AWSエンジニアになるには? 未経験から最短でなれる方法や年収、仕事内容を解説

AWSエンジニアになるには?未経験から最短でなれる方法や年収、仕事内容を解説

記事内に広告を含みます

クラウドコンピューティングの世界で活躍するAWSエンジニアは、企業のデジタル変革を支える重要な役割を担っています。

AWSエンジニアの平均年収は約750万円と高くなっています。

未経験からAWSエンジニアになるためには、幅広い知識と実践的なスキルが必要です。AWSを学んで積極的に資格取得をするのはもちろんのこと、ハンズオン学習も求められます。

結論から言うと、SAA(AWS Certified Solutions Architect Associate)の資格と最低限の実践的なスキルがあればAWSエンジニアになれます。

SAAの資格はIT未経験者で3か月程度の学習で取得可能で、実践的なスキルはオンラインコミュニティUdemyで得られます。

エンジニアとしてのキャリアのない方は、AWSエンジニアへの転職支援サービスを利用することでキャリアチェンジが実現可能です。

IT未経験からAWSエンジニアになりたい…

30代エンジニア未経験でもAWSエンジニアになれるかな?

この記事では、IT未経験の方がAWSエンジニアになれる方法を紹介します。

AWSエンジニアのなり方から求められる資格・スキル、年収や仕事内容まで詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

哲学エンジニア
哲学エンジニア

AWSエンジニアは、需要も増えており、年収が高い傾向にあります。未経験者であっても十分にチャンスのある数少ない市場です。

現役エンジニアが監修

当サイトの記事は、現役エンジニアによる監修のもと運営されております。

情報参照サイト

目次

AWSとは? 初心者にもわかりやすく解説

AWSとは? 初心者にもわかりやすく解説

AWSとは、Amazon Web Servicesの略で、GAFAの一角であるAmazonが提供している247以上のクラウドコンピューティングサービスを指します。

Synergy Research Group(シナジーリサーチグループ社)によると、AWSはクラウドのインフラ市場でシェアNo.1を維持しています。

クラウド市場 シェア
  • 1位:Amazon
  • 2位:マイクロソフト
  • 3位:Google
  • 4位:アリババグループ
  • 5位:IBM

また、総務省の「令和4年版 情報通信白書」でもクラウドサービスの需要が高まっていることが示唆されています。

世界のパブリッククラウドサービス市場規模(売上高)の推移及び予測

新型コロナウイルス感染症の感染拡大を契機としたオフィスの移転・縮小に伴うクラウドへの移行やDX(デジタル・トランスフォーメーション)、データ駆動型ビジネスを進めるためにクラウドを活用したICT基盤の強化が進むことなどによって今後も拡大が予想される。

