  • 高可用性: 複数のアベイラビリティーゾーンにリソースを配置することで、アプリケーションの可用性が向上し、障害に対する耐性が高まります。
  • シンプルな運用: Auto Scalingによってリソースのスケーリングが自動化されるため、運用作業が簡素化され、開発者の時間を節約できます。
  • トラフィック変動への対応: トラフィックの変動に柔軟に対応でき、需要の増減に適切に対応します。
  • 高可用性の確保: アプリケーションの可用性を向上させ、ユーザーエクスペリエンスを向上させます。

AWS Auto Scalingは、クラウドアプリケーションのスケーリングと運用を大幅に改善し、リソースの最適な利用と高可用性を実現するための重要なサービスです。

需要が変動する場合や、急激なトラフィックの増加に対処する場合に特に有用です。

error: Content is protected !!
\ 今なら限定割引!/
クーポンコード: philosophy2305
CloudTech 公式サイト
\ 今なら限定割引!/
クーポンコード: philosophy2305
CloudTech 公式サイト