総務省 令和4年版 情報通信白書

哲学エンジニア
哲学エンジニア

AWSは2位のAzureに差をつけて市場シェアを獲得しています。今後も1位であり続ける保証はありませんがクラウドに一定の需要があり続けるのは間違いありません。

AWSでできること

AWSでできること

AWSでは、目的に合わせた247以上のサービスを組み合わせることで多くのことが実現できます。

  • サーバーの構築
  • Webサイトの運用
  • データの保管
  • データベースの活用
  • 機械学習サービス
  • IoTサービス

以下にサービスの概要を簡単に説明するので、イメージを掴んでみてください。

サーバーの構築

実践的なハンズオンを行う

AWS上でサーバーを構築する際にはEC2が使われます。

EC2は、必要に応じてサーバーのインスタンス数やタイプを簡単にスケールアップまたはスケールダウンできる便利なサービスです。

アプリケーションの需要が急増した場合でも、迅速に対応できるため、適切なリソースを確保するのに最適となっています。

Webサイトの運用

最低限のインフラを体系的に学ぶ

EC2以外にもLightsailを活用することでWordpressなどのWebサイトを運用することができます。

Lightsailは、小規模なプロジェクトに適しており、スケーラビリティの要件が高くない場合に最適です。

EC2は高度なカスタマイズとスケーラビリティが重要な場合に適している一方で、Lightsailは簡易なセットアップと予測可能なコストが重要な場合に適しています。

データの保管

海外で活躍できる

Amazon S3などのストレージサービスを利用することで、用途に合わせてデータを保管することができます。

Amazon S3は、オブジェクトストレージサービスであり、データの蓄積、保管、バックアップ、コンテンツ配信などの用途で利用されます。

S3は自動的に複数のデータセンターにデータを隔離保管し、耐久性を確保します。

データベースの活用

好奇心が強い

AWSでは、データベースを活用することで、データベースの構築、運用、およびスケーリングを容易に行うことができます。

Amazon RDSは、マネージドリレーショナルデータベースサービスであり、多くの一般的なデータベースエンジン(MySQL、Oracle、PostgreSQLなど)をサポートしています。

RDSを利用すると、データベースのセットアップ、パッチ適用、バックアップ、高可用性の設定などの煩雑な管理作業をAWSが自動的に処理してくれます。

機械学習サービス

変化に対応できる

AWSでは、機械学習に関連するさまざまなサービスを提供しています。

まず、Amazon SageMakerは、機械学習のフルマネージドサービスであり、モデルのトレーニング、ハイパーパラメータの最適化、モデルのデプロイまでを一元管理できます。

SageMakerでは、一般的な機械学習フレームワーク(TensorFlowやPyTorchなど)をサポートしており、モデルの開発プロセスを迅速かつ効率的に進めることができます。

また、Amazon Rekognitionは、画像や動画に対して高度な画像認識機能を提供するサービスです。

顔認識、オブジェクト検出、シーン分析などの機能を利用することで、自動的なメディアの分類やタグ付け、不審な活動の検知などが可能となります。

IoTサービス

オンラインコミュニティで一次情報を手に入れる

AWSでは、IoT(Internet of Things)サービスに関連する幅広い機能を提供しています。

AWS IoT Coreは、センサーやデバイスからのデータを収集し、処理・管理するためのマネージドサービスです。リアルタイムなデータの受信、デバイスの監視・制御、セキュアな通信などを提供します。

AWSエンジニアの平均年収はいくらなのかしら?

AWSエンジニアの年収は? 平均年収は750万円

AWSエンジニアの年収

AWSエンジニアは需要が高いことからも年収が高くなっています。

転職サイトのindeed(インディード)によると、AWSエンジニアの平均年収は約750万円です。

また、大手転職情報サイトDODA(デューダ)によって発表された「ITエンジニアの職種別平均年収」と比較してもAWSエンジニアは高い年収となっています。

職種平均年収(全体)20代30代40代50代以上
プロジェクトマネジャー686万円497万円683万円804万円852万円
プリセールス594万円434万円576万円885万円
ITコンサルタント590万円448万円655万円871万円884万円
IT戦略/システム企画587万円412万円532万円687万円828万円
研究開発549万円407万円628万円772万円809万円
データサイエンティスト513万円445万円587万円718万円
システム開発/運用463万円369万円503万円581万円630万円
セキュリティエンジニア
(脆弱性診断/ネットワークセキュリティ)
457万円367万円519万円
サーバーエンジニア453万円383万円516万円604万円732万円
パッケージ導入/システム導入441万円386万円505万円635万円
ネットワークエンジニア436万円363万円504万円655万円716万円
制御系ソフトウェア開発428万円355万円501万円647万円654万円
スマホアプリ/ネイティブアプリ系エンジニア426万円364万円503万円
Webサービスエンジニア417万円365万円482万円602万円630万円
SE/プログラマ413万円364万円481万円563万円572万円
データベースエンジニア403万円359万円467万円
テクニカルサポート397万円346万円413万円494万円541万円
デバッグ/テスター376万円324万円391万円497万円679万円
運用/監視/保守364万円328万円415万円504万円533万円
ヘルプデスク342万円302万円358万円443万円464万円
転職ならdoda(デューダ)

エンジニアなら副業で週1〜3日、土日だけといった働き方もできるのでおすすめです。

参考: DAINOTEエンジニア副業におすすめのサイト6選!週1-3・土日OKの案件の探し方や稼ぐコツを解説

哲学エンジニア
哲学エンジニア

AWSエンジニアは正社員だけでなく、フリーランスとして働ける選択肢もあります。スキルが身につけば身につくほど単価の高い案件へアサインされるのも魅力のひとつです。

AWSエンジニアの仕事内容

AWSエンジニアの仕事内容

AWSエンジニアは、AWSを活用してクラウドのインフラストラクチャやアプリケーションを設計・構築・管理するのが主な仕事です。

  • クラウドアーキテクチャの設計
  • インフラストラクチャの構築
  • 自動化とオーケストレーション
  • セキュリティの実装
  • パフォーマンスの最適化
  • モニタリングとトラブルシューティング

これらはAWSエンジニアが日常的に担当する重要な業務となっています。

以下にAWSエンジニアの主な仕事内容を分かりやすくまとめます。

クラウドアーキテクチャの設計

AWSエンジニア 運用・保守の負担

AWSの機能やサービスを活用して、安定性、拡張性、セキュリティなどの要件を満たすクラウドアーキテクチャを設計します。

クラウドアーキテクチャの設計を行うことで、アプリケーションやシステムの運用効率を向上させます。

インフラストラクチャの構築

自主的に学習できる

AWSのサービスを使用して、仮想マシン、ネットワーク、ストレージ、データベースなどのインフラストラクチャを構築します。

インフラストラクチャの構築を行うことで、スケーラブルで可用性の高い環境を提供します。

自動化とオーケストレーション

在宅ワークしやすい

AWSのサービスやツールを活用して、インフラストラクチャやアプリケーションの自動化を実現します。

自動化とオーケストレーションを行うことで、リソースの効率的な管理やプロビジョニング、デプロイメントの自動化が可能になります。

セキュリティの実装

将来性がある

AWSのセキュリティサービスやベストプラクティスを使用して、セキュアなクラウド環境を構築します。

データ保護、アクセス制御、脆弱性管理などのセキュリティ要件を満たすために、適切なセキュリティソリューションを実装します。

パフォーマンスの最適化

常に最新のスキル習得が求められる

AWSのツールやサービスを使用して、アプリケーションやシステムのパフォーマンスを最適化します。

スケーリング、負荷分散、ネットワーク最適化などの手法を活用し、高速かつ応答性の高い環境を実現します。

モニタリングとトラブルシューティング

問題解決の能力がある

AWSのモニタリングツールやログ分析ツールを使用して、システムの監視やパフォーマンスのトラブルシューティングを行います。

モニタリングとトラブルシューティングを行うことで、障害や問題の早期発見・解決に努め、運用状況を常に把握します。

未経験からAWSエンジニアを目指す上で必要なことは?

未経験からAWSエンジニアになるのに必要な資格とスキル

資格取得を行う

未経験からAWSエンジニアになる上で重要なのが「資格」「スキル」です。

AWS認定資格を取る

よく未経験者はAWS認定資格を取得しても、実務経験がないから転職では役に立たないと言われますが、間違いです。

確かに資格そのものは実務経験を裏付けるわけではありませんが、「資格で求められるレベルを理解している」ことを客観的に証明することができます。

また、継続的に学習できることも証明できます。

一般的に未経験者がAWSエンジニアとして転職する際に求められる資格はSAA(ソリューションアーキテクト)です。

SAAはAWSのコストとパフォーマンスに優れたソリューションのの設計ができることを証明する資格です。

実践的なスキルを手に入れる

仕事量が多い

未経験者の場合は、資格取得に集中するあまり、ハンズオン学習などの経験がうまくできない傾向にあります。

また、資格を取得したものの実務経験が積めないのも大きな悩みです。

フリーランスとしてAWSの案件を受けようとしても実績がないので簡単ではありません。

実際に未経験からAWSエンジニアに転職する上では、最低限以下のようなスキルが求められます。

  • 最低限のインフラの知識・スキル
  • 基本的なAWSサービスが使えるスキル
  • アカウントやセキュリティの知識・スキル

これらは独学だけで身につけるのは難しいのが現状です。

Udemyなどのオンライン教材を使って実践的なスキルを身につけておきましょう。

最近では、無料のKindle書籍もあります。

AWSエンジニアに転職するのにおすすめのサービス

オンラインコミュニティを活用する

未経験からAWSエンジニアになるためには、資格取得実践的なスキルを身につけることに集中しましょう。

SAAの取得を目標に勉強をしながら、ハンズオン学習を進めるといった感じです。

資格取得は頑張ればクリアできますが、実践的なスキルを手に入れるのは簡単なことではありません。

一人でハンズオン学習をしていると、どうしても分からないことに遭遇します。

結論から言うと、未経験者は転職支援サービスのあるCloudTech Academy(クラウドテック アカデミー)を活用しましょう。

CloudTech Academyであれば、知識ゼロから無理なくAWSエンジニアを目指せます。

学習は完全オンラインかつ個別指導になっており、希望者は優良企業への転職サポートが受けられます。

キャリアサポートについて
  • 転職サポートは希望者のみ実施
  • 学習のみの利用でもOK
  • 履歴書・職務経歴書の添削あり

CloudTech Academy (クラウドテック アカデミー)の特徴

cloudtech-academy-割引コード
料金34万9,800円
28万円*
※今ならCloudTechのゴールドプラン(49,800円)が特典付与
※今後値上げの可能性あり
転職先企業厳選された2,000社以上の優良企業
転職サポートあり
学習スタイル完全オンライン
レッスン形式個別指導だから学習やキャリアの悩みが相談できる
質問対応気軽に学習で困ったことが質問できる
講師のレベル実績のある現役エンジニアが担当
転職後のサポート卒業後もCloudTechのゴールドプランが利用できる
(AWSの資格対策やキャリア相談が可能)
返金保証あり
※一定の条件があります
公式サイトhttps://kws-cloud-tech.com/cloudtech-academy-2
*当サイトの割引コードで申し込む場合のみ

今なら6万8,000円OFF

CloudTech Academy(クラウドテック アカデミー)とは、AWSエンジニアの学習に特化したエンジニアスクールです。

知識ゼロから無駄のないカリキュラムでAWSが学べます。

ポイント

一般的なエンジニアのスクールでは受講料が50万円〜80万円することも少なくありません。

必ずしも高額な料金=良質なサービスとなっているわけではなく、中には初学者が挫折することを前提とした悪質な企業もあります。

その点、CloudTech Academyでは、受講者目線で運営されており、価格を限界まで抑えています。

この価格帯では考えられない転職サポート返金保証まで用意されているので、安心してカリキュラムに集中することが可能です。

CloudTech Academyの特徴を知りたい…

プロによる運営だから未経験者でも安心!

AWS CLF

CloudTech Academyは、5年以上にわたってYoutubeでエンジニアに関する情報を発信しているくろかわこうへいさんによってサービスが開始されました。

くろかわこうへいさんは、AWSエンジニアとして実績はもちろんのこと、日本最大級のAWS学習プラットフォームであるCloudTechを運営しています。

日本でAWS認定資格を取得しようと思った方であれば、ほとんどの方が知っているほど認知度のある方です。

1万5,000人以上が利用したCloudTech(クラウドテック)の教材をベースにしている!

AWS 過去問 cloudtech 演習問題

エンジニアスクールでよく比較されるのは料金ですが、一番重要なのは学習教材です。

学習教材が優れていなければ、十分に理解することはできませんし、途中で挫折するリスクもあります。

高額なITスクールは受講料こそ数十万円しますが、教材の質が価格に見合っていない場合がほとんどです。

よくある高額ITスクールの闇
  • 市販の書籍よりもわかりにくい
  • 課題が鬼のように難しい
  • 質問して理解できなければ自己責任扱いされる
  • 挫折を前提としたカリキュラムとなっている
  • 高圧的な態度で接してくる

悪徳なスクールは表向きは質疑応答をきっちり行ってくれますが、サポートする人数を減らすために意図的に課題を難しく設定している場合があります。

哲学エンジニア
哲学エンジニア

X(Twitter)で受講した声が多いにも関わらず、卒業生の声が少ないスクールには注意が必要です。長年運営されている良質なスクールであれば受講者の成果報告が多くなっているはずです。

CloudTech Academyでは、1万5,000人以上のユーザーが利用してきたCloudTechの教材が使われています。

また全ての教材は動画で学習できるようになっているため、場所を選ぶ必要がありません。

補足

CloudTechで永久ライセンス(ゴールドプラン)を購入済みの方は会員メニューからCloudTech Academyに25万2,000円 (4万5,800円OFF)で申し込めます。

CloudTech Academyに入るか迷っている方は永久ライセンスを購入後に考えてみるのもアリです。

【割引コード/クーポンあり】AWS CloudTechとは? 口コミや評判、レビューを紹介 【割引コード/クーポンあり】AWS CloudTechとは? 口コミや評判、レビューを現役エンジニアが解説

専属の現役エンジニアによるサポートが受けられる!

CloudTech Academyのサポート内容

CloudTech Academyでは、現役のエンジニアが講師となっています。

  • カリキュラムについていける自信がない…
  • ハンズオン学習で挫折したくない…
  • 勉強方法や今後のキャリアで悩んでいる…

現役のエンジニアであれば、未経験者がつまずきやすいポイントや現場に求められるスキルも理解しているので安心です。

特にAWSをハンズオンで学ぶ際には技術的なトラブルに遭遇することがよくあるので頼りになります。

  • 現役のエンジニアからAWSを学べる
  • 技術的なトラブルについて相談できる
  • オンプレミスやバックエンドの知識も得られる

CloudTech Academyのメリットは?

CloudTech Academyのメリット

CloudTech Academyのメリット

AWSエンジニアになりたい未経験者がCloudTech Academyを選ぶ際のメリットを5つ紹介します。

  • AWSエンジニアを目指せる合理的なカリキュラム
  • 未経験者が効率よく学べるAWSエンジニアロードマップ
  • 現場で求められるスキルがハンズオンで身に付く
  • 現役エンジニアによる徹底サポートで挫折を防ぐ
  • 希望者は転職サポートが受けられる

AWSエンジニアを目指せる合理的なカリキュラム

クラウドテックアカデミー 学習スケジュール

CloudTech Academy(クラウドテック アカデミー)では、AWSが体系的に学べるように構成されています。

学習スケジュール内容
初日オリエンテーションカリキュラムについて
1~10週目AWSの基礎知識を習得インプットとアウトプットによるAWSの基本的な内容の習得
11~12週目SAA資格演習問題AWS SAAの取得に向けた演習
13~24週目ハンズオンカリキュラム実務で頻繁に使われる3層Webアーキテクチャなどをハンズオン形式で学ぶ

おおよそ2ヶ月でAWSの基本的な概要を学び、2週間程度でSAAを取得するようなスケジュールです。

これだけの期間でSAAに合格できるのか、と疑問に感じる方もいらっしゃるかと思いますが、SAAは未経験者であっても独学で3ヶ月程度の期間があれば合格できる難易度となっています。

スケジュールは一例となっているので、個人の事情に合わせて調整することが可能です。

SAAを取得後は、現場でよく用いられる3層Webアーキテクチャモダンなマイクロサービスアーキテクチャを学びます。

ポイント

CloudTech Academyでは、初学者が体系的にAWSを学べる学習ロードマップが用意されています。

未経験者が効率よく学べるAWSエンジニアロードマップ

AWSエンジニアロードマップ2023

AWSには、200を超えるサービスが提供されており、全てを学ぼうとすると膨大な時間がかかってしまいます。

未経験からAWSエンジニアになる上では、実務で求められる最低限のスキルを身につけることが重要です。

CloudTech Academyでは、くろかわこうへいさんが作成した初学者が最短で効率よくAWSを学ぶためのロードマップが使われています。

  • オンプレミスとは
  • AWSとは
  • グローバルアーキテクチャ
  • 責任共有レベル
  • AWS操作の仕組み(API)

AWSエンジニアロードマップでは、AWSの基礎知識から学び始め、徐々にVPCやELBといった個別のサービスに入ります。

実際にCloudTech Academyで学ぶカリキュラムもAWSエンジニアロードマップに沿った流れとなっているため自分が今どこで何を学んでいるのか確認するのにも最適です。

また、CloudTech Academyで使われている教材は動画を中心とした学習となっているため座学が苦手な方にも安心です。

CloudTech Academy レビュー

移動中や会社のお昼休みといった隙間時間に勉強することができます。

哲学エンジニア
哲学エンジニア

たったの5分、10分の積み重ねが1ヶ月後には大きな結果につながります。学んだ内容は理解できるまで繰り返し復習しましょう。

現場で求められるスキルがハンズオンで身に付く

多くの未経験者はエンジニアになる上で自分のスキルが転職先で通用するか不安になります。

  • 資格を取ったけど実務に自信がない…
  • 実践的なスキルの学び方が分からない…
  • ハンズオン中にエラーで進めなくなった…

特にAWSは日本語のドキュメントが英語から直訳されたような文章が多く、理解するのが大変です。

書籍で学ぼうと思っても現在の状況と一致していないこともあります。

その点、CloudTech Academyでは、現場で求められる実践的なスキルを習得することを目的としています。

教材も最新の状態にアップデートされているため、無駄な時間に悩む必要がありません。

また、ハンズオンで分からない場合には、現役のAWSエンジニアに質問することが可能です。

現役エンジニアによる徹底サポートで挫折を防ぐ

プログラミングをはじめとするITスクールでは、講師の質・サービスに差があります。

よくある高額ITスクールの闇
  • 毎回違う人が回答するので一貫性がない
  • 講師がスクールを卒業したばかりで経験不足
  • 相性が合わない

特に高圧的な態度を取ったり、無理なレベルを要求するような方に当たってしまった場合は最悪です。

ほとんどのスクールの場合、講師と合わなかった場合、担当を変えてもらうことができません。

CloudTech Academyでは、受講者が安心してAWSエンジニアを目指せる環境が用意されています。

  • 専任の現役エンジニアが徹底サポート
  • 質問回数は無制限
  • 相性が悪ければ担当が変えられる
ポイント

せっかく大きなお金を払って人生を変えたいと思うのであれば、リスクを下げたいと思うのは当然です。

ユーザーファーストでサービスを運営しているからこそ柔軟な対応ができます。

希望者は転職サポートが受けられる

Cloudtech academy転職サポート

ITスクールで最も闇が深いのが転職活動です。

転職活動で失敗してしまうと、挽回するのが難しくなります。

よくある高額ITスクールの闇
  • エンジニアとは関係のない仕事だった
  • 保守・運用をずっとやらされる
  • 給料が極端に安い
  • 残業代が払われない
  • 勝手に転職活動をすると違約金を請求された

特に経験不問、未経験でも月収⚪︎⚪︎万円以上だけを謳った企業は危険です。

CloudTech Academyの転職サポートで紹介される企業は、くろかわこうへいさんが承認した優良企業のみとなっています。

  • 書類選考率UPのための履歴書・職務経歴書の添削
  • 本番で自信が持てる面接対策
  • 専属の転職エージェントがサポート

履歴書・職務経歴書の作成補助は1回、面接対策は2回まで受けられます。

CloudTech Academyにデメリットはないのかしら?

CloudTech Academyのデメリット

CloudTech Academyのデメリット

CloudTech Academyのデメリットを紹介します。

  • ある程度の主体性が求められる

ある程度の主体性が求められる

自主的に学習できる

CloudTech Academyに限らずエンジニアを目指す上では自主的な姿勢が求められます。

ポイント

分からないことが見つかった場合は、一度は自分で調べることが大切です。

1から10まで全て教えてもらうといった受動的な考えでは、転職後に苦労します。

分かるところまで調べてから専属の現役エンジニアに質問するのがベストです。

日々、専任のエンジニアとコミュニケーションを取ってモチベーションの維持を行いましょう。

CloudTech Academyの評判・口コミ

CloudTech Academyの評判・口コミ

CloudTech Academyのリアルな評判・口コミをXを中心に紹介します。

未経験からAWSエンジニアを目指している方は参考にしてみてください。

CloudTech Academyの転職サポートで内定を獲得!

少し前のことですが、転職活動が無事終了して、春からエンジニアとして働くことが決まりました🌸

#CloudTechAcademy で学習と転職サポートをしてもらい、心強いメンターお2人のお陰で、無事春から新しいスタートがきれます

CloudTech AcademyのおかげでAWSエンジニア案件に!

10月から現場を変更したことで、オンプレ•クラウド設計•構築案件にアサインされました。今週1週間、現場の人と交流してみて、成長が実感できる環境だなと思いました。
#クラテク でSAA資格取得したおかげです。
#cloudTechAcademy で学習したAWSの知見を実務に反映していく

未経験からAWSエンジニアへ見事転職!

CloudTech 口コミと評判

少しでもお得にCloudTech Academyに入る方法はないかな?

CloudTech Academyに割引コードを使って申し込む方法

CloudTech Academy 申し込み方法 クーポン

CloudTech Academyにクーポンを利用して入会する方法を解説します。

くろかわこうへいさんよりご用意いただいた割引クーポンコードを利用することで6万8,000円OFFの入会となります。

CloudTech Academyの申し込みフォームにアクセス

CloudTech Academyにアクセスしたら、「割引コードを入力するにはここをクリックしてください」を選択します。

CloudTech Academy 割引コード クーポン
クーポンコードを利用して割引を確認
CloudTech Academy 申し込み方法

下記からクーポンコードをコピーして適用させます。

コードをコピーする→コピーしました!

割引コード
philosophy2305

クーポンコードが適用されると、割引後の金額が反映されます。

CloudTech Academy 登録方法
アカウントを作成して決済を行う
CloudTech Academy 支払い方法 クレジットカード

ログインに必要なアカウントを新規に作成し、クレジットカードで決済を行いましょう。

お支払いが完了すると、CloudTech Academyより決済完了のお知らせが届きます。

CloudTech Academyに関する質問

CloudTech Academyに関する質問

CloudTech Academy(クラウドテック アカデミー)についての質問をまとめます。

CloudTech Academyを利用する上で年齢制限はありますか?
CloudTech Academyの利用に年齢制限はありません。学習のみの利用も可能です。
お支払い方法は? 分割払いできますか?
お支払い方法はクレジットカードによる決済と銀行振込に対応しています。また、分割手数料が10%かかりますが、電子誓約書を記載いただくことで分割払いにも対応しています。
CloudTech Academyに入る上で必要なものは?
インターネット環境とPC、AWSアカウント(作成方法は入会後に解説)が必要です。※AWSアカウント開設時にはクレジットカードが必要です。
転職サポートで紹介される企業にはどのような特徴がありますか?
キャリアプランに沿った優良企業が経験やスキルに合わせて紹介されます。一例として、AWSプレミアコンサルティングパートナー企業、充実の実務研修を受けられる企業、経験者採用中心のSES企業、ITベンチャー企業などがあります。
error: Content is protected !!